イケメンぞろいの『男子新体操部』にパンサー向井が潜入。人気漫画『バキ』の180度開脚も披露してくれました!!

イケメンぞろいの『男子新体操部』にパンサー向井が潜入。人気漫画『バキ』の180度開脚も披露してくれました!!

愛知県の知多半島中央部の自然豊かな丘陵地にある『愛知県立阿久比高等学校』。
ここには、30回もインターハイに出場する『男子新体操部』があります。
阿久比町唯一の高校で、しかも向井くんのコーナーでは初の『男子新体操部』におじゃましました。

CBCテレビ『チャント!』いざ、学校に向井ます

練習中の体育館に向かい、早速演技を見せてもらった向井くん。
迫力ある三味線の曲にのせて、6人の部員のダイナミックな演技がスタート!
男子新体操は、日本独自のルールで行われる日本発祥の競技で、1940年代に始まったといわれています。

CBCテレビ『チャント!』いざ、学校に向井ます

団体の競技は3分間。女子との最大の違いは、「タンブリング」と呼ばれるアクロバットが入ることです。“体操”の床の競技に見られるようなバク転や宙返りといった技が組み込まれていて、演技構成がバラエティーに富んでいます。演技を終えた部員たちに「対角線でグルングルン回っていたね!」と興奮気味に話す向井くん。

CBCテレビ『チャント!』いざ、学校に向井ます

過去に体操経験があるか?を尋ねたところ、1年生の中のわずか2人だけだとか。ほとんどの部員が高校から始めて、高度な技ができるまでに上達していることに向井くんは驚きます。「中学生の頃、帰宅部で…」と話し始めた2年生の部員は、「自分を変えたい、特技を身につけたい」と思って入部したそう。ゼロから始めたこの部員も、いまや軽々とバク宙を決めます。

CBCテレビ『チャント!』いざ、学校に向井ます

そして、1年生でありながら個人種目でインターハイに出場した部員もいて、種目について聞くと、手具(しゅぐ)といわれる道具が4つあり(女子は5種類)、それぞれの道具ごとに個人競技が行われるのだとか。
棒状の手具の「スティック」は、バトントワリングのように回しながら演技をする種目。女子にもある「クラブ」(こん棒)は、動きが大きく見え、迫力満点。この他、2つの輪を使う「リング」や、「ロープ」を使う種目もあります。向井くんが「ロープ」の演技に挑戦することになり、スタートの姿勢のレクチャーを受け、自由に演技をしてみますが、周りからは笑い声が。いかに難しいことか向井くんは身を持って感じたようです。

CBCテレビ『チャント!』いざ、学校に向井ます

この部活に入って、良かったことを聞いてみると…、「アクロバティックな技ができるようになり、小学生の前で見せたらちょっとしたヒーローになった」「好きな漫画に出てきた“両足椅子乗せ180度開脚”が出来るようになっていた」など様々。
また、まだマイナー競技である男子新体操を、いずれ自分が教師となって部を持ち、広めていきたいと夢を語った生徒もいました。
美しさと迫力を兼ね備えた男子新体操を初めて見た向井くん。阿久比高校の今後の活躍に期待を寄せたのでした。

(CBCテレビ“チャント!”内『いざ、学校に向井ます』
パンサーの向井慧が東海地方の学校を訪ね、生徒や先生を紹介)

関連リンク

その他の「チャント!」の記事

 
 

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE