CBC | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る

私花。てれび!私の愛した花の名は。

10月10日(土)深夜2時13分~ 毎週土曜 全10回

こらむ!

2020.10.09 (金)

キャラをリアルの姿で演じる声優としての新しい形〜出演者に聞く(後編)

人気アニメから飛び出した声優ユニットによるリアルバンドは近年よく見られますが、今回は4コマ漫画及びボイスドラマをきっかけに結成された5人組の声優ガールズバンド「PsȳChē(プシュケ)」が、アニメを飛び超えて いきなりテレビ番組によるトークバラエティに登場することに。
10月10日(土)の放送に先立ち、テレビ番組「私花。てれび!」収録現場にお邪魔して、ガールズバンド「PsȳChē(プシュケ)」の皆さんにお話を伺いました。

MoeMi 大空 蘭役 ボーカル作詞作曲担当

──キャラクターの紹介とどのような女の子か教えてください

蘭ちゃんは、「世界の何処かにいる母親に自分の音楽を届けたい」という気持ちからバンドをスタート。それをきっかけに集まったバンド仲間との絆や家族との絆を深めていきます。
性格はまっすぐで一生懸命。困っている人を見過ごせない一面があります。素敵だなと思いますし、大好きなキャラクターです。

私も、ちょっとカッコつけたがりのところがあって、困っている人を見過ごせないんです。
昔、駅で泣いている女性がいた時、〈自分に何かできないかな〉と思ったのですが、急に知らない人に話しかけられても怖いだろうと思い、考えに考えた結果、レモンティーを買ってそっと渡したことがあります。あまり怖がらせても悪いので「よかったら飲んでください、じゃあ」と言ってピュウッと去りました(笑)
そういうところがちょっと似ているかなと思います。

──意気込みを聞かせてください

「私花。てれび!」の企画は、まだ始まったばかりなのですが、より多くの方に作品やバンドの魅力をお届けできるようにしたいです。誰かに寄り添えるようなバンドになっていきたいなと思います。

──メンバーでやってみたいことはありますか

皆で協力するボードゲームをやってみたいんです。今回の撮影にあるゲームのような、「誰かが勝つゲーム」も熱くなりますが、「自分たちが協力して一つのものを作り上げていくゲーム」をメンバーでわちゃわちゃやりたいですね!

大森日雅 星野百合役 キーボード担当

──キャラクターの紹介とどのような女の子か教えてください

百合は、昔、交通事故で姉を失った過去があります。それ以来「人の命はいつ終わるかわからない、思いは迷わず伝えていきたい」と考えるようになりました。そのせいか、メンバーの中ではムードメーカーで、なんでもよく喋るし、すべての出来事が百合から発信されている感じです。それを皆が「いいね」と賛同してくれて物事がはじまります。そもそも最初に「バンド組もうよ」と蘭を誘ったのも百合です。
性格的に無邪気で正直、そこにいるだけで場が明るくなるような女の子です。
百合と私の共通点は…ないですね(笑)私は静かでおとなしい方なので、百合みたいな元気いっぱいな女の子って逆に憧れます。

──意気込みを聞かせてください

今日の収録なのですが、制服を着て若狭先生(CBCアナウンサー)がいて、なんだか自分の高校時代を思い出すような教室でした。メンバーで和気あいあいとしている風景を見れるのはこの「私花。てれび!」だけです。企画を通して、様々なプシュケの魅力を知ってもらえる番組だと思いますので、ぜひ観ていただきたいです。
ひと言でいうなら、このプロジェクトは「癒し」だと思います!皆さんに番組を通して癒しをお届けしたいです。

──実は○○なんですと言うような内緒の話はありますか

私は少々根が暗いところがあります。
「私花。」の百合は私がテンションMAXにしている状態で、とにかく5人の中で一番うるさくしています。けど、百合を演じた日の夜は反動がでてしまい、家でテレビを観ても何も話さず、ただ静かにぼーっとしているという現象になります(笑)

