中日クラウンズの歴史

3日目に爆発した片山晋呉、
貫禄の逃げ切りで2度目の優勝

2006
第47回大会
片山晋呉
片山晋呉
Shingo Katayama

大会概要

主催 中部日本放送 中日新聞社
主管 日本ゴルフツアー機構
協賛 トヨタ自動車株式会社
後援 名古屋ゴルフ倶楽部 中部ゴルフ連盟 日本ゴルフ協会 日本ゴルフトーナメント振興協会 愛知県 岐阜県 三重県 名古屋市
会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,547Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥120,000,000
優勝賞金 ¥24,000,000
トヨタ賞〔優勝副賞〕 クラウン
トヨタホールインワン賞 13番ホール・ハリアーハイブリッド
17番ホール・カムリ
但し、アマチュアの場合は、記念品。
期日 4月27日~30日
カット 2オーバー142までのプロ62名
出場者数 108名(アマ3名)

大会スコア

1位 片山 晋呉 63-67-62-70=262 ¥24,000,000-
2位 川原 希 67-63-67-67=264 ¥12,000,000-
3位 川岸 良兼 70-69-67-63=269 ¥8,160,000-
4位 Y・ E・ Yang 69-73-63-65=270 ¥4,710,000-
4位 Nick Dougherty 68-69-65-68=270 ¥4,710,000-
4位 S・ K・ Ho 69-67-66-68=270 ¥4,710,000-
4位 Prayad Marksaeng 70-67-64-69=270 ¥4,710,000-
8位 近藤 智弘 67-70-68-66=271 ¥3,522,000-
8位 手嶋 多一 71-66-66-68=271 ¥3,522,000-
10位 谷口 徹 69-67-69-67=272 ¥3,024,000-
10位 Jeev Milkha Singh 64-69-69-70=272 ¥3,024,000-
12位 深堀圭一郎 72-68-66-67=273 ¥2,424,000-
12位 Steven Conran 71-71-63-68=273 ¥2,424,000-
12位 田島 創志 62-69-72-70=273 ¥2,424,000-
15位 真板 潔 67-72-69-66=274 ¥1,944,000-
15位 白 佳和 69-69-69-67=274 ¥1,944,000-
15位 林 根基 69-69-69-67=274 ¥1,944,000-
18位 Thaworn Wiratchant 71-70-67-67=275 ¥1,512,000-
18位 星野 英正 70-72-66-67=275 ¥1,512,000-
18位 伊澤 利光 67-70-70-68=275 ¥1,512,000-
18位 小山内 護 71-70-66-68=275 ¥1,512,000-
18位 菊池 純 69-66-67-73=275 ¥1,512,000-
  • ベストアマ 該当者なし

1R

初日、田島創志が快進撃を見せる。1、2、3番と3連続バーディを奪うと、5、6番でも連続バーディ、9番もバーディを奪い、アウトで29の9ホールレコードタイをマーク。インに入ってもスコアを2つ伸ばし、この日62で首位に立った。1打差の2位に7バーディ、ノーボギーの63と猛攻した片山晋呉がつけた。ジャンボ尾崎は1アンダーの13位タイと、まずまずのスタート。エージシュートに期待がかかった68歳の杉原輝雄は76を叩き99位と出遅れる。

2R

2R

2日目首位に立った川原希

首位の田島は1、2、3番で3連続バーディを奪いこの日も絶好のスタート切ったが、「自分を見失ってしまった」と、その後はボギーが先攻し、結局スコアを1つしか伸ばせず3位に後退。一方、5位タイでスタートした川原希が1イーグル、6バーディ、1ボギーの63と猛チャージをかけ、一気に首位に浮上。片山も3つバーディを奪い、川原と並んで首位をキープした。

3R

この日首位でスタートした片山がバーディラッシュを見せる。スタートホールでバーディを奪うと、勢いは止まらず9バーディ、1ボギーの62という爆発ぶり。54ホールの自己タイ記録通算18アンダーで独走態勢に入った。同じく首位でスタートした川原は、スコアを3つ伸ばし2位、田島は8番でダブルボギーを叩くなど、スコアを2つ落とし、通算7アンダーの8位タイに後退した。

4R

4R

3日目62と爆発した片山

72ホール最小スコア優勝に期待がかか った片山は、この日も1、2 番で連続バーディ の最高のスタート。対する川原は、2 番で痛恨 のダブルボギーを叩き、2 番を終了した時点 で10 打差がつき、片山の一人舞台となった。 だが、インに入って何故かスコアが伸びない。 その間に川原が勢いを盛り返して追撃。結局、最終18番で片山が3ぱっとしたものの、それまでの貯金が利いて2打差の逃げ切り。2年ぶり2度目の栄光を手にしたが、課題の残る優勝になった。