2021年1月9日(土)にCBCテレビで放送された『花咲かタイムズ』(毎週土曜あさ9時25分から)。
週末の旅に使える情報満載の人気コーナー『週末ジャーニー 推しタビ』では、丑年を祝して“愛知県・名古屋&周辺”の牛にまつわる“牛スポット”を紹介しました。

牛をなでてご利益をいただく! 学問の神様を祀る『上野天満宮』

名古屋三大天神のひとつに数えられている『上野天満宮』。名古屋市千種区にあり、1000年以上の歴史を誇ります。
学問の神様として知られる「菅原道真(すがわらのみちざね)」が祀られているため、受験シーズンには多くの人が合格祈願で参拝に訪れます。

牛をなでてご利益をいただく! 学問の神様を祀る『上野天満宮』

境内には、道真公とゆかりの深い動物として知られる“牛”の銅像「なで牛」が。
頭をなでると賢く、膝や腰など体の悪いところをなでるとなでたところが良くなると言われています。
また、こちらのおみくじは一風変わった形のものが。

牛をなでてご利益をいただく! 学問の神様を祀る『上野天満宮』

それが、道真公をモチーフにした『天神みくじ』(1体 300円)。底の蓋を開けるとおみくじが出てきます。

牛をなでてご利益をいただく! 学問の神様を祀る『上野天満宮』

一般的におみくじを引いたあと結んで帰るのと同じように、境内のいたるところに道真公のおみくじが置かれるようになったそうで、

牛をなでてご利益をいただく! 学問の神様を祀る『上野天満宮』

なで牛の足元にも、たくさんのおみくじが並べられています。
みなさんも試験前などに参拝し、なで牛をなでたり、おみくじを引いたりしてご利益にあやかってみてはいかがでしょうか?

<店舗情報>
上野天満宮
住所:名古屋市千種区赤坂町4-89
電話:052-711-6610

※ 記事の情報は放送日時点のものです。最新の情報は店舗へご確認ください。
※ 新型コロナウィルスによる臨時休業や、営業時間短縮の可能性があります。詳細は店舗へ確認ください。

あわせて読む

pageup