東京の味仙マニアが語る!東京&名古屋“味仙の楽しみ方”

東京の味仙マニアが語る!東京&名古屋“味仙の楽しみ方”

味仙、特に矢場店は店舗が広く、ワイワイできるファミレスより、もっと大人の連中が気兼ねなく集まれる場所といった意味で大好きです。テーブル席で相席になった人に今日の台湾ラーメンの辛さを聞いたり、逆に聞かれたりっていう雰囲気もいいですよね。実は東京都内にも味仙が数店舗あり食べに行くのですが、雰囲気が違うんですよね。味は美味しいんですが「ホンバノアジ」はやっぱり愛知でないとって思ってしまったり。でも、ランチがお得なんで仕事がてら新橋店につい寄ってしまうんです。

出張やイベントで愛知に行く際は新幹線なら名駅店へ寄ったり、車だったら今池や矢場へ思わず寄ってしまいます。「他に名物あるやろ!」って言われるんですが、どうしても身体が味仙を求めてしまうんです。コロナ禍で自粛中は、台湾ラーメンが食べたくて台湾ミンチを自作してみたりしました。

CBCテレビ:画像「デララバ」

矢場店では青菜炒め、台湾ラーメンに台湾丼が定番です。秒でやってくる青菜炒めを食べながら台湾ラーメンを待ち、台湾ラーメンを「辛っ!」って言いながら食べて台湾丼で締めるんです。台湾丼は生卵でマイルドなのでスイーツのような感覚で食べられます。

CBCテレビ:画像「デララバ」

しかし、どの店舗も同じようなメニューなのに全然味が違うのも良いですよね。僕は矢場のツルっとした麺が大好きです。今池のちまきも美味しかったなぁ。

CBCテレビ:画像「デララバ」

とか各店舗の麺や、味付けの違いを楽しめるのも味仙のいいところだと思います。定番ですけど青菜炒めは絶対に食べ比べちゃいますよね。そんな訳で東京へお越しの際は是非、新橋と神田に2店舗ずつありますので味仙食べ比べをおすすめします(笑)

CBCテレビ:画像「デララバ」

「辛いもの苦手な味仙好きが選ぶ味仙メニュー」

自分は「激辛好き!」という訳で味仙に通っている訳ではなく、単純に周りに流されて味仙に行くようになり、いつの間にか他県の知り合いが来たら「まぁ、とりあえず味仙に連れて行けばいいか」という感じで通うことになってしまった人間です。そんな辛いの苦手な自分が選ぶ味仙メニューをご紹介!ただし、辛くなくてもニンニクは高確率で入ってますのでご注意ください。

・青菜炒め
ちまたでは、「水より早く出てくるヤツ」とも言われます。どれだけ店内が賑わっていても、これは早く出てくる(体感)ので、とりあえずの乾杯とメインが出てくるまでの先出し感覚でつまめます。

・台湾ラーメン(アメリカン)or台湾ラーメン(ノーマル)+生卵トッピング
とりあえず辛いの苦手でもこれから試してみましょう。なおビビってミニにしない方がいいです。経験上ノーマルサイズより辛味が強く感じます。生卵トッピングは最近スタンダードになりつつあるトッピングアイテムです。気持ちまろやかになります。

・杏仁豆腐
辛さでやられた口の中を癒してくれるアイテム。シメはこれ。

以上、この3種から始めてみましょう。複数で行くときは他の人が頼んだやつを味見して、自分がいける!ってラインを模索しましょう。

CBCテレビ:画像「デララバ」

◆味仙マニアの集まり「味仙サークル(マジ味仙)」とは・・
2009年結成、名古屋・東京・大阪など総勢約30人
活動内容:自作のグッズ作成(トートバッグ・ステッカー・うちわなど)

※記事内容は配信時点の情報となります。

関連リンク

あなたにオススメ

RECOMMENDATION

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE