幼稚園教諭、建設塗装業、歯科医…Bリーグに“超異色チーム”参戦!日本人選手全員に『別の仕事』
Special
スポーツLIVE High FIVE!!

幼稚園教諭、建設塗装業、歯科医…Bリーグに“超異色チーム”参戦!日本人選手全員に『別の仕事』

2018.09.19

この秋からバスケットボールのプロリーグ『Bリーグ』の3部に参戦する、岐阜スゥープス!

去年Bリーグ2部で地区優勝を果たした格上相手にプレシーズンマッチで互角の戦いを見せたこのチーム。実は選手にはある“秘密”が…。

選手:
「幼稚園や保育園で体育を教えている、体育の先生をやってます」

別の選手:
「僕は高校の教員です」

さらに別の選手:
「工場で自動車部品を作っています」

プロ契約をしている外国人選手2人を除き、日本人メンバーは全員、別の仕事をしていて、しかもその職業はバラバラ。これまでのBリーグにはなかった“超異色のチーム”なんです!そのため、みなさんスケジュールは超ハード…。

ちなみに、建設塗装業の田中昌寛選手(35)の一日は?

田中選手:
「まず娘を保育所に送ってスタートで(朝7時)、仕事行って営業行って(昼〜夜)、そのあと練習です(夜8時半)。だからご飯を食べて帰ると日付は変わってるんで…」

皆さん、仕事が終わってから1日2時間の練習。Bリーグ参戦に向け、バスケに打ち込んでいます。

杉本憲男選手(33・幼稚園教諭):
「土日休みの職業の人は休みなしですね」

園田大祐選手(30・医薬品の製造):
「やるからにはやっぱり勝ってやろうっていう気持ちはありますし。最初は三重で働いていて、会社を辞めて(チームに)入りました」

田中選手:
「(子どもに)『バスケット行かないで』って言われますね。(Q.揺れる心は?)あります、あります。だからこそ中途半端にできないですよね」

そもそも「スゥープス」は、バスケ好きが集まって2003年に結成されたクラブチーム。

2012年にクラブの全国大会で優勝すると、これまで5度の日本一を達成!すると、メンバーにある思いが芽生えます…。

田中選手:
「高校・大学と真剣にバスケットをやってきて、どうしても自分のバスケット人生をそこ(社会人)で終わりたくなかったという思いが強かったので」

ついに「夢の舞台」Bリーグのコートに立つ時がやってきました。

“Bリーガー”は歯医者さん

チーム結成当時からのメンバー・犬飼啓介選手(35)の一日に密着すると、彼の職業は何と歯医者さん!

犬飼選手:
「(患者に対して…)虫歯ではないので、磨いただけにしておきました」

岐阜市内にある歯科医院で働いていますが、Bリーグ参戦を機に、勤務を週5日から週2日に。さらに…。

犬飼選手:
「(B3の)バスケットボール選手になった時に、『副院長』は辞めさせてもらいました」

何と、副院長を辞任。当然収入も減ったそうです。

この決断に職場の人は…。

犬飼選手の勤務先の院長:
「限られた人しかそこに挑戦できないので、だったら頑張ってやってみなよっていう感じでした」

午後7時までの勤務を終えると、すぐさま着替えて車で練習場所へ。

犬飼選手:
「大変ですね、両立は。(Q.Bリーグ参入でチームをやめた人は?)『僕、抜けたいです』という選手はいなかったですね。一人も。みんなバスケ好きなんじゃないんですかね。根っから(笑) 私は、根本にある気持ちは高校の時から変わってないと思いますね。競技に対する気持ちも、夢を諦めたくないという気持ちも。ただ一人ではできないので、同じ志を持った仲間と出会ったことが一番大きいんじゃないですかね」

そう言って、この日もコートの上で練習に励んだ犬飼選手。練習後、この後の予定を聞いてみると…?

犬飼選手:
「洗濯です(笑)帰って洗濯して干しますよ。明日の仕事の準備もして…」

Bリーグ3部 岐阜スゥープス
Bリーグ3部 岐阜スゥープス

“初陣”見た男性「ファンになりました」

8月13日。この日は昨季のB2リーグ中地区王者「名古屋ファイティングイーグルス」とのプレシーズンマッチ。

Bリーグチームとして“初陣”となるこの試合には、なんと1600人もの観客が詰めかけました。

格上相手との戦いを前に、入念に戦術を確認。

犬飼選手:
「全員が経験したことのない(会場の)音とか人の数も、全てが新しい事なので。(全力を)出すだけです、あとは」

そして迎えたティップオフ。いよいよ、岐阜スゥープスの挑戦が始まりました。

先制点をあげたのは、建設塗装会社に勤める田中選手。相手選手のディフェンスをかわし、見事なジャンプシュートを決めます。

昨季のB2リーグ地区王者を相手に互角の戦いを繰り広げ、前半を26対29の僅か3点ビハインドで折り返します。しかし、続く第3クオーター。Bリーグのレベルの高さを見せつけられ、残り3分で28対38と引き離されると、ここで歯科医師の犬飼選手がコートに。

すると犬飼選手は、ドリブルで切り込んできた相手選手のレイアップシュートを、ゴール下でブロック!気迫あふれるプレーでチームを盛り上げると、第4クオーター残り6分、42対41と逆転に成功します。

しかし、相手は去年のB2地区王者。残り20秒で再逆転を許し、結局50対52で試合終了。岐阜スゥープスは、敗れはしたものの、シーズンにつながる好ゲームを見せてくれました。

試合を見に来た女性:
「いい試合でした。最後まで『勝つかな』ってワクワクしました」

同・男性:
「今日初めてスゥープスの試合を生で見たんですけど、ファンになってしまいました」

B3リーグが開幕するのは9月29日。岐阜スゥープスの闘いに注目です!

(9月16日(日)午後1時24分放送 CBCテレビ『スポーツLIVE High FIVE!!』より)

Bリーグ3部 岐阜スゥープス
Bリーグ3部 岐阜スゥープス

あわせて読む

新着記事