中日クラウンズの歴史

21歳対決を圧勝した英国の天才

2002
第43回大会
ジャスティン・ローズ
ジャスティン・ローズ
Justin Rose

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,580Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥120,000,000
期日 5月2日~5日
カット 3オーバー143までのプロ60名とアマ上位1名 計61名
出場者数 99名(アマ4名)

大会スコア

1位 Justin Rose 64-70-63-69=266 ¥24,000,000-
2位 Prayad Marksaeng 69-66-69-67=271 ¥12,000,000-
3位 Dean Wilson 70-64-69-69=272 ¥8,160,000-
4位 ※宮里 優作 67-68-66-72=273 ¥0-
4位 手嶋 多一 69-71-64-69=273 ¥5,760,000-
6位 Scott Laycock 67-71-68-68=274 ¥4,560,000-
6位 桧垣 繁正 68-69-70-67=274 ¥4,560,000-
8位 桑原 克典 66-69-68-72=275 ¥3,668,000-
8位 鈴木 亨 67-68-72-68=275 ¥3,668,000-
8位 Dinesh Chand 68-70-67-70=275 ¥3,668,000-
11位 片山 晋呉 68-69-72-67=276 ¥2,784,000-
11位 宮瀬 博文 68-70-70-68=276 ¥2,784,000-
11位 林 根基 68-69-69-70=276 ¥2,784,000-
11位 尾崎 直道 67-71-72-66=276 ¥2,784,000-
15位 Todd Hamilton 68-71-72-66=277 ¥2,004,000-
15位 Steven Conran 70-71-67-69=277 ¥2,004,000-
15位 近藤 智弘 70-72-67-68=277 ¥2,004,000-
15位 尾崎 将司 65-72-71-69=277 ¥2,004,000-
19位 今井 克宗 70-70-69-69=278 ¥1,656,000-
19位 横田 真一 67-75-68-68=278 ¥1,656,000-
  • ベストアマ 宮里優作 273 4位タイ

1R

17歳で全英オープン4位に入った“天才ゴルファー”J・ローズの参戦で注目が集まった第43回大会。初日、ローズが8バーディ、2ボギーの64をマークし、堺谷和将と並んで早くもトーナメントリーダーに立った。大会最多の6勝目を目指すジャンボ尾崎は、10番から4連続バーディを奪うなど、首位に1打差の3位と好発進。井戸木鴻樹、白佳和がこれに並んだ。さらに1打差の6位に桑原克典が続き、混戦模様の滑り出しとなった。

2R

2R

ライバル心を燃やしたアマの宮里優作

この日、6アンダー64をマークして一気にスコアを伸ばしてきたのはD・ウィルソン。通算6アンダーとし、ローズと並んで首位に立った。同じ年のローズにライバル心を燃やし「彼には負けたくない」と闘志を燃やしたスーパーアマ宮里優作は68をマーク。初日の7位から一気に首位と1打差の3位に浮上してきた。

3R

雨模様の第3ラウンド。初日から首位を守っているローズがこの日もスコアを伸ばす。1、2番で連続バーディを奪い絶好のスタートを切ると、その後もバーディを量産、7バーディ、ノーボギーの63とし、通算13アンダー。2位と4打差をつける独走態勢に入った。一方、追いかける宮里は、66をマークし、プロを押しのけて単独2位に浮上。最終日、ローズとの“同年齢争い”に注目が集まった。

4R

4R

独走したJ ・ローズ

最終日、初日から首位を守ってきたローズは2番、8番でバーディを奪い早々と独走態勢を築いてしまう。一方、逆転優勝の期待がかかる宮里は、序盤の3番でボギーを叩き、前日までのリズムを掴めない。結局、堅実なプレーで69にスコアをまとめたローズが、通算14アンダーで大会初出場初優勝。21歳9ヵ月で、大会史上最年少優勝記録を20年ぶりに更新した。スコアを伸ばせず4位タイに終わった宮里は「もっとできるはずだし悔しい」とリベンジを誓っていた。