紀平梨花に続け!『愛知のリカ』…フィギュア手嶋里佳(13) 世代No.1の強さの意外な秘訣
Special
スポーツLIVE High FIVE!!

紀平梨花に続け!『愛知のリカ』…フィギュア手嶋里佳(13) 世代No.1の強さの意外な秘訣

2019.02.27

東海地方で注目のフィギュアスケーターを紹介する「High FIVE!! on ICE」。

愛知県豊田市内にある学校のグラウンドに特製“キスアンドクライ”を立ててお出迎えしたのは…。

手嶋里佳選手:
「浄水中学校の手嶋里佳です。よろしくお願いします!」

すらりと伸びた手足に、大人びた表現力も持ち合わせたフィギュアスケーター手嶋里佳選手。なんと、13歳の中学1年生です。

普段の手嶋選手はどんな子なのか…学校の友人に聞いてみると?

友人:
「元気がある、元気!」

手嶋選手:
「そんなことない!」

別の同級生:
「とにかくうるさいよね」

手嶋選手:
「そんなことないー!!」

と言いつつ、ノリノリでダンスを披露してくれる手嶋選手。そんな彼女の魅力が最も発揮されるのは“氷の上”です。

去年10月、12歳以下の全国大会で見事日本一に!紀平梨花選手に次ぐ「次世代のリカ」として注目されている選手なんです。

果たして、手嶋選手の強さの秘訣は何なのか、密着取材しました。

フィギュアスケーター手嶋里佳選手
フィギュアスケーター手嶋里佳選手

手嶋選手がスケートを始めたのは4歳の時。その場所は父親の転勤先のアメリカでした。

小1で帰国し、本格的に始めた手嶋選手は早くから頭角を現し、全国トップクラスの実力に。そしてついに去年、世代ナンバー1にのぼりつめました。

そんな彼女の強さの秘訣を探るため、練習場で取材をはじめると…早速発見!

Q.足のサイズは何センチなんですか?

手嶋選手:
「めちゃくちゃデカいです。25センチとか」

なんと足のサイズは“25センチ”。身長157センチの身体は、まだまだ伸び盛りです。持ち前の手足の長さを活かした、ダイナミックで優雅な演技は、彼女の武器となっています。

外はすっかり真っ暗に…。そんな中、練習場から出てきた彼女に、この後の予定を聞いてみると…?

手嶋選手:
「今日はこの後いったん家に帰ってご飯食べて、また中京大学で滑ります」

練習が終わったのかと思いきや、それまではあくまで“自主練習”。

平日はほぼ毎日、およそ2時間練習してからリンクを変えて、また2時間。この練習量が彼女の強さを支えていたのです。

フィギュアスケーター手嶋里佳選手
フィギュアスケーター手嶋里佳選手

そして、強さの秘訣は休日にも隠されていました。

手嶋選手の休日の過ごし方…それは料理!休日のリフレッシュにもなっているそうですが、料理をするのにはフィギュアスケーター“ならでは”の理由が。

手嶋選手:
「やっぱり中学生は一気に(体型が)変わっちゃうので気をつけてます。自分で作る料理は野菜を中心にしたりヘルシーなものを自分で作ってお弁当にして持っていったりできるのがいいかなと」

体型キープのため、自分で作った料理で栄養を管理しているんです。13歳とは思えません…と感心しているうちに、手際よく手嶋選手お手製『ドリア』と『かぼちゃのスープ』が完成!

ドリアには、あるこだわりがあるそうで…。

手嶋選手:
「ホワイトソースは山芋と豆腐と牛乳と塩だけで作って、とてもヘルシーなホワイトソースになってます」

ヘルシードリアのお味は?

手嶋選手:
「(食べて…)ホワイトソースがすごくご飯に馴染んでとてもおいしいです。(Q.食べるの好きなんですね)はい(笑)」

フィギュアスケーター手嶋里佳選手
フィギュアスケーター手嶋里佳選手

そんな手嶋選手が2月に迎えたのが全国中学校スケート大会。中学1年生の手嶋選手は今回が初出場ですが…。

手嶋選手:
「“全中”って本当に大きい大会で気合いが入る、頑張ろうって思う大会なので表彰台には絶対のぼりたいと思います。3フリップ−3トウループ(3回転連続ジャンプ)は必ず決めたいです」

年上の選手にも臆せず、高い目標を掲げた手嶋選手。

ショートの演技を終えた時点で、3位との差はわずか0.9点。完璧な演技をすれば、表彰台にぐっと近づきます。

そして迎えたフリー。まずは冒頭の3回転連続ジャンプ…見事に宣言通り成功!

持ち前の長い手足を生かした表現力で、スピンは全てレベル4を獲得。しかし、演技後半のジャンプは回転不足などで減点に…。初出場の全中、結果は6位。

目標の表彰台には立てず、年上の選手との差を痛感する大会となりました。

手嶋選手:
「思っていたよりすごく厳しくて、そんなに甘くないんだなって思いました。ひと味違うスケーターになって来年望みたいです」

フィギュアスケーター手嶋里佳選手
フィギュアスケーター手嶋里佳選手

最後に、手嶋選手にお願いしたのは「message on ICE」!

スケートリンクにドローンを用意。今後の目標をリンクに一文字で書いてもらいます。

手嶋選手が描いたのは……アルファベットの『A』

手嶋選手:
「理由は2つあって、1つは今年『トリプルアクセルを跳ぶ』っていう目標があるのでアクセルのA。もう1つは『Advance』のAです。『進歩』とか『前進』っていう意味で、去年よりももっと進歩できるようにしたいのでAにしました」

と、今年の決意を表現してくれた手嶋選手。何と言ってもまだ13歳の中学1年生、今後の成長が楽しみです。

(2月17日(日)午後1時24分放送 CBCテレビ『スポーツLIVE High FIVE!!』より)

あわせて読む

新着記事