CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

ドラの巻【CBCドラゴンズ情報】

ドラ未来のエース候補・梅津に必要なのは“逃げ場”をつくらせないこと!?酸いも甘いも知り尽くした先輩吉見からの金言アドバイス!

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
ドラ未来のエース候補・梅津に必要なのは“逃げ場”をつくらせないこと!?酸いも甘いも知り尽くした先輩吉見からの金言アドバイス! | ドラの巻【昇竜復活へ!CBC中日ドラゴンズ情報】 | CBCテレビ・CBCラジオ


CBCテレビ野球中継「燃えよドラゴンズ」燃えドラch
吉見一起の“ヨシトーーク”投手展望編

惜しまれながら、昨年ユニホームを脱いだ元ドラゴンズの絶対的エース・吉見一起さんが早くも燃えドラchに登場!現役時代さながらの絶妙なコントロールで球界裏話や同僚、ライバル話をビシバシ投げ込む!

前回は記念すべきMC第一回目ということで、井端先輩とまずは軽くトークのキャッチボールで緊張をほぐした吉見さん。ウォーミングアップを終え、本番トークスタート!今回は気になるドラゴンズの戦力分析を前回同様、井端さんと本音をぶつけ合う!まずは投手陣から話は始まった!

ドラゴンズ投手陣には辛口評価

井端『ドラゴンズの投手陣、層は厚いよね。12球団行ったけど、ぱっと見た限りで言ったら、いっぱいいるなと思ったの。逆に居過ぎて、使う方は迷うんじゃないのかなとさえ思ったね。特に先発ピッチャー、名前を挙げたら7、8人出てくるでしょ。他球団と比較しても先発投手を数えてみると指が折れる数が多い』

ただし、ボールの質は打席に立ってみないと分からないし、吉見さんの投手目線と打者目線では評価が異なるのではないかと、イバチンは語る。

吉見『ボクは正直、あまり良いなとは思わなかったんですよね』

おっ!早くもイバチンの教え“これはダメです!”パターンを実践する吉見さん!

井端『いいねぇ!いいねぇ!その意見!』

吉見『ボクはドラゴンズしか知らないじゃないですか。周りから高い評価を受けている。その思いで、いざキャンプへ行ったら、そう感じました』

井端『他のチームは見に行ったの?』

吉見『ピッチング見たのはヤクルトだけなんですよ。そこと比べるとあれなんですけど…』

と言った瞬間、大爆笑の吉見さん!
あまりこの記事を見ていないとは思いますが、スワローズファンの逆鱗に触れるような発言は慎まなくちゃダメですよ!(笑)逆にタイガースファンには御礼の言葉が飛び交いそうなコメントを発した。

吉見『タイガースは良いなぁーと感じてますね』

井端『うん、タイガースはいいね!』

そこから話は脱線。
タイガースといえば、かつて吉見さんと左右のダブルエースとして活躍したチェン・ウェイン投手が加入。イバチンも再会を楽しみに彼のもとへ足を伸ばしたそうだ。

KYなチェン

井端『サブグラウンドに行って、走っているチェンを見たの。そしたら一向に帰ってこない。後から来た藤浪、西たちが帰って行くのに、まだチェンは走っているようだったのね』

かつて打撃職人と名を馳せたイバチンだけにタイガース期待の若手、佐藤と井上のバッティングがどうしても見たかった。なので彼らがティーバッティングを始めたら電話もらうことになっていたのだが、その時点で時計を見たら、すでに一時間経過(笑)。まさか、チェンは罰走!?しびれを切らし、本球場へバッティングを見に向かったイバチン。ふたりのバッティングを見始めた矢先にな、な、なんと!

井端『打ち始めた2球目ぐらいに、チェンが“コンチハ!”って挨拶してきたの。来たから話さないわけにはいかないじゃない?結局ふたりのバッティングを見ることができないという始末。来るタイミングが悪いんだよ!』

吉見『昔からその辺の空気読めないんですよ、アイツ!』

空気が読めない(笑)。チェンの意外な一面。まあ、それぐらい何事にも気にしない性格でなければ日米の大舞台で活躍はできなかったのかも。

梅津がひと皮むけるための策

さて話は戻って、ドラゴンズ。
そういえば投手陣展望と記したわりには、ここまで誰一人名前が挙がっていませんな!

