2020年9月19日(土)に放送された『週末ジャーニー 推しタビ』。尼神インターの誠子さんと渚さんが、“三重・志摩市”ならではのお取り寄せして楽しめる地元名物を紹介してくれましたよ。

生で食べられる! 新ブランドの養殖牡蠣

プリプリ食感がたまらない!お取り寄せでも生で食べられる牡蠣!

伊勢志摩で3年ほど前から養殖が始まった新ブランドの『伊勢志摩プレミアムオイスター』。
一般的な牡蠣は産卵に向けて栄養を蓄える冬が旬といわれ、春ごろに産卵を終えると味が落ちてしまいます。
しかし『伊勢志摩プレミアムオイスター』は、卵を持たない特別な牡蠣を養殖することで、季節に左右されず一年中おいしい牡蠣を作ることができるのだそう。
さらに一般的な養殖牡蠣はイカダから吊り下げたロープに付着させ、出荷されるまでずっと海の中で過ごすのに対し、『伊勢志摩プレミアムオイスター』は潮の満ち引きを利用して、あえて空腹の状態を作ることでエサを一気に食べるため、粒は小さいですが身入りの良いプリプリの牡蠣になるのだとか。

プリプリ食感がたまらない!お取り寄せでも生で食べられる牡蠣!

そんな『伊勢志摩プレミアムオイスター 』(12個入り 2,800円 送料別)はお取り寄せができ、殻を外すためのナイフ・軍手もセットに含まれています。
注文があってから牡蠣の水揚げ・浄化を行って発送するため、お取り寄せでも生でいただけるという、他ではなかなかないスタイルが実現。
上の貝殻と身を固定している貝柱を切り離し、ナイフを使ってテコの原理で殻を開いていただきます。

プリプリ食感がたまらない!お取り寄せでも生で食べられる牡蠣!

甘味が強く、プリプリな歯ごたえと濃厚な味わいで絶品ですよ。

プリプリ食感がたまらない!お取り寄せでも生で食べられる牡蠣!

さらにこちらでは、『伊勢志摩プレミアムオイスター』に一番合う味を求め、オリジナルワイン『高嶺(たかね)2017』(3,800円 送料別)も開発。
濃厚な甘みを持つ『伊勢志摩プレミアムオイスター』の味わいを、より引き立てるようブレンドされた白ワイン。さっぱりしており、飲みやすいのが特徴です。
みなさんもご自宅で、生牡蠣と白ワインを一緒に堪能してみてはいかがですか?

<店舗情報>
オイスターファームラフト
住所:三重県志摩市磯部町的矢778
電話:0599-57-2485
『伊勢志摩プレミアムオイスター』のホームページからお取り寄せ可能

※ 記事の情報は放送日時点のものです。最新の情報は店舗へご確認ください。
※ 新型コロナウィルスによる臨時休業や、営業時間短縮の可能性があります。詳細は店舗へ確認ください。

あわせて読む

pageup