年間500種類以上の栗グルメを食べ歩く『栗マスター』に教わる!名古屋で味わう、びっ「栗グルメ」!

年間500種類以上の栗グルメを食べ歩く『栗マスター』に教わる!名古屋で味わう、びっ「栗グルメ」!

様々なジャンルの達人から教えを請い、使える&役立つ情報をお届け!

毎週月~金曜日の夕方、CBCテレビで放送している情報番組【チャント!】。火曜日の人気コーナー『教えマスター』では、様々なジャンルの達人(マスター)から教えを請い、使える&役立つ情報をお届けしています。

今回のマスターは、年間500種類以上の栗グルメを食べ歩きしている『栗マスター』里井真由美さん。大久保佳代子さんと本田兄弟・本田ひでゆきさんが絶品栗グルメを教えてもらいます。

里井:まずご紹介するのは、名古屋市西区にある【レニエ本店】さん。名古屋で栗スイーツをいただくなら外すべからず!というお店です。

大久保:素敵な店構えですね。店内は甘いいい香り~!ちょっとマスター、栗だらけじゃないですか!?

里井:ここは栗メニューの品揃えがとても豊富なんです。ケーキやプリン、焼き菓子など、その数なんと15種類以上!そんな中でも私のイチ押しは『レニエの中津川モンブラン』(550円)です。

<栗マスターの教え>期間限定&超レアな中津川産モンブランを食べるべし!

中津川産の和栗は水分が多い上に、甘みも強くしっとりとしています。旬の時期に収穫した希少な新栗のみ使用した一品です。

本田:新栗って言われても、どんな味わいなのか想像できませんね。

里井:百聞は一見に如かずということで、早速いただきましょう。せっかくなので、私なりの最高のモンブランの食べ方で食べていただきたいです。

大久保:お断りします。

本田:そんなこと言わずに聞きましょうよ(笑)。

里井:そうですよ(笑)!では、まずは形を愛でてください。

大久保:キレイですもんね。トランプ大統領の後頭部みたいになってますもん。

本田:確かにそういう風に見えてきちゃったよ…(笑)。

里井:次に香りを楽しんでください。

大久保:あ!なんか生の栗の匂いがするかも。

里井:形を愛でて香りを楽しんだら、さあ入刀しましょう。美しい断面を見るためにスパーッと。

大久保:うわぁ、キレイ!たっぷりの生クリームが!(一口食べて)あー、びっクリ!!生クリームと栗のクリームがちょうどいい塩梅なの。

里井:そうなんです。栗が多すぎるとモサモサして栗だけの味になってしまうし、逆に生クリームを入れすぎると土台が柔らかくなりすぎて栗の風味も損ねてしまう。この絶妙な配合がこのケーキの素晴らしさ、これが和栗のポテンシャルなんです。

大久保:私も和栗のポテンシャルに気づきましたよ。

里井:そうおっしゃっていただけると思って、実はコチラも用意しました。これを食べずして名古屋の栗は語れないというのは、伏見駅近くにある和菓子処【むらさきや】さんの『栗蒸し羊羹』(半竿1,700円)です。

<栗マスターの教え>名古屋の名店が作る栗蒸し羊羹を食べるべし!

国産の栗をたっぷり入れ、蒸したあんこに黒蜜・小麦粉などを混ぜた「まつかぜ」と言われるカステラに似たペーストを流し込み、それを再び蒸した、知る人ぞ知る秋の期間限定スイーツです。

大久保:へぇ、面白い!カステラの部分のモチモチ食感が面白いのと、口の中の水分がある程度なくなった時点で栗がふわっときますね。

本田:ホントだ。後から栗がきますね。食感が今まで食べたものと違って「面白い」って表現が合いますね。

大久保:これをお土産に持っていったら「センスいいね」って言われそう。

里井:うんうん、会話につながりますよね。

大久保:無言で食べるほどつまらないことはないですからね。人とお喋りしながら食事はしたい…。

本田:それ、普段の大久保さんの願望(笑)?

里井:次にご紹介するのは、栄三越の3階にある【bistrocafe THE FLOWER TABLE】さんです。栗好きならばミシュランシェフ石井さんの栗グルメをぜひ食べていただきたい!ここはミシュラン1つ星の東京にあるフランス料理店【シンシア】の石井シェフが監修したお店なんです。

<栗マスターの教え>ミシュランシェフ監修の珍しい栗グルメを嗜むべし!

栗マスターがおすすめするのは、フランス産の山栗を贅沢に使い、濾して煮詰めた香り高き『山栗のスープ』。

大久保&本田:え?スープ?!

里井:そうなんです。栗を堪能できるスープを一口どうぞ。

大久保:なんだろう…もう例えを知らないけど、美味しい!!

里井:今まで食べてきた和栗とはちょっと違いますよね。そして食べ進めてもらいますと、中からひょっこりと何か出てきませんか?

大久保:これってもしかして、フォア栗?

里井:ハッハッハッハッハッハ(爆笑)。

本田:そんなに面白くないですよ…。

里井:そう、フォアグラです。石井シェフのお料理は常にこういったサプライズがあるんです。

大久保:う~~~んまいです!もう本当に驚いちゃう。驚いて目がクリクリしちゃう。

里井:ハッハッハッハッハッハ(爆笑)。

本田:ホント、いい加減にしてください…。

里井:あ!大久保さん、ちょっと残しておいてくださいね。さらにステップで、パンにつけて食べるとこれがまた美味しいんです。

大久保:合う!いい感じにパンを美味しくさせてる!ホント、びっクリ!栗がこんな形を変えて現れるとは思いませんでした。ポテンシャルめちゃめちゃ高いですね。

里井:こちらでは、まるでアートのような栗パフェも期間限定で提供されています。お買い物ついでに立ち寄ってみてくださいね。

栗マスター里井さんおすすめの“びっクリ”させられる栗グルメは、いずれも期間限定メニューです。旬の味を召し上がってみてはいかがでしょうか?
次回の『教えマスター』もお楽しみに!

その他の「チャント!」の記事

 
 

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE