新人アナが愛知県東海市で地元に愛される人気メニューを全力で紹介!

新人アナが愛知県東海市で地元に愛される人気メニューを全力で紹介!

その町以外ではあまり知られていないけど・・地元の人はみんな知っている!
その町で生まれ、その町に根づく愛されフード。
CBC新人アナウンサー・神戸生まれ、東京育ち、東海地方初心者の松本道弥アナが調査していきます
今回は、愛知県東海市。こちらの愛されフード「カイコー飯(ハン)」とは?
八宝菜風だけど、ほぼ鶏肉の、丼もの。東海市に来たらまず食べなさいと言われるほど。
東海市で40年以上続く、町中華の名店「東菜館・純ちゃん」
お店は、いつも地元の常連さんで満席!大きな鶏のから揚げとゴロゴロ野菜に、とろ~り餡が
なんとも食欲をかきたてます!

こぶし大のから揚げが3つ分という、ボリューム満点でありながら、
シャキシャキ野菜と醤油ベースの甘辛あんが、良いアクセントに。
始まりは、昭和40年代にさかのぼります。当時、別のオーナーが「東海飯店」という名前で営業しており、お店の厨房を預かる料理長だったご主人が何気なく作った“まかない料理”が、
カイコー飯の原点。当時は、鶏の球の飯と書いて『けいきゅうはん』と呼んでいましたが、
いつの間にか「カイコーハン」と読み方が変わり、やがて表記もカタカナに。

CBCテレビ『チャント!』いただきます!ほぼ地元だけ 愛されFOOD

原型は、白菜、キャベツ、ピーマンといった中華飯の具材に、適当に切ったから揚げを入れたものだったそうですが、食べてみると
『ずいぶんあっさり・・』そこで!味を引き締めるため、醤油と砂糖を追加すると・・
良い感じに!カイコー飯とは、お店と常連さんが生み出した、愛の結晶でした!

CBCテレビ『チャント!』いただきます!ほぼ地元だけ 愛されFOOD

『続いての愛されフードは、「とんちんかんあげ」
地元の方に聞いてみると・・「とんちんかん揚」は、美味しいけど何が入っているかわからない
かきあげのような、がんもどきのような、不思議な揚げ物。
赤ちょうちんが目を引く「とんちんかん」は、昭和41年創業。
看板のとおり、手羽先をはじめとした鶏料理が自慢の居酒屋さんです

町で聞いたとおり、丸いがんもどきや、かきあげのような揚げ物
「とんちんかん揚」は、数種類の鶏肉をベースに、玉ねぎ、青ネギ、ニラなどから作られた、
チキンナゲットと、かき揚げの中間といった感じ。40年ほど前に、女将の光枝さんと創業者であるご主人がご夫婦で開発したのだといいます。

CBCテレビ『チャント!』いただきます!ほぼ地元だけ 愛されFOOD

信長亡き後、氏郷とともに、松阪の地に移った柳屋奉善。
後に、お伊勢参りの土産として『老伴(おいのとも)』は人気を博し、
明治時代には皇室に献上されるほどの銘菓となりました。

1月28日(金)CBCテレビ「チャント!」より

その他の「チャント!」の記事

 
 

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE