共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る

健康カプセル!ゲンキの時間

毎週日曜 あさ7:00

CBCテレビ製作/TBS系28局ネット

朝からヘルスシェア

出演
石丸幹二
坂下千里子

ARCHIVE

アーカイブ

第465回(2021.7.18)

経験者が語る!夏の脳梗塞

経験者が語る!夏の脳梗塞

ゲスト:光浦靖子
ドクター:杏林大学医学部付属病院 脳卒中センター センター長 医学博士 平野照之

夏に増える危険な病「脳梗塞」。1つ対応を間違うと半身不随や失語症など重篤な後遺症が残るだけでなく、最悪の場合死に至る事もあるといいます。特に気温32度を超えると死亡率が急激に上がる事がわかっているのだとか。そこで今回は、早期発見のポイントや対処法を専門医に教えてもらいました。

水分不足に要注意「夏の脳梗塞」

脳梗塞とは、高血圧や糖尿病が要因となる動脈硬化や血栓などの影響で脳の血管が詰まり、細胞が壊死してしまう病気。体内の水分が不足すると血液がドロドロになり固まりやすくなってしまうため、汗をかきやすい夏場は脳梗塞のリスクが高まってしまうのだとか。なかでも、脳梗塞の発症が多く見られるのが朝方。睡眠中は一晩で約500mLの汗をかくといわれており、気温の高い夏は特に水分不足に陥りやすいそうです。

知っておきたい脳梗塞の知識①脳梗塞のサイン「半身麻痺」

脳梗塞の代表的な症状が「半身麻痺」です。脳には右と左があり、右の脳と左の脳がそれぞれ身体の反対側を司っています。そのため、右の脳に脳梗塞が起こると左半身に、左の脳に脳梗塞が起こると右半身に症状が現れるのだとか。なかでも、半身麻痺が起きやすいのが「顔」「腕」「言葉」だそうです。

<半身麻痺に気付くためのセルフチェック>
・顔
「いー」と口を横に広げてみてください。片側しか動かない場合は、顔に麻痺が出ている可能性があるそうです。
・腕
手のひらを上に向けて両手を前に出し、目を閉じて10秒数えてください。片方の手が下がってくると腕に麻痺が起きている可能性があるそうです。
・言葉
脳梗塞を発症すると、顔の半分に麻痺が出たり舌や喉の動きが悪くなったりするため、言葉が出にくくなる事もあるそうです。「いきじびき」と繰り返し声に出して言ってみてください。何度やってもうまく言えない場合は、麻痺が起きている可能性があるそうです。

知っておきたい脳梗塞の知識②運命を左右する「時間」

先生によると、脳梗塞の治療は早ければ早いほど効果があるとの事。脳梗塞発症後4時間半以内であれば、血栓を溶かして血流を回復させる「t-PA」という薬を使用できるそうです。治療の準備に時間を要する場合もあるので、発症から3時間半以内に到着できるよう半身麻痺に気づいたらすぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

知っておきたい脳梗塞の知識③夏の脳梗塞の注意点

脳梗塞の症状には、めまい・吐き気・ふらつき・頭痛など熱中症と近い症状があるそうです。そのため、病院に行かずに水を飲んで休むという対処をしてしまう事があるのだとか。めまいや吐き気、ふらつきなどとともに身体半分に異変がある場合は、脳梗塞の恐れがあるのですぐに救急車を呼んでください。

<思い込みが運命の分かれ道!誰もが陥りやすい「正常性バイアス」とは!?>
人は、脳梗塞などの予期せぬ出来事に直面した時「自分にはそんなことは起きない」と思い込んでしまう心理が働くそうです。この現象を「正常性バイアス」といいます。正常性バイアスに陥らないために重要なのが、正しい知識を持つ事。早期発見のためにも、半身麻痺が起きやすい顔(Face)・腕(Arm)・言葉(Speech)と、早期治療に大切な時間(Time)の頭文字をとって、「FAST」と覚えてください。

知っておきたい脳梗塞の知識④脳梗塞の前兆「一過性脳虚血発作(TIA)」

脳梗塞の前兆に「一過性脳虚血発作(TIA)」があります。一過性脳虚血発作は、小さな血栓で一時的に脳の血管が詰まる事で起こり、脳梗塞と同じ症状が短時間で治まります。30秒などの短い時間なので見過ごしてしまいがちですが、TIAを経験した6人に1人が3か月以内に脳梗塞を発症しているのだとか。48時間に脳梗塞を発症するケースが多いそうなので、異常を感じたらできるだけ早く専門病院で調べてもらいましょう。

<TIAとして現れる症状>
先生によると、TIAの症状は血管が詰まる場所によって異なるそうですが、歩くときに片側だけ引きずる、ちょっとした段差につまずいてしまう、顔・腕・言葉などの半身麻痺などの症状がある場合は要注意。また、片目にだけカーテンがかかったように見えにくくなるなど、目に異変が現れる事もあるそうです。

知っておきたい脳梗塞の知識⑤リハビリの重要性

先生によると、発症後に大切なのがリハビリ。一度壊死した脳細胞が元に戻る事はありませんが、リハビリを行う事で神経のネットワークが作られ、周りの脳が新たに動き方を覚えてくれたり、反対側の脳が手伝ってくれたりして、できなかった事が少しずつできるようになっていくそうです。

<リハビリの効果>
リハビリの効果は、時期によって変わってきます。発症から2〜3か月の間は回復期といわれる時期。効果が上がりやすいので意欲を持って取り組みやすいそうです。ところが、3か月以降になるとだんだんとリハビリの効果が頭打ちになってしまいます。そのため、気持ちが萎えてしまい、意欲が続かない人も出てくるのだとか。しかし、このタイミングでリハビリをやめてしまうと、3ヶ月間地道に続けて脳に覚えさせた事が定着せずまた忘れてしまうそうです。

<リハビリ生活に重要なのは「家族の支え」と「新たな人生の目標」>
先生によると、脳梗塞後のリハビリ生活にはメンタル面を支えてくれる家族の存在が重要との事。しかし、過保護になんでも手伝ってしまうと、かえって回復の妨げになってしまうそうです。そのため、できる事ややりたい事は本人に任せて、家族は寄り添いながら場合によって距離を置く事が大切なのだとか。また、「○○へ行きたい」「○○をしたい」など新たな目標を持つ事が、リハビリを続けるモチベーションにつながるそうです。

最新アーカイブリスト

pageup