焼肉だけじゃない!?「食のテーマパーク」まんぷく太郎の魅力

焼肉だけじゃない!?「食のテーマパーク」まんぷく太郎の魅力

愛知県内に3店舗を構える食べ放題のお店「まんぷく太郎」。子供から大人まで幅広い世代に人気の同店は、焼肉をメインに、しゃぶしゃぶやお寿司、ラーメン、手作りスイーツまで、バラエティに富んだメニューでお客さんを楽しませる「食のテーマパーク」。今回はまんぷく太郎東海通店の魅力に迫ります!

CBCテレビ:画像「デララバ」

種類豊富な部位を楽しめるこだわりの肉

まんぷく太郎のメインの焼肉は、部位や種類、肉の厚さを含めると驚くことに約50種類もの肉を楽しめるのだそう。子どもやお年寄りが食べやすい薄切り肉からしっかり食感の赤身肉まで様々な種類の肉があるため、好きな部位をひたすら食べたり、気になる部位を少しずつ食べたりと食べ放題ならではの楽しみ方ができます。

種類が豊富なだけではなく、もちろん肉そのものにもこだわりが。一番人気の牛ハラミは8等級に格付けされるアメリカ産牛肉のうち、上位2等級の肉のみを使用したこだわり肉。柔らかく食べ応えがあります。

店長のオススメは「四元豚のねぎ巻き」と「国産牛のゲタカルビ」。四元豚は一般的な三元豚より癖がなくジューシーなのが特徴。四元豚の甘い脂がねぎの香り、旨みと合わさり病みつきになること間違いなしの一品です。肋骨の間のお肉「ゲタカルビ」は1頭の牛からごくわずかしかとれない希少な部位で、骨から出る旨みを含み、柔らかいのが特徴です。

また2023年に追加された新メニューの「焼き手羽トロ」は手羽元の骨を外した肉で、1羽の鶏から約60グラムしかとれない希少な部位。脂身が少なくあっさりとして、プリっとした弾力のある歯応えが楽しめます。安くて美味しいだけではなく、希少部位まで揃う食べ放題チェーンはなかなか珍しいのではないでしょうか。

CBCテレビ:画像「デララバ」

これぞ食のテーマパーク。お寿司やラーメン、スイーツまで食べ放題

まんぷく太郎のこだわりは肉だけにとどまりません。まんぷく太郎が食のテーマパークと言われるゆえんは、肉だけではなくお寿司やラーメン、スイーツも楽しめるところにあります!

お寿司はなんと肉よりも種類が多く約70種類が並びます。定番のお寿司から変わり種のお寿司まで。いち推しは旨みがたっぷり詰まった天然の「赤エビ」。生でも焼いても美味しくいただけます。子どもの人気ナンバーワンはサーモンの上にモッツァレラチーズがたっぷりのった「のびーるチーズ」。

ラーメンは注文して出てくるのではなく、自分で作る「ラーメン屋さん体験コーナー」があります。麺とスープ、薬味を選んで自分好みのラーメンが作れるのは嬉しいサービス。家族や友達と一緒に楽しむことができます。

新鮮なフルーツやカラフルゼリー、ソフトクリームなど、種類豊富なスイーツの中には店長がSNSで話題のメニューから研究したデザートも。また自分でカスタマイズすれば無限に映えパフェを作ることができます。他にもしゃぶしゃぶやハンバーグ、野菜やご飯、スープ、総菜なども揃う、まさに「食のテーマパーク」と言えますね。

CBCテレビ:画像「デララバ」

お客さんを楽しませる遊び心も盛りだくさんのサービス

美味しく、そして楽しく過ごせるまんぷく太郎ですが、お客さんを楽しませるのは食べ物だけにとどまりません。ハロウィンやクリスマスなどの行事の時や四季に合わせて店内の飾りつけもにぎやかに。もちろん季節限定のスイーツもあります。

ハロウィンでは店内をゾンビに紛したスタッフが徘徊するイベントも行われ、遊園地さながらの演出が楽しめます。さらに家族連れにうれしいキッズスペースもあるので、小さなお子さんがいても楽しめるような配慮まで。お皿の柄もよく見ると、少年漫画の1コマのような 吹き出しのイラストが入ったものがあったりと、さまざまなところに「遊び心」が隠されているのです。

CBCテレビ:画像「デララバ」

家族や友達との団欒にぴったりのまんぷく太郎

家族と、友人と好きなものを食べて同じ場所で楽しみたいならまんぷく太郎で決まり!種類豊富で味も抜群なごはんに、遊び心満載な食のテーマパーク。盛り上がること間違いなしのまんぷく太郎に足を運んでみてはいかがでしょうか。


店舗名
まんぷく太郎 東海通店

住所
愛知県名古屋市港区新川町4-1-6

営業時間
月~金
ランチ 11:00~15:00
(L.O.14:00)
ディナー 17:00~24:00
(L.O.23:00)
土・日・祝
11:00~24:00
(L.O.23:00)

定休日
なし

電話番号
050-5489-1660

ライター名
サム

※記事内容は配信時点の情報となります。

関連リンク

あなたにオススメ

RECOMMENDATION

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE