CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

さあ、開幕へ!ドラゴンズ未来の1番打者は?立浪監督直接コールも

さあ、開幕へ!ドラゴンズ未来の1番打者は?立浪監督直接コールも
アナウンサーコラム

さあ、開幕へ!ドラゴンズ未来の1番打者は?立浪監督直接コールも

 2022年3月23日(水) 15:50
宮部 和裕
宮部 和裕
「サンデードラゴンズ」©CBCテレビ

「今の彼にこそ、プロ野球の不文律をぶち破ってほしい!」と川上憲伸さんはかく語る。

目前に迫った3月25日のプロ野球開幕。ファンが待ちに待った立浪ドラゴンズの初陣。開幕戦で敵地東京ドームに乗り込んでの最初の攻撃、1回の表。実況アナとして、こう描写を始めるだろう。「マウンドにはジャイアンツのエース菅野智之。記念すべきシーズンの第一球を投げました!」と。

開幕戦の1番打者は?川上憲伸の想い

「サンデードラゴンズ」より岡林勇希選手©CBCテレビ

あなたは、ドラゴンズの開幕スタメン1、2番打者の並びをどうイメージしますか!?
直近の立浪監督は、1番に大島、2番に岡林を示唆した。岡林のリードオフマン就任は、まずは、状況による打撃や盗塁を2番打者として磨いてから、という期待含みの決断のようだ。

川上憲伸さんは、岡林への期待値の高さが立浪監督と近いがゆえ、冒頭の思いを岡林にぶつける。

「CBCラジオドラゴンズナイター」に出演する川上憲伸さんと宮部アナ©CBCラジオ

ドラゴンズの未来を背負えるであろう岡林に、新チームの船出の最初の打席に入り、敢えて、“初球”から彼のスイングを魅せてほしい!というのが川上さんの願いなのだ。もちろん、相手の開幕投手にとっても、シーズンの第一球は、意義深いもの。自身7度もその大役を務めた川上さんだからこそ、「確かに長いプロ野球の歴史の中で、開幕戦の初球はバットを出さないという空気感は、あるにはあります。ただ、今季、新たなチームとして変わる上で、彼が一番に入って、その初球をスイングしてとらえてほしい。」若くして対応力に溢れる岡林の姿を新時代の幕開けとして魅せてほしいということだろう。川上さんは続ける。

「岡林にとっても、菅野の初球を見逃して、ワンストライクを取られれば、かなり追い込まれることになります。自らチャンスを狭める必要はない。それとエース菅野であっても、緊張の開幕最初の対戦相手。早いカウントから変化球スライダーを投げてきたら、ある意味で、岡林を認めている証ともとれますね。この駆け引きを見てみたい。」

立浪監督の期待

「サンデードラゴンズ」©CBCテレビ

一方、その岡林自身が身震いするような出来事が、今年の正月にあったという。新年早々、岡林の携帯電話に見知らぬ番号からのコールがあった。電話の主は、なんと立浪監督だったという。

「お前をライト一本で使っていくつもりだからな。その覚悟でやっていけよ」と。

岡林は、「電話をいただいて嬉しくないわけないじゃないですか」と照れながら教えてくれた。選手にとってこれほど意気に感じる言葉はないだろう。

ならば、その恩返し。目前に迫った開幕戦の打席に始まり、秋に監督を胴上げする歓喜の瞬間まで。まずはとにかく、開幕戦の第一打席の初球が楽しみだ。ボクも、東京ドームのCBCラジオ放送席から、その瞬間を実況中継したい。燃えよ!ドラゴンズ!

※大島は腰の張りを考慮しオープン戦最終戦を欠場、岡林は3月20日の試合中の走塁で右手薬指を負傷。両選手のケガの具合も心配で、開幕戦前日の一軍登録発表が待たれる。

【CBCアナウンサー 宮部和裕 CBCラジオ「ドラ魂キング」水曜、三浦優奈さんと共演、テレビ・ラジオのスポーツ実況担当。生粋の元少年ドラゴンズ会員。早大アナ研仕込の体当たりで、6度目の優勝ビール掛け中継を願う。「月刊ドラゴンズ」コラムも連載中】

関連記事

 前の記事

次の記事