岩瀬氏のドラゴンズ投打のネクストブレイク予想!新戦力も注目候補!

岩瀬氏のドラゴンズ投打のネクストブレイク予想!新戦力も注目候補!

「とある妄想しがちなファンのドラゴンズ見聞録」
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)を見たコラム

キャンプも終了し、実戦も本格化してきたプロ野球。今週のサンドラでは、キャンプを終えて今シーズンブレイク期待の選手を岩瀬氏に予想してもらう企画と、涌井秀章投手・柳裕也投手・福田永将コーチによる横浜高校座談会の最終回!シーズン開幕まであと少し、貴重なオフの雰囲気を感じながら振り返る。

岩瀬氏が予想する“投打で今シーズンブレイクする選手”は?

「サンデードラゴンズ」より©CBCテレビ

昨シーズンキャリアハイの成績を残し大活躍の細川成也選手や侍ジャパンにも選抜された松山晋也投手のように、ノーマークのところから突然頭角を表す選手の存在はチームにとって大きな影響を与える。今シーズンブレイクする選手を岩瀬氏に予想してもらった。

岩瀬氏「まずは、ピッチャーは梅津晃大投手ですね。元々力はあるピッチャーで怪我明けなんですけど、この時期に154kmなんてなかなか出ないですし、ボールにすごく力がありますから、やってくれるでしょうね。登板間隔は空けながらになるでしょうけど、投げる試合はきっちり試合作って欲しいですね」

Q.野手でブレイクが予想される選手は?

岩瀬氏「やっぱり魅力のある鵜飼航丞選手ですよね。飛距離は右に出る選手がいないですからね。あとは、いかに確実性を上げられるかってところですから。オープン戦では主力ピッチャーがこれからどんどん出てくるのでそこで結果を出して欲しいところですね」

Q.注目の二遊間は?

岩瀬氏「そうですね、ロドリゲス選手がこれだけ試合で使ってもらっているということは、開幕のスタメンもあるんじゃないかなというふうに思いますね」

首脳陣の起用方針からみて開幕前の支配下登録も十分あり得ると予想。ここでも新戦力の台頭でチームを引っ張っていくことがあるのか非常に楽しみだ。

伝説の選手・世代…厳しい規則を涌井投手が変えた?横浜高校座談会!

「サンデードラゴンズ」より©CBCテレビ

続いては、いつもは厳しい世界で戦う選手たちのオフの雰囲気が垣間見れる座談会企画!今回は、福田コーチ、涌井投手、柳投手による横浜高校座談・最終回。横浜高校“あるある”から、レジェンドの扱いなどについて、3人の甲子園での雄姿を思い出しながら見れば味わい深くなります。

若狭アナ「横浜高校ならではの『あるある』はありますか?」

「サンデードラゴンズ」より涌井秀章投手©CBCテレビ

柳投手「結構涌井さんがやっていた練習を僕がやったりとか、教える人が同じなので。僕走るの遅いんですけど、涌井さんとかはめっちゃ速いじゃないですか。練習していたら、『おい!涌井はもっと速いぞ!』って毎日言われるんですよ。途中から(俺は)涌井じゃねーしって思って笑 最初は嬉しかったっすよ、松坂(大輔)、涌井みたいな名前をぽんぽん言われるんで。これスゲェなって思いましたけど、途中から『いや、一緒にすんなよ、オレはちげーんだよ』と思いましたね」

話題は、福田コーチの“代”の話へ。

柳投手「なんかで聞いたのは、松坂さんの代は別格としてその次で最強だったのは福田永将の代って言われてましたね」

涌井投手「でも夏、鬼のようなボロ負けしてましたけどね。(中田)翔にとんでもないホームラン打たれてましたよ」

福田コーチ「140m弾を打たれて、あれは忘れられないです。あのマスク越しに見る光景」

涌井投手「(センターのスタンドにある)カメラの横に突き刺さったもんな」

福田コーチ「甲子園も全然ダメだったっす本当に。いまだにちょっと引きずっています…」

涌井投手「甲子園通算でヒット何本だっけ?」

福田コーチ「3本とか・・・」

涌井投手「オレらのとき打ってないもんな?」

福田コーチ「打ってないっす…」

柳投手「あ〜、1ホーマーだオレ。1ホームラン打ってる〜。福田さん超えてもうた〜。アーチ描いてもうた。(福田さんは)ホームラン打ってないんすね?」

福田コーチ「打ってない」

柳投手「へえ〜(笑)」

「サンデードラゴンズ」より柳裕也投手©CBCテレビ

若狭アナ「後輩が上から、(収録に)遅刻しておいて!」(※この日柳投手は収録に30分遅刻)

涌井投手「自分たちのときは、そういう上下関係をほとんど無くしたんで」

柳投手「おかしいな?」

福田コーチ「あったっすけどねぇ」

柳投手「僕の時もありました」

涌井投手「あった!?」

涌井投手が当時3年生、福田コーチが当時1年生だ。

若狭アナ「(上下関係は)バチバチにあった?」

福田コーチ「ありましたけど…」

涌井投手「でも、アンダーシャツとかOKだったでしょ?」

柳投手「全然OKじゃないっす!」

若狭アナ「なんですかその、アンダーシャツOKって?」

柳投手「当時は、ハイネックがかっこいい時代だったんですよ。1年生はそんなの着れないみたいな。丸首でブカブカのシャツを着て練習」

涌井投手「半袖解禁とかもありましたよ」

柳投手「あったあった!」

涌井投手「3年生だけ半袖とかノースリーブを着て、1、2年生は長袖を着ていて」

柳投手「6月くらいまで着ますよね?」

涌井投手「オレら7月くらいまで。7月になって、なんで長袖なんだよ!?みたいに部長が言うんすよ。その後に半袖着ていいよってなって、一気に(ハサミなどで)長袖切るんですよ。そうすると、今度冬に着る服なくなっちゃって」

柳投手「半袖解禁ですね、それが」

福田コーチ「ジャンバーとか手袋禁止とかもありましたね」

涌井投手「セーター禁止」

柳投手「高2の夏の開会式でオール解禁っていうのがあるんですよ。代が変わって。オール解禁って字のままです、その全てが解禁されてもう。その日からもう自由なんですよ。何しても怒られない」

厳しかったルールを思い起こす選手たちも、どこかそれを乗り越えた開放感を喜ぶように楽しそうに話していた。プロでは自分自身で律して、己を鍛えていかなければいけないため、異なる困難があるんだろうと想像できる。涌井投手も、柳投手もドラゴンズが強くなるのに引っ張っていってもらわなければいけない存在。鍛えた成果を発揮して、強いドラゴンズへと導いて欲しい!

澤村桃

オススメ関連コンテンツ

あなたにオススメ

RECOMMENDATION

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE