CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

ドラの巻【CBCドラゴンズ情報】

ベイスターズ牧選手が達成したサイクルヒット!実は数多いドラゴンズの歴史と次は誰?

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
ベイスターズ牧選手が達成したサイクルヒット!実は数多いドラゴンズの歴史と次は誰? | ドラの巻【昇竜復活へ!CBC中日ドラゴンズ情報】 | CBCテレビ・CBCラジオ

お見事!ルーキー。横浜DeNAベイスターズの牧秀悟選手がサイクルヒットを達成した。プロ野球ではこれまで69人(74回)が達成しているが、新人では初めての快挙。心からの拍手を送りたい。

■目撃!井端選手のサイクルヒット

サイクルヒットが好きだ。この記録は誰が達成しても惚れ惚れする。ヒット、2塁打、3塁打、そしてホームランと、1人の打者が1試合でその4本を打つのだが、本人の実力に、時として運も必要である。打者にとっても一度は実現したい記録であろう。
サイクルヒット達成の瞬間をスタンドで観たのは一度だけ、中日ドラゴンズ井端弘和選手、舞台はナゴヤドーム(現バンテリンドーム)、2002年9月21日の土曜日デーゲーム、相手は横浜ベイスターズ(当時)だった。初回の2塁打から始まり、ホームラン、そしてヒットと3安打。そして7回裏の打席だった。スタンド席で「3塁打でサイクルヒットだな」と思っていたら、井端選手の力強い打球は右中間へ。3塁ベースに滑り込んだ瞬間は、立ち上がって拍手を送っていた。ゲームは11対2で大勝した。当日のチケットは今も日記帳にはさんで大切に保存している。選手本人はもちろんだが、ファンにも嬉しい記録である。

■ドラゴンズ実は「サイクルの宝庫」

85年の歴史を持つドラゴンズ、実はサイクルヒットが多いチームなのである。1953年に原田徳光選手が最初のサイクルヒットを記録して以来(当時は名古屋ドラゴンズ)、前田益穂、立浪和義、井端弘和、福留孝介、アレックス・オチョア、大島洋平、そして平田良介の各選手が1回ずつ、8人合わせて8回達成した。12球団のトップは今回の牧選手が加わり横浜DeNAベイスターズの10回だが、ドラゴンズはそれに続く2位なのである。讀賣ジャイアンツが5回しかないというのも驚くが、ドラゴンズは「サイクルヒットの宝庫」とも言えることが誇らしい。ちなみに福留選手は移籍先の阪神タイガースでもサイクルヒットを達成していて、さすがのスラッガーぶりを発揮した。またアレックス選手は、メジャーでも達成していて、これまた珍しい“日米サイクルヒット”打者である。

■藤嶋投手“幻のサイクルヒット”

ドラゴンズとサイクルヒット、どうしても触れておきたい選手がいる。2021年も中継ぎとして活躍している藤嶋健人投手だ。愛知県の東邦高校時代は、エースで4番打者だった。キャプテンとしてチームを率いて夏の甲子園大会に出場した時のこと。ホームラン、3塁打、2塁打と打ってきて、次にヒットが出ればサイクルヒット達成という打席で、藤嶋選手は打った!しかし、全力で走ったため、単打ではなく2塁打となり、記録上ではサイクルヒットではなくなってしまった。観ていたこちら側が「もったいない」と思ってしまったが、当の藤嶋選手本人は2塁ベース上で、達成感のある笑顔。ドラゴンズファンが彼を愛するのは、そんな天真爛漫さなのだが、「サイクルヒットを上回る記録」として記憶に刻んでいる。ドラゴンズではマウンドで力を魅せてほしい。

■ドラゴンズでは次は誰が達成?

全米を熱狂させている“二刀流”大谷翔平選手は、2016年に、メジャーでは日本人初となるサイクルヒットを達成している。やはりこの記録は注目度抜群なのである。日本国内では、2019年に阪神タイガースの梅野隆太郎捕手がキャッチャーとしては珍しいサイクルヒットを達成して以来、牧選手がほぼ2年半ぶりの達成となった。ドラゴンズについて言えば、2018年の平田選手以来ほぼ3年近く空いている。そろそろ期待したい。ではドラゴンズでは次に誰が打つのだろうか?本命にはあえて高橋周平選手を挙げたい。対抗馬としてダヤン・ビシエド選手。そして大穴は夢を抱きながら根尾昂選手ではいかがだろうか。高橋選手そして根尾選手、2人とも結果が出ないバッティングに苦闘している現状だが、ファンとして期待をこめて。低迷を続けるドラゴンズ、もし9人目のサイクルヒットが達成できたのなら竜党は大いに盛り上がることだろう。

コラムに書いた“夢”が現実になることは心から嬉しい。2019年9月に「ノーヒットノーラン」をテーマにコラムを執筆した際に「ドラゴンズ球団史上12回目、まもなく実現かもしれない」と候補に「大野雄大」投手の名前を挙げたら、なんと翌日に夢がかなった。サイクルヒットも是非!

【CBCテレビ特別解説委員・北辻利寿】

※中日ドラゴンズ検定1級公式認定者の筆者が“ファン目線”で執筆するドラゴンズ論説です。著書に『愛しのドラゴンズ!ファンとして歩んだ半世紀』『竜の逆襲  愛しのドラゴンズ!2』(ともに、ゆいぽおと刊)ほか。

画像:2018年にサイクルヒットを達成した平田良介選手(C)CBCテレビ

あわせて読む

    あわせて読む

      pageup