CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

高卒1年目から正捕手獲り宣言― 立浪竜ドラフト4位指名・山浅龍之介の気構えに期待

高卒1年目から正捕手獲り宣言― 立浪竜ドラフト4位指名・山浅龍之介の気構えに期待
サンドラを観られなかった全国のドラ友と共有したい番組のコト

高卒1年目から正捕手獲り宣言― 立浪竜ドラフト4位指名・山浅龍之介の気構えに期待

 2022年10月24日(月) 16:46
82年世代の竜党
82年世代の竜党
「サンデードラゴンズ」より山浅龍之介選手©CBCテレビ

【サンドラを観られなかった全国のドラ友と共有したい番組のコト】

CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

このコラム(?)は「サンドラ」を観られなかった全国のドラ友に話したい!との思いから番組の内容を綴る、竜党のみなさんに向けた、竜党による、竜党のためのコラム(?)である。
10月23日の放送回はドラゴンズのドラフト4位指名・山浅龍之介選手がサンドラ生出演。山浅龍之介とはどんな選手?持ち味は?性格は?など、山浅選手の生の声を届けると共にプロ入りを果たすまでのサクセスストーリーを紹介しよう。

強肩捕手、打撃進化でプロへ

「サンデードラゴンズ」より山浅龍之介選手©CBCテレビ

山浅龍之介選手は聖光学院高の正捕手としてチームを初の甲子園ベスト4に導いた。持ち味は巧みなリードとスローイング。送球の正確さはすでにプロでも通用するレベルと評価されており、遠投は110メートルを誇る高校生トップクラスのキャッチャーだ。
秋田県出身の山浅選手は小学2年生から父親の影響で野球を始めると、東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアにキャッチャーとして選ばれた。

山浅選手:野球を始める段階でずっとキャッチャーをやりたいと言っていた。試合に出ている選手で唯一反対を向いていて、目立たないけどかっこいいと素直に思ったので。最初からキャッチャーをやりたいというのは自分ぐらいで変わっているねと言われました(笑)

中学からはキャッチャー一筋となり、甲子園の常連である聖光学院高に進んだ。入学当時の山浅選手を高校の監督は次のように振り返る。

聖光学院高・斎藤智也監督:もともとキャッチャーの能力は高い状態で入ってきたので。最近見たキャッチャーでは、これだけ完成に近いものは見たことがないなと

高校1年の秋からベンチ入りを果たすと、翌年は2年で唯一のレギュラーとして夏の福島県大会に出場した。しかし、準々決勝の光南戦。4点を追いかける9回にチャンスで空振り三振に倒れ最後のバッターに。夏の福島県大会の連覇は13で止まってしまった悔しい経験こそ山浅選手を大きく成長させた。

「サンデードラゴンズ」より山浅龍之介選手©CBCテレビ

山浅選手:最後のバッターになったときは自分の力のなさや弱さを感じた瞬間だったので。苦しい思い出ですが、あれがあったから強くなれたと思っているので

自身を見つめ直した山浅選手が特に力を入れて取り組んだのは“バッティング”だった。

「サンデードラゴンズ」より山浅龍之介選手©CBCテレビ

山浅選手:いろいろな好打者・強打者のバッティングを見て、どのような共通点があるのかを自分なりに探した。大谷翔平選手や吉田正尚選手はもちろんですけど、全員頭の位置が動かない。そういうのはすごく参考にしました

山浅選手の打撃の成長は数字が物語った。打率は2割台から4割台へ飛躍的にアップ。もともと持っていた守備力に打力が加わりチームを牽引。福島県勢51年ぶりと、チーム初のベスト4の立役者となった。その成長ぶりは斎藤監督に「バッティングに関して言えばここまで伸びた選手は珍しい」と言わしめるほどだった。

山浅選手:チームを負けさせないキャッチャーが一番良いキャッチャーだと思っているので。将来的にはドラゴンズを負けさせないようなキャッチャーになっていきたいです

山浅龍之介はどんな高校生?

