CBC | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

  • YouTube[CBC公式チャンネル]

2020年のプログラム

529

フィンランドの名門オケと五嶋龍による、オール・シベリウス・プログラム
フィンランド放送交響楽団
指揮:ハンヌ・リントゥ/ヴァイオリン:五嶋 龍
開場 18:00/開演 18:45
 愛知県芸術劇場コンサートホール
フィンランド放送交響楽団
フィンランドを代表するオーケストラ。パーヴォ・ベルグルンド、オッコ・カム、サカリ・オラモら、フィンランド出身の世界的マエストロたちが首席指揮者を務めてきた。2013年からはハンヌ・リントゥが就任し、脈々と続くシベリウス演奏の伝統を受け継ぎつつ、新たな視点も加え、高い評価を得ている。彼らのシベリウスを存分に堪能できるオール・シベリウス・プログラム。
ソリストに迎えるのは、人気の世界的ヴァイオリニスト、五嶋龍。
指揮
ハンヌ・リントゥ
ヴァイオリン
五嶋 龍

プログラム

  • シベリウス:交響詩「エン・サガ」
  • シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
  • シベリウス:交響曲 第5番 変ホ長調

公演日

2020年5月29日(金)
【開場】18:00【開演】18:45

会場

愛知県芸術劇場コンサートホール
アクセス方法はこちら

料金

S
¥17,000
A
¥14,000
B
¥12,000
C
¥10,000
D
¥8,000
U25
¥3,000(アイ・チケット(電話)のみ取扱い。25歳以下で、来場時に年齢確認あり)
(Pコード: 164-710 / Lコード: 45934
  • ※車椅子席(S席)はアイ・チケット(電話)での取扱いとなります。
  • ※やむを得ない事情でプログラム内容、出演者など変更になる場合がございますのでご了承ください。それにともなうチケットの払い戻しはいたしません。

チケット購入はこちらから

  • アイ・チケット
  • チケットぴあ
  • e+(イープラス)
●CBC ラヴァースショップ
052-242-1181
●アイ・チケット
0570-00-5310
clanago.com/i-ticket
●チケットぴあ
0570-02-9999 + Pコード
●ローソンチケット
0570-084-004 + Lコード
0570-000-407 ※オペレーター対応
●e+(イープラス)
eplus.jp
●芸文プレイガイド
052-972-0430
●栄プレチケ92
052-953-0777
●名鉄ホール チケットセンター
052-561-7755

SPECIAL MOVIE

ヴァイオリニスト・五嶋龍からのコメント

SPECIAL INTERVIEW

フィンランド放送交響楽団&五嶋 龍
2020年来日公演に向けて

フィンランドを代表する作曲家シベリウスは若い頃ヴァイオリニストを目指していた。あがり症が原因でヴァイオリニストになるのを諦めたという説もあるが、ヴァイオリンという楽器への想いは強かったはず。それを教えてくれる作品がヴァイオリン協奏曲である。現在では様々な国で、様々なヴァイオリニストが取り上げる傑作として知られるようになったが、今回はフィンランドの指揮者とオーケストラ、そしてニューヨークを拠点に活動する世界的ヴァイオリニストである五嶋龍が、シベリウスの世界を作り出す。

五嶋「この作品の第1楽章冒頭の部分は、ヴァイオリンが単音で登場します。最初のシーンのイメージについては『北の空を舞う鷲のように』と作曲者が語ったとされ、その時々のソリストが独自の話法で語る部分であります。あくまでも僕の場合は、孤独な感覚、冬の林の中で獲物を待つスナイパーのような印象を持っています。第2楽章では多少温かさが感じられますが、第3楽章は、チェロとコントラバスのリズムは活気あるものの、やはりオーケストラの音質とか和声感とかから<冷たい空気感から逃れられない>のです。そうした自分の想いを作曲家にオープンに質問し、対話しながら演奏をすると思います。」

と語る五嶋。2004年にフィンランドを訪ねたことはあるが、現地のオーケストラと共演するのは初めてだと言う。

五嶋「フィンランドというと、世界で活躍する前衛的な作曲家が多く生まれた国であり、おのずとオーケストラもそうした現代曲に触れる機会が多いと想像しています。そこでどんなコラボレーションが生まれて来るのか、期待しています。一見、シベリウスのヴァイオリン協奏曲ではオーケストラが音楽の下地を作って、ソリストがその上に独自の色彩なり形態を描いているように見えて実は、特にオーケストラの役割が重要な意味を持っているのです。フィンランド放送交響楽団は、濃厚且つ冷淡、希望を、シンフォニック的な厚みのある音楽で、フィンランドの冬から春の幕開け迄の景色を繰り広げてくれるに違いありません。」

日本で実現する五嶋とリントゥ&フィンランド放送響の共演は聴き逃せないコンサートとなるだろう。

Interview&Text  片桐卓也(音楽ジャーナリスト)

その他の公演

320

金・祝

チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ

指揮:ウラディーミル・フェドセーエフ

425

サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団

指揮:ユーリ・テミルカーノフ
ヴァイオリン:庄司紗矢香

523

チョ・ソンジン
ピアノ・リサイタル

529

フィンランド放送交響楽団

指揮:ハンヌ・リントゥ
ヴァイオリン:五嶋 龍

531

ベルリン・フィル八重奏団

第1ヴァイオリン:樫本大進
第2ヴァイオリン:ロマーノ・トマシーニ
ヴィオラ:アミハイ・グロス
チェロ:クリストフ・イゲルブリンク
コントラバス:エスコ・ライネ
クラリネット:ヴェンツェル・フックス
ホルン:シュテファン・ドール
ファゴット:モル・ビロン

67

名古屋国際音楽祭ガラ・コンサート~華麗なる2台ピアノ協奏曲~

ピアノ:仲道郁代、仲道祐子
指揮:川瀬賢太郎
管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団

625

パレルモ・マッシモ劇場
ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」
(原語上演・日本語字幕付)

ナブッコ:アルベルト・ガザーレ
アビガイッレ:マリア・グレギーナ
ザッカリア:ルカ・ティットート
フェネーナ:ヴェッセリーナ・カサロヴァ
イズマエーレ:ルーベンス・ペリッツァーリ
指揮:アンドレア・バッティストーニ