【東海地方の魅力を紹介】グルメ通ハイヒールのモモコ姉さんおすすめの名古屋のお店

【東海地方の魅力を紹介】グルメ通ハイヒールのモモコ姉さんおすすめの名古屋のお店

プライベートで名古屋に美味しいものを食べに来るほどのグルメ通、ハイヒールのモモコ姉さんが「知る人ぞ知る」名古屋のお店へ。
モモコが通うフレンチレストランをご紹介します。

夜な夜な集まって飲み明かしても翌日にはゾンビのように元気になる

1軒目は東区泉のレストラン「ZOMBI(ザンビ)」へ。
まずは気になっていたゾンビと書いてザンビと読む店名の意味を支配人に聞くと、「夜な夜な集まって飲み明かしても翌日にはゾンビのように元気になるという趣旨で、シャレで名付けた」との答え。
昭和23年にアメリカ軍の将校クラブとしてオープン。
建物の老朽化にともない、11年前に名古屋市東区代官町からな移転しました。

名物料理「ウニのボンファム」

さっそく登場した名物料理「ウニのボンファム」をいただく3人。
「ボンファムは日本語でやさしい女性の意味」と支配人から説明を受けると、すかさず「あたしのことやろ!」とモモコ。
店内がシーンと静まり返る一幕も・・・

続いて「オマール海老のポシェ アメリカンソース、目の前で支配人が華麗な手さばきで作るデザート「チェリージュビレ」をうっとりと味わい、「これ以上のいい店ないから、このコーナー終わりやな」とモモコがつぶやく。
シェフのおすすめディナーコース(6000円~)もおすすめの、特別な日に大切な人と行きたいお店でした。

予約2ヶ月待ち!ミシュラン1つ星の看板のない名店

2軒目は、著名人がお忍びで訪れることが多い西区の「花いち」。
閑静な住宅街にひっそりと佇む完全予約制のこのお店で味わえるのは、素材そのものの旨みを生かした季節料理。
この道50年のご主人と奥様が切り盛りしています。
仕込みは一切せず、注文を聞いてから料理を作りはじめるこだわりは、出来たてを食べてほしいという想いから。

モモコたちが注文した「えびと椎茸 豆打あえ」も、そら豆を出して茹でるところから取り掛かります。
出来上がりを食べるとあまりの美味しさに「笑いがくるわ。普通にそら豆食べるより、香りがふわっとくる。大御馳走」とモモコが絶賛!

さらに、「これを食べに名古屋まで来る人いっぱいおるんやで」と、だし巻きを作ってもらうと・・・
ひと口食べてのけぞる周平魂、「ダシがじゅわ~っと出てくるやろ」と話すモモコ、「これ、普通の卵ですか?」とたかのりが驚く。
絶妙なタイミングで焼いた、熟練の技が光る逸品でした!

その他の「チャント!」の記事

 
 

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE