【棚橋式筋トレ講座】夏に向けて今から始めよう!おうちで出来るイスを使ったエクササイズ

【棚橋式筋トレ講座】夏に向けて今から始めよう!おうちで出来るイスを使ったエクササイズ

人気プロレスラー“棚橋弘至”直伝!『イスを使ったエクササイズ』

CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組『チャント!』。
毎週金曜日の人気のコーナーは、岐阜県大垣市出身の人気プロレスラー“棚橋弘至”がリポートする『週末 愛してまーす!!』。
今回は、自宅で出来る“棚橋式筋トレ講座”第2弾!!『イスを使ったエクササイズ』です。

イスでバリエーション!『腕立て伏せ』は体力で使い分けよ!

「在宅筋トレで免疫上げて、憎きコロナに打ち勝つぞ!」と、棚橋さんの叫びから筋トレ講座はスタート。
まず、『体力に合わせて負荷を変えられる腕立て伏せ』からです。
イスの座る部分…角の辺りに手を置いて行う腕立て伏せは、女性やお子さんなど、力の弱い人向け。
お尻を上げずに、体を一直線にして行います。

体力のある男性は、イスの座る部分につま先をのせて、手は肩幅よりやや広く置いて、やはり体を一直線にして腕立て伏せをします。
イスの使い方によって、体の傾きも変わるため、負荷の掛かり具合に違いが出てくるというわけです。
いずれもムリのない回数から始めてみましょう。

また、棚橋さんは応用編として『リバース・プッシュアップ』(後ろ向きの腕立て伏せ)も伝授してくれました。
イスを使えば、腕の曲げ伸ばしに体の重みが掛かって、より効果的にできますね。(12回×2セットが目安)

イスを使って、片方ずつのスクワット

腕立て伏せで腕と胸を鍛えたら、今度は下半身の筋トレです。
足全体とお尻に効くという『ブルガリアンスクワット』は、片方の足の甲を浅めにイスにのせて、一方の足だけで行うスクワットのこと。左右を替えて、両足とも行います。

猫背にならないように屈伸運動をするのがポイントです。(12回ずつ×2セットが目安)

気になるぽっこりお腹も解消!?

最後は、ぽっこりお腹に効くというエクササイズ『ニートゥチェスト』です。
イスに浅めに座って、両手で体を支えつつ、両足を斜め下に伸ばしたら、次は胸にヒザを近づけるように曲げる…を繰り返す運動です。(15回×2セットが目安)

いずれのエクササイズもイスの安定を確保して行いましょう。
「筋肉」のことを「強力な鎧(よろい)」と表現した棚橋さん直伝のエクササイズ。

外出がままならない今だからこそ早速開始! 夏に向けて美ボディを目指しましょう。

その他の「チャント!」の記事

 
 

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE