おいしいものは一流シェフに聞け!ミシュラン・シェフが認める行きつけの店の安うまランチ!

おいしいものは一流シェフに聞け!ミシュラン・シェフが認める行きつけの店の安うまランチ!

人気プロレスラー“棚橋弘至”がリポート!ミシュラン・シェフ行きつけのランチ

CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組『チャント!』。
毎週金曜日の人気のコーナーは、岐阜県大垣市出身のプロレスラー“棚橋弘至”がリポートする『週末 愛してまーす!!』。

今回は、『ミシュラン・シェフ行きつけ 安うまグルメ』の第2弾!
ミシュランガイドに掲載された店のシェフに聞いた、おススメのランチ特集です。
イタリアンのシェフにはイタリアンのお店を、フレンチのシェフにはフレンチのお店を教えていただきました。

男らしいイタリアン!? 煮込み料理が絶品の店

まず、情報をいただいたのは、名古屋市東区にあるミシュラン1つ星のイタリアン『セッタンタ』のオーナーシェフです。
この水口シェフが行きつけのお店は、名古屋市中区にある『オステリア アルブーコ』。

「カジュアルなお店で、男らしい料理。煮込み料理がうまいんで、ぜひ食べていただきたい」とおすすめポイントを教えてくれました。
イタリアンのミシュラン・シェフをも虜にする、安くておいしいイタリアンが味わえるこのお店。
ランチはさらにお値打ち感が半端ないようです。

親子二人三脚で作り上げた味

『オステリア アルブーコ』のランチのメインは、毎日日替わりで5種類の中から選べます。
この日、棚橋さんの前に出されたのは、煮込み料理の『ロールキャベツ』とお店一番人気の『カニクリームコロッケ』です。
数々のイタリアンの店で修業をしたオーナーシェフと洋食一筋50年のお父さんの親子二人三脚で作り上げた味。
『ロールキャベツ』は国産の牛豚合いびき肉のタネを丁寧に包み、デミグラスソースで煮込んだ逸品。

味わった棚橋さんは「キャベツも柔らかいし、お肉がギューと詰まっていて、しっかり食べごたえがある。ソースがめちゃくちゃウマい」と大絶賛!
一方、リポートの相棒・榊原悠介アナが食べたのは『カニクリームコロッケ』。
タネにズワイガニを使い、カニ味噌もたっぷり入っている贅沢な逸品です。
さて、気になるお味は…?「衣がサクサクで香りもいいし、クリーミーでおいしい」と榊原アナ。棚橋さんはすかさず「ズワイは?」と突っ込みます。
ポイントを押さえない食レポにややあきれ顔の棚橋さんは、自分で食べて「めちゃめちゃカニの味するやん。最初に言えや~!」と愛のムチを一発おみまいしたのでした。

スープは驚きの一杯 価格にも仰天

メイン料理がおいしいのはもちろんのこと、棚橋さんが一番感動したのは、日替わりのスープの「ニンジンのポタージュ」。
ニンジン・バター・水のみで作った、素材のうまみで勝負したというスープ。
「あ~!」と叫びながら、二度見ならぬ、二度飲みをして「生きてきた中で一番おいしい!」と最上級のコメントを言います。

さらには、たくさん飲みたい気持ちを「これペットボトルでいけるわ!」と表現。
5種類から選べるメインに日替わりのスープ、サラダ、ライスがついたこのランチのお値段は、なんと900円(税込・平日料金)。
クオリティーの高さとお値段に大満足の棚橋さんなのでした。

【取材協力】オステリア アルブーコ
住所:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-6-17 K'S BEEビル1F
TEL:052-228-9616

ビブグルマンに選ばれた店のランチ

次に情報をいただいたのは、名古屋市東区にあるミシュラン1つ星のフレンチ『ラ・グランターブル ドゥ キタムラ』のオーナーシェフです。
この北村シェフのフレンチの行きつけのお店は、名古屋市中区大須の『ラペーシュ』。

ランチのおススメポイントは「おいしいサラダと、メインも何種類の中から選べて、リーズナブルで満足できるお店」とのこと。
本場・パリで修業をした『ラペーシュ』のシェフが作るのは、意外にも量も味も豪快なフレンチなのだとか。
実は、ミシュランガイドのビブグルマン(5千円以下で味わえて、価格以上の満足感が得られる料理を提供する店)にも選ばれているお店です。

ランチタイムにディナーレベルの贅沢な逸品

『ラペーシュ』のランチもメインは毎日5種類から選べますが、この日棚橋さんがいただいたのは『豚肩ロースの炭火焼き』です。
慌ただしいランチタイムでも、甘みのある岐阜県産の豚肉を本格的な味で楽しんでもらおうと、炭火で手間暇かけて焼き上げています。
ランチには前菜と自家製パン(おかわり可能)、ドリンクが付いて、お値段は1200円(税別)。
前出の北村シェフも「ディナーレベルのクオリティーの料理がお得に食べられる」と推薦するランチ。
棚橋さんも「贅沢な気持ちになるね」とお得感を感じたよう。

メインの豚肉料理を味わってみると、「噛んでいるとうま味がジュワッと出て、そのうま味とソースとの相乗効果がある。これはうまい!」と食べてさらに贅沢感を実感。
自家製パンとソースとの相性も発見し、「(パン)100個いけるね!」とシェフを困らせるジョークを飛ばした棚橋さんなのでした。

【取材協力】ラペーシュ
住所:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須4丁目13-46
ウィストリアビル1F
TEL:052-262-8689

その他の「チャント!」の記事

 
 

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE