共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る

健康カプセル!ゲンキの時間

毎週日曜 あさ7:00

CBCテレビ製作/TBS系28局ネット

朝からヘルスシェア

出演
筧 利夫
西尾由佳里

ARCHIVE

アーカイブ

第358回(2019.6.2)

歯周病

歯周病

ゲスト:松本明子
ゲンキスチューデント:北原里英
ゲンキリサーチャー:ライセンス
ドクター:岩田隆紀

40歳以上の80%がかかっているといわれる「歯周病」。目立った自覚症状がないため、気がついた時には手遅れになっている事もあり、放っておくと歯が抜けるだけでなく、心筋梗塞・脳梗塞など命に関わるリスクもあります。今回は、静かに忍び寄る歯周病の恐怖を解明。自宅で出来る歯周病予防法もご紹介します。

歯周病の基礎知識

・歯肉炎
初期の歯周病で、炎症が起きて歯茎が赤く腫れた状態。国民の80%が歯肉炎になっていると言われています。炎症の原因は、「歯周病原菌」。歯の周りに残ったタンパク質などからできたプラークをエサに増殖し、歯肉組織を破壊します。赤く腫れるのは白血球などの免疫が働いた結果です。放っておくと、歯茎の奥に潜む歯周病原菌がガスを発生する事で、口臭にもつながります。

・歯周炎
炎症が進んで、歯の根っこにある「歯槽骨」という骨が溶けた状態。40歳以上では40%の人がかかっています。炎症が続くと、体は強い免疫作用のある「サイトカイン」を作り出して対抗しますが、菌とともに周辺組織も破壊するため、骨をも溶かしてしまいます。

歯周病が招く病気

サイトカインは、骨を溶かすだけでなく、炎症部分から体の中に侵入。血糖値を下げるインスリンの効果を阻害したり、血管内の細胞を傷つけたりします。その結果、糖尿病や動脈硬化、認知症などの病気につながります。

<歯周病が招く病気>
・糖尿病        ・アルツハイマー型認知症
・動脈硬化       ・誤嚥性肺炎
・慢性腎炎       ・脳血管疾患
・骨粗しょう症     ・心疾患
・早産・低体重児出産

あなたはいくつ当てはまる?「歯周病セルフチェック」

<超簡単!歯周病セルフチェック>
1.歯茎の色が赤い、もしくはどす黒い
2.歯の表面を舌で触るとザラザラしている
3.歯磨きの時に歯茎から出血しやすい
4.朝起きた時、口がネバネバする
5.歯の間に食べ物が挟まりやすい

3つ以上当てはまると、歯周病の可能性があります。

歯周病を予防できる正しいブラッシング法

<正しいブラッシクング法>
▼歯ブラシは、力まず鉛筆を持つ感覚で持ちましょう。
▼1回に2本の歯を磨くイメージで、歯ブラシの角度は45度。
▼歯と歯茎の隙間に入れるよう意識して、小刻みに20~30回往復。
▼歯ブラシを押し当て、プラークをこそぎ落とすように磨きましょう。

<オススメ歯周病対策あれこれ>
・歯ブラシは、毛先の細い極細タイプがおすすめです。
・毛先の硬さは、歯を傷つけないようふつうを選びましょう。
・届きにくい歯の隙間や奥歯には、歯間ブラシがおすすめです。
・歯磨き粉は、泡立ちすぎるとしっかり磨けないので、米粒から大豆程度の量で十分です。
・歯磨きの回数は、毎食後に磨くのがベスト。正しいブラッシング法を行うと1回に8~10分かかるため、時間がない場合は、1日1回は丁寧に磨きましょう。
・電動歯ブラシを使うと、時間短縮に効果的です。
・仕上げにフロスや歯間ブラシを使うのもおすすめです。ただし歯茎を傷つけないよう、鏡を見ながら丁寧に行いましょう。

~定期的に歯医者へ行きましょう~
しっかり磨いていても、歯垢や歯石は溜まります。過去に歯周病にかかった方は、2~3か月に1度、異常がない人も半年~1年に1度は、歯医者さんに行って診てもらいましょう。

最新アーカイブリスト

pageup