【東海地方の魅力を紹介】特別な日に行きたい名古屋めしめぐり

【東海地方の魅力を紹介】特別な日に行きたい名古屋めしめぐり

東海地方の魅力を紹介

東海地方の魅力を紹介するコーナー。
今回はハイヒールのモモコ姉さんをイキリ漫才で人気上昇中の後輩芸人、ツートライブがご案内。
果たしてボケ担当の周平魂(しゅうへいだましい)のイキリ顔は何回見られるのか!?
「モモコの娘さんの家庭教師をしていた」というツッコミ担当のたかのりとのご縁も明かされ、「特別な日に行きたい名古屋めしめぐり」を楽しみます!

名古屋でいちばん人気のうなぎの名店でグルメなモモコが唸る!

最初に訪れたのは「食べログ」名古屋のうなぎ部門でランキング1位に輝く創業26年の「うな富士」。「名古屋に来たら必ずひつまぶしを食べて帰る」というモモコもここははじめて。
人気の秘密は、養殖の中でもわずか2割しか獲れない青うなぎを、うま味に変わる脂が落ちないように、備長炭の炭火800度で焼き上げる妥協を許さない仕事ぶり。さらに、創業以来つぎ足しを繰り返すタレは、味がぶれないように糖度や塩加減をこまめにチェックし、お米はうなぎに合うように数種類をブレンドするといったこだわり満載!
牛肉に例えるとA5ランクに相当する青うなぎを一尾半以上使い、肝が7つも入った名物「肝入りひつまぶし」(7700円/数量限定)をいただく3人。
たかのりが「香ばしい~」「やわらか~」とおいしさのため息を漏らす中、「肉厚!うなぎ(の質)がちがう!」と唸るモモコ。
開店から1時間で売り切れることが多いので、お出かけはお早めに。

イキリ顔を忘れるほど美味!1日3組限定・完全予約制の味噌おでん

お次は、多くの著名人に愛され続ける創業50年の「つる軒」へ。
なんと、メニューは「つる軒の味噌御田コース」(ひとり7200円)のみ!鍋にたっぷり詰まった味噌おでんは、八丁味噌をはじめとした3種類をブレンドしたダシに、豚バラ、大根、さといもなど定番の具材が6種類。さっそくいただきます!
3時間ほど味噌で煮込み「おでんのステーキ」とも評される大きな大根に「いい色!めちゃめちゃ染みてる!工事現場の兄ちゃんに半分だけあげたい!」とモモコ。この日はたまたまお店が工事中で、休憩中の作業員さんのお顔をちゃっかりチェックしていたことが明らかに。そして、味噌ダシを味わいながら「グイグイいけるで。ペットボトルに詰めて持ち帰りたい」と大阪のおばちゃん的な発言も!
シメは、食べ終わった鍋の味噌に卵をからめ、ごはんにのせてつぶし、その上からさらに味噌をかける名物「赤茶漬け」。
周平魂はイキリを忘れ、ほっこり顔で名古屋の味を堪能。
モモコの「おいしい!ヤバみ~(ハート)」のギャル語が店内にこだまします・・・。

画面はスタジオに戻り、「『姉さん!いい男見つけました』のコーナーになってた」と大石キャスター。
モモコは「最高に美味しかった!今も唾湧いてきてる。毎日でもロケしたい」とすっかり名古屋めしのとりこに。

その他の「チャント!」の記事

 
 

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE