CBC | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

  • YouTube[CBC公式チャンネル]

2020年のプログラム

531

世界最強のソリスト集団
ベルリン・フィル、選ばれし8人の名手たち
ベルリン・フィル八重奏団
開場 12:45/開演 13:30
 愛知県芸術劇場コンサートホール
ベルリン・フィル八重奏団
日本人コンサートマスターとして今をときめく樫本大進をはじめ、世界の頂点を極めるベルリン・フィルから選ばれた奏者が集結。1928年にシューベルトの八重奏曲を演奏するために結成された歴史を持つ、この八重奏団伝統の十八番の曲と、日本初演曲も披露。”小さなベルリン・フィル”による室内楽の醍醐味が満喫できます。
第1ヴァイオリン
樫本大進
第2ヴァイオリン
ロマーノ・トマシー二
ヴィオラ
アミハイ・グロス
チェロ
クリストフ・イゲルブリンク
コントラバス
エスコ・ライネ
クラリネット
ヴェンツェル・フックス
ホルン
シュテファン・ドール
ファゴット
モル・ビロン

プログラム

  • フーゴ・カウン:八重奏曲 ヘ長調 Op.34
  • 細川俊夫:八重奏曲(委嘱新作)
  • シューベルト:八重奏曲 ヘ長調 D.803

公演日

2020年5月31日(日)
【開場】12:45【開演】13:30

会場

愛知県芸術劇場コンサートホール
アクセス方法はこちら

料金

S
¥9,000
A
¥8,000
B
¥7,000
C
¥6,000
D
¥5,000
U25
¥3,000(アイ・チケット(電話)のみ取扱い。25歳以下で、来場時に年齢確認あり)
(Pコード: 164-711 / Lコード: 45935
  • ※車椅子席(S席)はアイ・チケット(電話)での取扱いとなります。
  • ※やむを得ない事情でプログラム内容、出演者など変更になる場合がございますのでご了承ください。それにともなうチケットの払い戻しはいたしません。

チケット購入はこちらから

  • アイ・チケット
  • チケットぴあ
  • e+(イープラス)
●CBC ラヴァースショップ
052-242-1181
●アイ・チケット
0570-00-5310
clanago.com/i-ticket
●チケットぴあ
0570-02-9999 + Pコード
●ローソンチケット
0570-084-004 + Lコード
0570-000-407 ※オペレーター対応
●e+(イープラス)
eplus.jp
●芸文プレイガイド
052-972-0430
●栄プレチケ92
052-953-0777
●名鉄ホール チケットセンター
052-561-7755

SPECIAL MOVIE

樫本大進からのコメント

SPECIAL INTERVIEW

ベルリン・フィル八重奏団 旬のメンバーが贈る最高峰のエッセンス
(樫本大進&エスコ・ライネ特別インタビュー)

―ベルリン・フィル八重奏団は、同楽団の室内アンサンブルの中で最も長い歴史を持つグループ。2013年にはメンバーの半数が交代し、コンサートマスターの樫本大進も加わった。そこで今回、まずは彼に同グループの特徴を聞いた。

樫本「ベルリン・フィルの良さを出す、その小バージョンという感覚です。ただし、オーケストラは指揮者が方向性を決めますが、八重奏団は各々が指揮者の役割を担っていますので、話し合いながらまとめる作業が生じます。とはいえ全員同じオケで演奏していますから、共通のベースの上で新しいアイディアを探ることができる。そこがとても面白いですね」

―もう1人話を聞いたのが首席コントラバス奏者のエスコ・ライネ。1998年から参加している彼は、「現在のグループは前よりずっと良い」と断言する。

ライネ「1人の時にこうと決めても、皆が集まると全く新しいアイディアが出てくるので、常に新鮮な状態を保つことができます。特に今のメンバーは常に向上心を持っていますし、多様性に富んでいて何が起きるか分からない。出てくるものが毎回違うので楽しいですね」

―同グループのトレードマークであり、今年の日本ツアーでも演奏されるのがシューベルトの八重奏曲。現メンバーも2017年に録音し、ステージともども濃密な名演を展開している。

樫本「グループのDNAにある曲ですが、メンバーの個性が反映されますので、今は我々独自のものができていると思います。作品自体は、各楽器の魅力を引き出していて、1人1人が輝ける場所が確実にある曲ですね」

ライネ「スケールが大きく、各楽章の性格が全く違う作品。この曲も今のメンバーになってどんどん良くなっています。昔はffが多かったのですが、今はppを大切にしていますし、現メンバーはチャレンジングなので、弾き終わってすぐにまたやりたいという気持ちになります」

―今ツアーは、細川俊夫の委嘱新作も目玉の1つ。さらには後期ロマン派の作曲家フーゴ・カウンの八重奏曲というレア作品も披露される。

樫本「細川さんの音楽はカラフルで柔らかく、フランス的な面も和のテイストもあって、色々なイメージができます。ベルリン・フィルと親しい作曲家で、メンバーのこともよくご存知なので、皆の長所を引き出すような曲を書いてくれるのではないかと、すごく期待しています。フーゴ・カウンの作品は、僕が発見してすごい曲だと思いました。ロマンティックで素敵な単一楽章作品で、ベルリンの作曲家という繋がりもあります」

―今ツアーの演目は全て八重奏曲。これは同グループの活動歴が20年を超えるライネも「初めて」とのこと。樫本も「せっかくの八重奏団なので八重奏曲だけのプログラムをずっとやりたかった。それがようやく実現できます」と語る念願の公演だ。
 両者共に「仲の良いメンバーが楽しんでいるのが音楽に表れ、それが聴衆にも伝わると思います」と語る本公演。愉悦感に溢れた最高級の演奏をぜひ体感したい。

Interview&Text  柴田克彦(音楽ライター)

その他の公演

320

金・祝

チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ

指揮:ウラディーミル・フェドセーエフ

425

サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団

指揮:ユーリ・テミルカーノフ
ヴァイオリン:庄司紗矢香

523

チョ・ソンジン
ピアノ・リサイタル

529

フィンランド放送交響楽団

指揮:ハンヌ・リントゥ
ヴァイオリン:五嶋 龍

531

ベルリン・フィル八重奏団

第1ヴァイオリン:樫本大進
第2ヴァイオリン:ロマーノ・トマシーニ
ヴィオラ:アミハイ・グロス
チェロ:クリストフ・イゲルブリンク
コントラバス:エスコ・ライネ
クラリネット:ヴェンツェル・フックス
ホルン:シュテファン・ドール
ファゴット:モル・ビロン

67

名古屋国際音楽祭ガラ・コンサート~華麗なる2台ピアノ協奏曲~

ピアノ:仲道郁代、仲道祐子
指揮:川瀬賢太郎
管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団

625

パレルモ・マッシモ劇場
ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」
(原語上演・日本語字幕付)

ナブッコ:アルベルト・ガザーレ
アビガイッレ:マリア・グレギーナ
ザッカリア:ルカ・ティットート
フェネーナ:ヴェッセリーナ・カサロヴァ
イズマエーレ:ルーベンス・ペリッツァーリ
指揮:アンドレア・バッティストーニ