井端『気になるのはね、サンドラ番組内で話していた梅津を中継ぎ、抑えに起用したいというその意図は?』

吉見『普通に考えたら、先発で15勝できるレベルですよ。彼は完璧主義者なんです。ちょっと肘、肩痛いとすぐ逃げる』

井端『憲伸と一緒じゃん』

ガハハ!憲伸さん、言われてますよ!

吉見『でも川上さんは投げるしゃないですか!(笑)』

井端『そうそう!憲伸はね、いかなる時も“肩が、ひじが”って、いつも言っていたから(笑)』

吉見『川上さんはいつも保険をかけていたというか(笑)』

吉見さん、いいっすね!本音トーク!
井端イズムをしっかり習得しましたね!

吉見『梅津の場合は、投げないんですよ。周りも過保護に扱うんで。だから中継ぎ、抑えをやってもらいたいと思うんですよ。場合によっては毎日投げなくちゃいけないわけです。アイツに“逃げ場”を作らせないことが、本人の意識自体が変わるんじゃないかなと思うんです。力のある真っすぐとフォークが使えるじゃないですか。抑えを経験して、先発に戻っても彼のためになると思うんです』

長くドラゴンズ投手陣を牽引してきた吉見だけに現状の梅津ならもっと素晴らしいパフォーマンスを発揮できるはずと思っているのだろう。彼らしい叱咤激励といえる。

井端『面白いね、彼のボールは。彼の球なら後ろをやらせれば打てないだろうと思うよ。あとは肩、ひじの持久力がついてきたら、先発に戻しても面白い。イイね。イイんじゃない?』

体験して初めて分かった、中継ぎのつらさ

先発のイメージが強い吉見だが、彼もプロデビュー時は中継ぎを経験している身。当時を振り返った。

吉見『あの時だけは本当に投げるのが嫌でした。ブルペンの電話のベルが鳴る。あの音で寿命が縮まった思いをしましたね。自分の番だということは分かっているんですよ。“違う名前を言ってくれ!”と願ったものでした』

井端『電話じゃなくて、メールでやってくれればね!画面見て、コーチが“おい、吉見”って(笑)』

なんと事務的!まるでこれじゃファストフードのオーダーと同じだ!(笑)

吉見『ただ中継ぎを経験してボクは伸びたので、やって良かったと思ってます。試合の流れが分かるようになりました。“ここは大事だな”とか、“しっかり抑えなくちゃいけない”とか』

井端『憲伸とかある程度、完投できるピッチャーが投げていると、中継ぎやっている身からして、今日は休めるなとか思ってたの?』

吉見『ハイ!気持ち切っていました』

イバチン大爆笑!

井端『だよね!みんな、それ言うよね!』

吉見『ホント、それはありましたね。他のピッチャーが投げていると、1-0、2-0で勝っていても、自分が回ってこない展開で“試合が進め!”と思ってしまうんですよ。“もっと点取ってくれぇー”って(笑)』

勝利にこだわったレジェンドピッチャー

井端『5回6回で交代するなと思う先発ピッチャーだと…』

吉見『その日は最初から気張りますね』

井端『山本昌さんはどうだった?』

吉見『山本さんは……これ放送できないですよ!』

井端『放送できないことないよ!思ったこと言えばいいんだよ!』

吉見『勝ちに対する執着心が強かったじゃないですか。高橋聡文さんがいつも言われていることを聞いていて。“おいっ!アキフミ!お前がオレの勝ちを何個も消さなかったら、もっと早く200勝してたんだ!”って聞いていたんですよ。そんなこと聞いたら投げられないじゃないですか!(笑)』

冗談のように聞こえますが、案外マサさん、本音トークだったりして(笑)。

吉見『1回、山本さんの勝ちを消してるんです。消して、ボクに勝ちがついて、一番気まずかったです』

井端『分かる!』

マサさんの威圧発言がドラゴンズ投手陣の精神面を強くさせたのね!
この場はこれで締めておきましょう(笑)。

~次回「打者展望編」に続く

(竹内茂喜)

画像:©CBCテレビ野球中継「燃えよドラゴンズ」燃えドラch


あわせて読む

    あわせて読む

      pageup