この章では山浅選手のキャラクターに迫ってみたい。高校生・山浅選手のイメージについてクラスメイトが「頭がよくて真面目です」と明かしたように、実は成績が学年でトップクラス。寮の部屋を覗いてみると野球の本が何十冊も置いてあり、「本も書く人によって違いますし、単純に本が面白いのでたくさん読みます」と真面目かつ勉強熱心な印象を与えた。

しかし、クラスメイトによる「めっちゃかまちょ(かまってちょうだい)」という証言から違う一面も。別のクラスメイトも「いつも人のベッドで寝ています」「人のベッドで寝るのが好きなので、彼は」「3年生のベッドは全部制覇していると思うので。一緒に寝るのが好きなんだと思います」。
これらの証言を受けた山浅選手はその真意について「ひとりで寝るのが寂しいので、いろんなところにお邪魔したりしていますね(笑)」包み隠さず本音を語っていた。

次の章では、山浅選手をもっと知るための「10の質問」と山浅選手の回答を紹介。

山浅龍之介選手に10の質問

「サンデードラゴンズ」より山浅龍之介選手©CBCテレビ

(1) 趣味がある→「○」
山浅選手:料理と寝ることが好きですね。パスタはもちろん、うどんとかをお昼に自分で作ったりします。キムチチゲうどんを調味料からあわせて作りました

(2)魚より肉が好きだ→「○」

(3) 好きな女性芸能人がいる→「○」
山浅選手:女優の松岡茉優さんが好きですね。すごく笑顔が素敵ですし、とてもかわいらしいなと思います

(4) あだ名がある→「○」
山浅選手:よく“リュウ”とか“ヤマ”と呼ばれたりします

(5) 苦手なものがある→「○」
山浅選手:甘いものは苦手ですね。生クリームとかですね。(チームメイトの証言で虫が嫌い?)は、はい、バレたくなかったので(笑)。近づけられたりするのが嫌だったので。虫は大嫌いです(苦笑)

(6) 今欲しいものがある→「○」
山浅選手:寝ることが好きなので布団が欲しいですね

(7) スローイングは誰にも負けない→「○」
山浅選手:スローイングは正確性を意識しています。タッチできるコースに投げないとアウトにならないので。速さはもちろんですけどそういうところは意識しています

(8) バッテリーを組みたい投手がいる→「○」
山浅選手:聖光学院出身の岡野(祐一郎)さんですね。まだ挨拶にも行けてないんですけど、組ませてもらいたいです。(どんなリードをしたい?)テレビの画面でしか見たことはないので、まずは挨拶をさせてもらって会話をしながらと思っています。(他の投手は?) 一度も組んだことがないので外国人投手のボールを受けてみたいですね

(9) 1年目からレギュラーになる→「○」
山浅選手:もちろんまだまだ力不足ですが1年、1年勝負をしにいって、将来的にはドラゴンズの正捕手になってチームを負けさせないようなキャッチャーになっていきたいと思います

(10)将来はメジャーに行きたい→「○」

レジェンド山田久志氏の山浅選手評

この日のスタジオ解説者は“伝説のサブマリン”ことレジェンド山田久志さん。同じ秋田県出身の山浅選手の印象と選手としての将来性を次のように語った。

山田久志さん:キャッチャーにはうってつけだね。やっぱりキャッチャーは勉強するということが大事だから

――ルーキーイヤーに気をつけることは?

山田久志さん:やっぱりいろんなタイプのピッチャーがいるので、とにかく数を多くボールを受けること。数多くのボールを受けないことにはスローイングに繋がっていかないので。キャッチングが上手いといわれるキャッチャーになること!

イチ視聴者(筆者)の番組感想まとめ。 山浅選手の考え方、好きだわ~

サンドラ生出演の山浅選手を観ていて筆者が最も印象に残ったのは、「1年目からレギュラーになる」との質問に「○」と答えた場面。「もちろんまだまだ力不足ですが1年、1年勝負をしにいって」と語った内容です。1年目だから経験を積むと答えがちなところ、山浅選手は1年目から勝負をしにいくという心構えに頼もしさを感じたのです。山浅選手、期待しています!

(このコラムを書いたのは・・・サンドラ視聴歴約30年の40代竜党)

関連記事

 前の記事

次の記事