CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

川上憲伸さんが今季ドラゴンズ打撃陣に目立ったことを指摘「甘い球が打てない」

川上憲伸さんが今季ドラゴンズ打撃陣に目立ったことを指摘「甘い球が打てない」
アナウンサーコラム

川上憲伸さんが今季ドラゴンズ打撃陣に目立ったことを指摘「甘い球が打てない」

 2021年10月25日(月) 10:50
宮部 和裕
宮部 和裕
「サンデードラゴンズ」出演時の川上憲伸さん©CBCテレビ
「サンデードラゴンズ」出演時の川上憲伸さん©CBCテレビ

川上憲伸さんがCBCラジオ「ドラ魂キング」に出演した時、今季のドラゴンズを総括してもらった。

まずは投手陣の採点を聞いてみると

「もう500点です!」

と、間髪入れず即答。

ファンの皆さんから同感!の合槌が聞こえてきそうだが、憲伸さんは、柳・又吉選手らの名前を挙げながら、ピッチャー陣が頑張ってきたからと絶賛する。

「これはもう、投手陣みんなの性格が良かったんだと思います。援護得点が少ない中、よくここまで同じ方向を向き続けられたというほど後先考えず、とにかく一球一球を投げ込めたのは、スゴイ。もし、投手陣も崩壊していたらと考えると…」

ドラフト一位ブライト健太

「サンデードラゴンズ」よりブライト健太選手©CBCテレビ
「サンデードラゴンズ」よりブライト健太選手©CBCテレビ

打撃陣への含みを残しつつ、話題は今年のドラフトへ。立浪ドラゴンズは打撃陣の強化が最優先なのは、言わずもがな。そこで新生ドラゴンズへのドライチ、上武大のブライト健太選手について聞いた。

「一位指名らしい思い切りの良さは見えます。だからこそ、これからの問題は配球。プロは、打者が思う通りの球は来ない。ボクが打席に入った時も、自分だったらこう攻めるかな。ストレートは正直に来ないだろうなと。だから、ブライト選手も、プロ入り前から想像しておいてほしい。プロでは、大学リーグのようなボールは、誰一人投げてこない」

そして、ブライト選手の最大の魅力、フルスイングの活かし方を聞くと、

「プロは、どうぞなんぼでもマン振りしてください!ときますよ。そのボールを一球で仕留められるか、つまり、打ち損じのファウルは無しで。実は、一軍の投手でも、初球というのは、コーナーギリギリではなく、なんとなくストライクゾーンに来がちなんです。それを仕留めないと。良いピッチャーというのは、そこから段々厳しいコースを突いてくる。なので、打者は投手を後手後手にさせるスイングをしないと」

今季の試合で一番目立ったこと

「サンデードラゴンズ」より沖縄キャンプ時の立浪臨時コーチと岡林選手©CBCテレビ
「サンデードラゴンズ」より沖縄キャンプ時の立浪臨時コーチと岡林選手©CBCテレビ

そして、「これはですね!」と語気を強め語る。

「新人だけじゃなく、ドラゴンズの打者全体にも言えること。今季も放送席から解説してきて、ここ数年で一番目立ちました。甘い球をポイントでしっかり捉えられていない。プロは甘い球は、二度は来ない」

そういえば今年の沖縄春キャンプ、立浪臨時コーチが屋内練習場で毎日のように若手打者にティー打撃を行わせた。ストレートと変化球想定をランダムにトスして、スイングの始動を早く矯正し、スイングするか見送るかを判断させていた。そのシーンを憲伸さんにぶつけた。

「立浪さんが教えていらっしゃった点より、その前の段階がピッチャー視点では大切ですね。ボクは、打者が振るとか、体が開くとかより、バッターに待たれてるなあと感じさせられるのが、最も嫌でした。さあ、いらっしゃい!と待たれるのがイヤ。スイング準備が早いのに、緩い球まで、ゆったりした動きをされたら、投げたくなくなるほどです」

川上憲伸さんの持つ実践的な技術論と精神論。今のドラゴンズ打線で一番効果がありそうな提言だ。徐々に期待が高まる、立浪ドラゴンズ新体制の動き。さあ、来季こそは。燃えよ!ドラゴンズ!

【CBCアナウンサー 宮部和裕 CBCラジオ「ドラ魂キング」水曜、テレビ・ラジオのスポーツ実況担当。生粋の元少年ドラゴンズ会員。早大アナ研仕込の体当たりで、6度目の優勝ビール掛け中継を願う。「月刊ドラゴンズ」コラムも連載中】

関連記事

 前の記事

次の記事