若林倫香 石屋杏役  ベース担当

──キャラクターの紹介とどのような女の子か教えてください

杏は父子家庭です。幼い頃から転校の多い環境で育ってきたせいで、積極的に友達を作ることができませんでしたが、蘭たちと出会い、だんだん心を開いて明るくなっていきます。
杏はお父さんが大好きなんです。私もお父さんが大好きなので、共通点であり親近感を感じました。私は杏ほど人見知りではないけど、人と話すときは緊張するし、友達を作るのはすごく難しいと思うので、その悩みとかに共感することもあります。役としては演じやすいと思います。

──意気込みを聞かせてください

私たちメンバーはスタートしたばかりで、お互いのことを知りたいし知ってほしいです。同じく、世の中の人にも私たちを知ってもらいたい。「私花。」と「PsȳChē(プシュケ)」の世界を好きになってくれる人がもっとたくさん増えたらいいなと思います。
皆さん、私たちを知ってください!

──事前のインタビューにゆで卵のお話があったのですが

ゆで卵に名前を付ける癖があります。本当は動物を飼って名前で呼びたいのですが1人暮らしではムリなので、(私からみると)少し生き物っぽさがある、大好きなゆで卵をたくさんゆでで「ころりん」「しらたま三世」など名前をつけ、一日一個食べています。

宍戸智恵 白鳥つくし役 ドラム担当

──キャラクターの紹介とどのような女の子か教えてください

つくしは、世界的な企業の社長令嬢です。幼い頃、よく遊んでもらった大好きなドラマーの叔父を亡くしてしまいます。それが理由で両親には秘密でバンド活動を始めました。
性格は、メンバーの中では唯一クールな子です。他のメンバーは、ふわふわっとした女の子らしい子が多い中、つくしはツッコミ役&まとめ役的な存在です。でも実はみんなのことが大好きで、とても優しい子です。
つくしとの共通点は、私と正反対のところも多いのですが、みんなのことが大好きだけど、ツンデレなところは似ているかもしれません。

──意気込みを聞かせてください

メンバーが皆、人見知りな部分があって、距離が縮まるのに時間がかかっていました。この「私花。てれび!」を通して、5人がどんどん仲良くなっていく様子を皆さんにお届けしたいと思います。

──意外な一面があれば教えてください

たくさんご飯を食べるのが特技。朝からカレー三杯でも食べちゃいます(笑)とくにお寿司が大好きで、好きなネタランキングは…(1)サーモン(2)中トロ(3)えんがわ。今までの食べたMAX量は、50貫です!

鳥部万里子 二階堂アヤメ役 ヴァイオリン担当

──キャラクターの紹介とどのような女の子か教えてください

アヤメは帰国子女です。昔お金持ちの家で育っていましたが、祖父の会社が倒産してしまい、今は貧乏暮らしです。
性格は明るくて前向きです。家の問題やつらい過去があっても弱さを見せず、ハッピーオーラを振りまきます。
私との共通点は全然なくて、真逆といってもいいくらいです(笑)。なので演じる時も、自分自身が前向きに考えられなくても「アヤメだったらこういうふうに考えるかな」と、役に引っ張ってもらっているところがあります。

──意気込みを聞かせてください

今までライブとかラジオの活動はあったのですが、5人そろって映像に出演するのは初めてなので5人とも楽しく盛り上がって撮影していました。皆さんに音楽やストーリーも楽しんでいただきたいのですが、私たちの日常的なところやお互いで楽しんでいるところなど、観ていただけたら嬉しいです。
私たちの学校生活を楽しんでください!

──「頑張ったぁ」と言う思い出はありますか

ヴァイオリンは小学生5年生からの遅めのスタートでした。周りは3歳位からやっている子が多く、いつも落ちこぼれでしたが、なんとかここまで来ました。
大学時代にミスコンテストがあり、ソロで「情熱大陸」を弾くことに。その時の緊張感が忘れられません!いま緊張に負けずに演奏できているのはそのおかげだと思います。

前編「キャラをリアルの姿で演じる声優としての新しい形〜出演者に聞く」を読む

こらむ!トップへ

pageup