中日クラウンズの歴史

地元愛知の近藤智弘が
プレーオフを制し、悲願の初優勝

2008
第49回大会
近藤智弘
近藤智弘
Tomohiro Kondo

大会概要

主催 中部日本放送 中日新聞社
主管 日本ゴルフツアー機構
協賛 トヨタ自動車株式会社
後援 名古屋ゴルフ倶楽部 中部ゴルフ連盟 日本ゴルフ協会 日本ゴルフトーナメント振興協会 愛知県 岐阜県 三重県 名古屋市
会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,514Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥120,000,000
優勝賞金 ¥24,000,000
トヨタホールインワン賞 13番ホール・17番ホール
但し、アマチュアの場合は、記念品。
期日 5月1日~4日
カット 3オーバー143までのプロ68名とアマ上位1名 計69名
出場者数 108名(アマ4名)

大会スコア

1位 近藤 智弘 72-68-64-67=271 ¥24,000,000-
プレーオフ
2位 藤田 寛之 71-65-68-67=271 ¥12,000,000-
3位 片山 晋呉 70-66-69-67=272 ¥8,160,000-
4位 鈴木 亨 73-65-67-68=273 ¥5,280,000-
4位 川岸 良兼 69-65-68-71=273 ¥5,280,000-
6位 Steven Conran 68-66-72-68=274 ¥4,140,000-
6位 J ・ M ・ Singh 68-67-70-69=274 ¥4,140,000-
8位 原口 鉄也 73-69-67-66=275 ¥3,522,000-
8位 Brendan Jones 70-68-69-68=275 ¥3,522,000-
10位 横尾 要 70-69-69-68=276 ¥3,024,000-
10位 Wen-Chong LIANG 67-68-70-71=276 ¥3,024,000-
12位 宮瀬 博文 73-69-68-67=277 ¥2,115,428-
12位 高橋 竜彦 66-70-72-69=277 ¥2,115,428-
12位 太田 直己 72-67-69-69=277 ¥2,115,428-
12位 David Smail 72-69-67-69=277 ¥2,115,428-
12位 小田 孔明 70-68-69-70=277 ¥2,115,428-
12位 Prayad Marksaeng 68-70-69-70=277 ¥2,115,428-
12位 谷原 秀人 68-68-70-71=277 ¥2,115,428-
19位 宮本 勝昌 76-67-71-64=278 ¥1,512,000-
19位 中嶋 常幸 67-71-70-70=278 ¥1,512,000-
19位 矢野 東 72-65-70-71=278 ¥1,512,000-
  • ベストアマ 花岡和典 286 58位タイ

1R

1R

和合初挑戦となった石川遼

ゴルフ界に彗星のごとく現れた石川遼が初出場し、注目された第49回大会。海外からは、初参戦となる北アイルランドの天才ローリー・マキロイと2年連続の出場となるハワイの怪童タッド・フジカワらが参戦した。初日、トップに立ったのは宮里聖志と高橋竜彦。共に5バーデイ、1ボギーの66をマークし、リーダーズボードのトップに並んだ。1打差の3位タイには、中嶋常幸、S・K・ホら6人がつけ、アンダーパーが続出する混戦模様となった。注目の石川は、15番でスイング中にクラブが枝に当たる不運もあったが、1オーバーの42位タイ。復活が期待されたジャンボ尾崎は4オーバーの82位タイと大きく出遅れた。

2R

2R

首位タイに踊り出たベテラン川岸良兼

和合特有の風がなく、グリーンも止まり、好スコアが続出した大会2日日。この日19位タイスタートのベテラン川岸良兼が爆発する。5バーディ、ノーボギーのほぼ完璧な内容で、65をマーク。通算6アンダーとして、広田悟、スティーブン・コンランと並び首位に立った。一方、首位スタートの宮里と高橋は、共にスコアを伸ばすことができず、通算4アンダー。クラウンズ2勝を挙げる片山晋呉と同じ7位グループに後退した。石川は、14番でOB、15番のセカンドでは、ジカドラでグリーンを狙うものの左の林につかまり、万事休す。難攻不落の和合の洗礼をうけ、初挑戦の予選通過はならなかった。

3R

3R

4番でホールインワンを達成した近藤

大会3日目。この日首位タイでスタートした川岸は、18番でボギーを叩くものの、3バーディ、1ボギーと安定したゴルフを展開。着実にスコアを伸ばして単独首位に躍り出た。しかし、この日の主役は36位タイからスタートした地元愛知県出身の近藤智弘。1、2番で連続バーディを奪って波に乗ると、4番では、自身トーナメントで2度目となるホールインワンを達成。1イーグル、4バーディ、ノーボギーと大爆発し、この日のベストスコアとなる64をマーク。36位から一気に首位と2打差の2位タイに浮上した。一方、虎視眈々と3度目の王冠を狙う片山は、4バーディを奪うも、17番でダブルボギーを叩き、通算5アンダーの5位タイ。最終日の逆転優勝にかけることになった。

4R

4R

プレーオフを制し、初の栄冠を手にした

上位陣が目まぐるしく変わる最終日。最終組で回る近藤は、3日目に続き1、2番でバーディを奪う最高のスタート。一方、首位の川岸は、序盤でスコアを大きく崩し、優勝戦線から脱落した。2位タイでスタートした同組の藤田寛之は、1番でボギーを叩くものの、4番から3連続バーディ、8番でもスコアを伸ばし、トップに躍り出る。また、5位タイでスタートした片山も9番から3連続バーディを奪い追撃態勢に入った。しかし、藤田は12番で、片山は鬼門の14番でボギー。近藤が1打リードして首位をひた走る展開となった。18番最終ホール。ここで藤田はラストチャンスとなるバーディパットを決め、ついに近藤をとらえた。決着はプレーオフヘ。その2ホール目、藤田がバーディパットをショートしたのに対し、近藤は5メートルのパットをねじ込み、会心のガッツポーズ。地元の熱い声援を糧に悲願のクラウンズ初制覇を成し遂げた。