テイクアウトで楽しむ「春の息吹」!人気ベーカリーの春限定パン

テイクアウトで楽しむ「春の息吹」!人気ベーカリーの春限定パン

様々なジャンルの達人(マスター)の使える&役立つ情報をお届け!

毎週月~金曜日の夕方、CBCテレビで放送している情報番組【チャント!】。火曜日の人気コーナー『教えマスター』では、様々なジャンルの達人(マスター)から教えを請い、使える&役立つ情報をお届けしています。

今回は、【チャント!】ではすっかりお馴染みのパンマスター・石臥博代さんが登場!

これまでに巡ったパン屋さんは3,000軒以上という石臥さんは、一日3食すべてパンは当たり前というほどのパンマニア。「ステイホーム」が叫ばれる今、自宅で味わえる“春の限定パン”を、ガンバレルーヤの2人が教えてもらいます。

石臥マスター:最初のお店は名古屋市千種区にある【ブーランジェリー レキップ ド コガネイ】さん。ご夫婦で営むアットホームなパン屋さんです。

まひる:オシャレなお店。いい香り~!

石臥マスター:幸せの香りですね!それに、並んでいるパンがどれも美しいでしょ?

よしこ:ほんとですね。

石臥マスター:ご主人は名立たる名店でシェフも務めた凄腕のパン職人。子どもたちにもファンの多いスイーツ系パンから、野菜たっぷりのカレーパンなど惣菜系パンまで、毎日40種類ほどのパンが並んでいますが、まずは定番のパンから食べてほしいです。

<パンマスターの教え>定番のパンを食べて、店のポリシーを知るべし!

石臥マスター:店の顔でもある定番のパンを食べれば、こだわりや大切にしているものがわかると思います。こちらのお店の定番、ドライフルーツとくるみが入ったライ麦パン『セーグルフリュイ(400円・税別)』をどうぞ。

まひる:砂糖の甘みではなく果物の甘さが感じられて美味しい!

石臥マスター:この店は、食材の季節感や産地、見た目の美しさに気を遣っているんですよ。続いては本題“春の息吹を感じるパン”の登場!まずは『春キャベツと桜えびのパン(260円・税別)』です。

よしこ:美味しい!キャベツがシャキシャキで甘みもあって、桜えびの風味が丁度いい。それにパンがもっちもち!

石臥マスター:パン生地に北海道産の小麦粉を使用し、下味をつけた愛知産の春キャベツ、さらに駿河湾産の桜えびを包んで2種類のチーズがトッピングされています。

石臥マスター:続いては、タケノコをイメージして作った『たけのこのパン(260円・税別)』。生地に酒粕を入れ、たけのこには粉山椒をまぶし、仕上げに味噌の風味を加えた和風のパンです。春の息吹を感じませんか?

まひる:感じました!喉をスーッと通る時に雪解けを感じて。春に向かって「がんばろうね」っていう生命力みたいなものも湧いてきましたね。

よしこ:深いわねぇ。アンタ、本出したら(笑)?

石臥マスター:次は、名古屋市中区にある【名古屋観光ホテル】のパンです。ホテルは外国人客や国の要人が利用するため、昔からパンに力を入れているんですよ。

よしこ&まひる:へぇ~。

石臥マスター:だからこそ、老舗ホテルのパンはクオリティが高いです。名古屋観光ホテル1階にある【ルシュッド・テイクアウトショップ】にお邪魔しましょう。

<パンマスターの教え>そのホテルならではのオリジナリティ溢れるパンを食べるべし!

石臥マスター:ホテルのパンにはオリジナリティ溢れるパンが必ずあります。こちらでは、あんぱんが人気。

よしこ:いろいろな種類のあんぱんがありますね。

石臥マスター:あんぱんだけでも4~5種類あるんですが、中でも春に登場する人気のパンが『ブリオッシュさくらあんぱん(300円)』です。

よしこ:食べた瞬間に桜の風味が口の中に広がりますね。

石臥マスター:通常よりバターと卵を多く配合した香り高いもっちりとした生地で、白あんに桜のシロップと桜の葉を混ぜたあんを包んでいます。

よしこ:口どけがよくて和菓子を食べているみたい。

まひる:パンのお花見だね。

石臥マスター:『よもぎのあんぱん(300円)』も今月から登場していますよ。

石臥マスター:続いては、名古屋市昭和区に昨年9月にオープンした【ラルジュ杁中】さんです。

よしこ&まひる:わぁ、見るからに美味しそう!

石臥マスター:彩りも華やかなサンドイッチが約20種類。新鮮な野菜、具材のバリエーション、ボリューム感にこだわった惣菜系、そして注目は今ブームのフルーツサンドです。実は姉妹店が食パン専門店で、その食パンを使用しているんです。

よしこ:絶対美味しいじゃん。

石臥マスター:北米産の小麦粉、北海道の生乳、新鮮なバターなど素材にこだわった贅沢な食パンでつくるイチ押しの春のサンドイッチは、『あまおういちご(550円・税別)』と『マンゴーとキウイ(500円・税別)』です。

<パンマスターの教え>フルーツサンドはその店の芸術作品

石臥マスター:フルーツサンドは作り手の細かな作品と言っても過言ではないです。パンとフルーツとクリームが三位一体になるバランスが大切なんですよ。

よしこ:フルーツが新鮮でみずみずしいですね。生クリームが甘すぎないからさっぱりしていて軽く食べられます。

まひる:いちごの断面がハート型で可愛い。確かにクリームが重たくないですね。私、フルーツサンドは食べず嫌いでしたが全然ケンカしてない!むしろ手を組み合ってます。ラグビーかっ!ていうくらいスクラム組んでますね。

一同:(笑)

なかなか外出できない今、春限定のパンをご自宅で味わって季節を感じてみてはいかがですか?

その他の「チャント!」の記事

 
 

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE