家庭でも「冷凍パン」がまるで焼き立て! 失敗しないふっくら仕上げる解凍方法

家庭でも「冷凍パン」がまるで焼き立て! 失敗しないふっくら仕上げる解凍方法

おうち時間のお供としても高まっている昨今の“パン”ブーム。その最前線で注目を集めている「冷凍パン」を紹介しました。CBCテレビ「チャント!」4月12日放送から

ローソン『ブランのクロワッサン』

CBCテレビ:画像 『チャント!』

ローソンの冷凍コーナーに並ぶ『ブランのクロワッサン』。小麦の表皮「ブラン」が使われている冷凍のクロワッサンです。
パン1個あたりの糖質は、なんと4.8g! ブランは低糖質で栄養価が高く、体に優しいと女性を中心に人気の商品です。
こちらの商品は普通のパンコーナーに並んでおらず、冷凍販売のみ。ストックできるのが最大のポイントです。
電子レンジで20~30秒加熱したあと、トースターで1分半温めると、ふっくらとしたおいしいクロワッサンが自宅で気軽に楽しめます。

自販機で買える『Pan&(パンド)』の冷凍パン

CBCテレビ:画像 『チャント!』

名古屋・大須商店街にある自動販売機「冷えぱんマン」は、冷凍パンを販売。24時間いつでも冷凍パンを購入できます。
クロワッサンやクリームパンなど、ラインナップは5種類。月に一度、商品のラインナップが変わるので何度でも楽しめます。
オススメは、冷凍パン専門のブランド「Pan&(パンド)」が作る『至福のクロワッサン』。多い時には、月に5万個を売り上げるという注目の冷凍パンです。
小麦やバターなどの材料は国産にこだわり、焼き立てのパンを急速冷凍しているのがおいしさの秘訣。自宅で解凍した時に外はサクサク、中はしっとり、まるで焼きたてのような食感と味わいが楽しめます。芳醇なバターの風味がたまりません。

失敗しない!冷凍パンをおいしく仕上げる解凍方法

CBCテレビ:画像 『チャント!』

冷凍パンをトースターで焼いたら、表面は黒焦げて中は冷たいままなど、上手に仕上げられなかった経験はありませんか?
2つのポイントをおさえるだけで、家庭でも冷凍パンがまるで焼き立てのようにふっくら仕上がります。

(1)アルミホイルを使用
アルミホイルをパンに包むことで直接熱が当たらず、表面を焦がしてしまう心配がありません。

(2)余熱で温める
タイマーが鳴ってもすぐにパンを取り出さず、そのまま余熱で数分温めます。芯までしっかり温まり、外はカリッと、中はふっくら、焼きたてのように仕上がります。

進化が止まらない冷凍パン。みなさんも、おうちで焼きたての味わいを試してみてはいかがでしょうか。

『チャント!』は、CBCテレビで毎週月~金曜日の夕方15:49 - 19:00に放送されている東海3県向けの夕方ワイドニュース・情報番組です。

関連リンク

その他の「チャント!」の記事

 
 

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE