新人アナが、三重県松阪市で地元に愛される人気メニューを全力で紹介!

新人アナが、三重県松阪市で地元に愛される人気メニューを全力で紹介!

その町以外ではあまり知られていないけど・・地元の人はみんな知っている!
その町で生まれ、町に根づく愛されフード。CBC新人アナウンサー・神戸生まれ、東京育ち東海地方初心者の松本アナが調査していきます。
今回は、三重県松阪市。松阪グルメといえば天下の松阪牛や、ご当地グルメのとり焼肉などが有名ですが、ほぼ松阪市だけ愛されフード『不二屋のやきそば』とは?

町の人に聞いた情報では・・あんかけの、かたやきそばのようですが松阪の皆さんにとって、慣れ親しんだ愛されフードということは間違いないようです。
創業以来90年以上つづく老舗・『中華そばの不二屋』中華そばの店で、人気の『やきそば』とは?こんもり高さのある揚げ麺に、たっぷりの野菜あん、ボリュームある一皿です。
このやきそばのためだけに作る、専用の自家製麺をラードで揚げて、独特のサクサク食感に仕上げます。そしてたっぷりの野菜と豚肉を、カツオ節、サバ節、ママカリなどをブレンドした創業以来変わらぬ和風だしで煮込み、カタクリでしっかりとしたとろみをつけた餡。これを揚げた麺にのせれば、松阪市民がこよなく愛する不二屋のやきそばの完成。

CBCテレビ『チャント!』いただきます!ほぼ地元だけ 愛されFOOD

昭和4年にうどん店として創業した不二屋。研究熱心だった初代は時間があれば
食べ歩きに出かけ、新しいメニューを考えていたそう。そして昭和30年頃、
当時松阪にはなかった中華そばをはじめて売り出すと大人気に!
さらに、皿うどんのような新しい麺の食べ方をと、試作を繰り返し開発したのが不二屋流の『やきそば』。60年以上、変わらぬ味で町に根づき、まさに『松阪の味』となっています。

CBCテレビ『チャント!』いただきます!ほぼ地元だけ 愛されFOOD

三重県松阪市、もうひとつの愛されFOODは「老伴」。
「普通に読めば“ろうはん”ですが・・」松阪の皆さんは全員読み方を知っていました!その名は『おいのとも』。松阪で昔から愛される和菓子のようです。
松阪牛で有名な和田金のとなりにある『柳屋奉善(やなぎやほうぜん)』。

創業は天正3年ということですが、漢詩からとった2文字で長く連れ添った伴侶という意味。それにしても400年以上の歴史とは。今の店主で17代目だそう。
柳屋奉善は戦国時代、信長が安土城を築く1年前に
滋賀県の日野町で創業。 
おいのともは創業と同時にできたお菓子と伝えられています。

CBCテレビ『チャント!』いただきます!ほぼ地元だけ 愛されFOOD

千利休を師と仰ぐ、茶人でもあった蒲生氏郷。当時、織田信長を茶会に招待し
誰も見たことがないような茶菓子でもてなしたいと考えます。
さらに派手好きな信長にあわせて、白あんを紅花で染めて、赤色のようかんに仕上げ、
天下人を表す、日の丸をかたどったのでは・・と伝えられています。

信長亡き後、氏郷とともに、松阪の地に移った柳屋奉善。
後に、お伊勢参りの土産として『老伴(おいのとも)』は人気を博し、
明治時代には皇室に献上されるほどの銘菓となりました。

1月14日(金)CBCテレビ「チャント!」より

その他の「チャント!」の記事

 
 

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE