中日クラウンズの歴史

我慢比べを制した宮瀬が
悲願の王冠奪取

2007
第48回大会
宮瀬博文
宮瀬博文
Hirofumi Miyase

大会概要

主催 中部日本放送 中日新聞社
主管 日本ゴルフツアー機構
協賛 トヨタ自動車株式会社
後援 名古屋ゴルフ倶楽部 中部ゴルフ連盟 日本ゴルフ協会 日本ゴルフトーナメント振興協会 愛知県 岐阜県 三重県 名古屋市
会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,514Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥120,000,000
優勝賞金 ¥24,000,000
トヨタ賞〔優勝副賞〕 クラウンマジェスタ
トヨタホールインワン賞 13番ホール・プリウス
17番ホール・ブレイド
但し、アマチュアの場合は、記念品。
期日 4月26日~29日
カット 8オーバー148までのプロ62名
出場者数 108名(アマ6名)

大会スコア

1位 宮瀬 博文 67-70-70-71=278 ¥24,000,000-
プレーオフ
2位 谷口 徹 68-68-75-67=278 ¥12,000,000-
3位 小田 孔明 69-70-74-67=280 ¥8,160,000-
4位 深堀圭一郎 67-71-69-74=281 ¥5,760,000-
5位 上田 諭尉 73-66-76-67=282 ¥4,360,000-
5位 David Smail 70-71-71-70=282 ¥4,360,000-
5位 広田 悟 68-73-71-70=282 ¥4,360,000-
8位 矢野 東 73-72-70-68=283 ¥3,660,000-
9位 近藤 智弘 75-69-73-67=284 ¥3,144,000-
9位 Prayad Marksaeng 72-71-72-69=284 ¥3,144,000-
9位 Scott Laycock 74-70-69-71=284 ¥3,144,000-
12位 片山 晋呉 72-71-72-70=285 ¥2,544,000-
12位 Paul Casey 73-72-69-71=285 ¥2,544,000-
14位 S・ K・ Ho 72-70-77-67=286 ¥1,888,000-
14位 溝口 英二 70-76-70-70=286 ¥1,888,000-
14位 立山 光広 73-69-72-72=286 ¥1,888,000-
14位 Brendan Jones 72-72-70-72=286 ¥1,888,000-
14位 藤田 寛之 69-70-73-74=286 ¥1,888,000-
14位 高山 忠洋 71-70-70-75=286 ¥1,888,000-
20位 Paul Sheehan 71-71-76-69=287 ¥1,368,000-
20位 尾崎 健夫 72-72-70-73=287 ¥1,368,000-
20位 宮本 勝昌 74-69-71-73=287 ¥1,368,000-
20位 白 佳和 72-72-70-73=287 ¥1,368,000-
  • ベストアマ 該当者なし

1R

ハワイの怪童タッド・フジカワ、英国のカリスマP・ケーシー、さらに13年ぶりにG・ホルバーグが出場して話題となった第48回大会。グリーンを2000年までの位置に戻して、そのゲーム展開が注目された。強風が吹き荒れた初日、和合は最高難度で選手を苦しめる。そんな中、出入りの激しいゴルフで67をマークした深堀圭一郎と、3バーディ、ノーボギーの堅実なゴルフを披露した宮瀬博文が並んでトップに立った。連覇を目指す片山晋呉は2オーバー20位タイ。

2R

2R

2日目トップの谷口徹

この日首位に立ったのは谷口徹。10番から3連続バーディを奪うなど、68をマーク。通算4アンダーでトーナメントリーダーとなった。首位タイでスタートした宮瀬は硬いグリーンに苦しみながらも我慢のゴルフでしぶとく粘った。この日のスコアとしては上出来のパープレーで2位。深堀はスコアを1つ落とし3位につけた。フジカワは風に苦しみ、この日もスコアを4つ落とし、予選落ちした。

3R

雷の接近による約50分の中断と通り雨が降った3日目。依然としてスコアを伸ばせない我慢のゴルフが続く中、初日首位にいた宮瀬が18ホールオールパーの安定したゴルフで首位に浮上。一方、初日ともに首位に立っていた深堀もスコアを伸ばし、トップの座に返り咲いた。首位スタートの谷口はこの日不調で5つスコアを落とし、通算1オーバーの3位タイに後退した。

4R

4R

3日目首位に返り咲いた深堀

アンダーパーが僅か2人という最終日、谷口が猛チャージをかける。2、3番で連続バーディを奪うなど、アウトで4つスコアを縮めて首位と並ぶ。首位でスタートした宮瀬と深堀はスコアをなかなか伸ばすことができず、ひたすら忍耐が続いた。ところが、インに入って深堀が15、16で連続ボギーを叩き脱落。結局、宮瀬と谷口が通算2アンダーで並びのプレーオフとなった。その1ホール目、宮瀬が1パットのパーをセーブして、3パットの谷口を振り切り、念願の王冠を獲得した。