2020年10月10日(土)に放送された『週末ジャーニー 推しタビ』。ハリセンボン箕輪はるかさんとゆりやんレトリィバァさんが、“岐阜・川辺町”ならではのスポットを紹介してくれました。

89歳のご長寿が長年集めた珍しい“そろばんコレクション”がみられる『そろばん博物館』

こちらは、町の名物になっている『そろばん博物館』(入場料無料)。※完全予約制
出迎えてくれたのは、御年89歳のそろばん先生。

89歳のご長寿が長年集めた珍しい“そろばんコレクション”がみられる『そろばん博物館』

靴べらや狸の置物などにもそろばんが施されているほどそろばん好きの先生が、そろばんの歴史を知りたいと35歳の頃から集め出し、8年前に博物館として無料開放したのだそう。

89歳のご長寿が長年集めた珍しい“そろばんコレクション”がみられる『そろばん博物館』

館内には、そろばんが描かれたお米の袋やそろばんで作られたのれんなど、そろばんグッズが所狭しと並んでいます。

89歳のご長寿が長年集めた珍しい“そろばんコレクション”がみられる『そろばん博物館』

他にも、変わり種のそろばん型電卓や、軽自動車ぐらいの価値がある象牙のそろばんなど、先生のそろばんに対する愛情を感じられるコレクションが目白押しなんです!
そんな、そろばんの歴史まで学べる『そろばん博物館』。こちらは完全予約制で開放しています。
見たことのないような珍しいそろばんグッズをご覧になりたい方は、川辺町役場までお問い合わせくださいね。

<店舗情報>
そろばん博物館
住所:岐阜県加茂郡川辺町下麻生17-2

<ご予約・問い合わせ>
川辺町役場企画課
電話:0574-53-7213
(不定休のため完全予約制)

※ 記事の情報は放送日時点のものです。最新の情報は店舗へご確認ください。
※ 新型コロナウィルスによる臨時休業や、営業時間短縮の可能性があります。詳細は店舗へ確認ください。

あわせて読む

pageup