CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

新人アナが岐阜瑞浪市で地元に愛される人気メニューを全力で紹介!

新人アナが岐阜瑞浪市で地元に愛される人気メニューを全力で紹介!

新人アナが岐阜瑞浪市で地元に愛される人気メニューを全力で紹介!

 2022年04月06日(水) 15:00
CBCテレビ『チャント!』いただきます!ほぼ地元だけ 愛されFOOD

その町以外ではあまり知られていないけど・・地元の人はみんな知っている!
その町で生まれ、町に根づく愛されフード。
CBC新人アナウンサー・神戸生まれ東京育ち、地方初心者の松本道弥アナが調査していきます。今回訪れたのは、岐阜県瑞浪市。
地元の愛されフード『加登屋のあんかけかつ丼』とは・・地元の方によると、
加登屋のあんかけかつ丼は、卵の入った透明なトロトロあんで、金色っぽくて縁起が良い、誰にでも愛されている、という意見が聞かれました。

CBCテレビ『チャント!』いただきます!ほぼ地元だけ 愛されFOOD

JR瑞浪駅のすぐ東にお店を構える、加登屋食堂(かどやしょくどう)。
85年続く老舗は、3代目女将が1人で切り盛りしています。
絹糸のような卵を、ふんわり纏った、黄金色のカツ丼です!和風味の出汁が
ふわっと口に広がります。

CBCテレビ『チャント!』いただきます!ほぼ地元だけ 愛されFOOD

美味しさの秘密は、なんといっても出汁!数種類のカツオをブレンドした、秘伝の出汁に溶き卵を加え、醤油で味を整え、とろみをつけた餡を豚のロース肉が見えなくなるほどたっぷりとかけています。この店であんかけかつ丼を注文する人は9割以上。

CBCテレビ『チャント!』いただきます!ほぼ地元だけ 愛されFOOD

85年前の昭和12年。初代のひろしさんが加登屋食堂を創業。
当時の瑞浪市は、陶磁器産業が最盛を極めた時代。お客さんの中にも、夜通し窯場で働く、体力勝負の職人さんがいたそうで、 当時貴重だった卵を、できるだけ多くの人に食べてもらいたいと餡でのばして、かつ丼にかけたことが、あんかけかつ丼誕生の由来です。今でも子供の試験や試合の前に、縁起担ぎで食べにくる方も多いということです。

CBCテレビ『チャント!』いただきます!ほぼ地元だけ 愛されFOOD

瑞浪市民に80年以上愛されてきた、加登屋のあんかけかつ丼。実は、3代目を継いだご主人が4年前に他界。一時は閉店を考え、休業しましたがお客さんの声を受けて、女将さんが一念発起し再開。
亡くなった人が喜ぶのは、生きている人が笑顔で暮らすこと。そしてこの食堂のように働ける場所があるのはありがたいこと。カツ丼を作ることで仕事をして幸せにやっていきます、と女将さんは話しました。
(CBCテレビ 「チャント!」より)

 前の記事

次の記事