中日クラウンズの歴史

「世界」の貫録を見せつけた
D・クラークが雪辱

2001
第42回大会
ダレン・クラーク
ダレン・クラーク
Darren Clarke

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,511Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥110,000,000
期日 4月26日~29日
カット 3オーバー143までのプロ63名とアマ上位2名 計65名
出場者数 99名(アマ6名)

大会スコア

1位 Darren Clarke 66-67-67-67=267 ¥22,000,000-
2位 深堀圭一郎 69-69-67-66=271 ¥9,240,000-
2位 横田 真一 64-70-68-69=271 ¥9,240,000-
4位 Dean Wilson 62-70-69-71=272 ¥4,840,000-
4位 渡辺 司 69-68-65-70=272 ¥4,840,000-
6位 片山 晋呉 69-68-73-63=273 ¥3,960,000-
7位 鈴木 亨 70-65-71-68=274 ¥3,362,333-
7位 藤田 寛之 65-69-71-69=274 ¥3,362,333-
7位 久保谷健一 72-66-69-67=274 ¥3,362,333-
10位 手嶋 多一 72-68-72-63=275 ¥2,772,000-
10位 David Smail 70-67-68-70=275 ¥2,772,000-
12位 林 根基 71-67-70-68=276 ¥2,222,000-
12位 日下部光隆 66-66-73-71=276 ¥2,222,000-
12位 山本 昭一 72-65-69-70=276 ¥2,222,000-
15位 Frankie Minosa 68-66-75-68=277 ¥1,837,000-
15位 真板 潔 72-67-71-67=277 ¥1,837,000-
17位 桧垣 繁正 69-64-72-73=278 ¥1,523,500-
17位 芹澤 信雄 71-66-70-71=278 ¥1,523,500-
17位 伊澤 利光 72-70-71-65=278 ¥1,523,500-
17位 謝 錦昇 72-70-67-69=278 ¥1,523,500-
  • ベストアマ 宮里優作 279 21位タイ

1R

グリーンの改造でスコアが注目された第42回大会。初日快進撃を見せた横田真一は、キャディーが500円で購入したパターがぴったりとフィット。ロングパットを面白いように決め、8バーディ、2ボギーの64で回り首位と2打差の好スタートを切った。首位は日系2世のD・ウィルソン。8バーディ、ノーボギーの完璧なゴルフでコースレコードとなる62をマークし、8アンダーでトップに立った。前週優勝した片山晋呉は1アンダーの18位タイ。

2R

2R

2イーグルをマークしたA ・スコット

この日注目を集めたのはタイガー・ウッズそっくりのスイングで『ホワイト・タイガー』の異名を持つ弱冠20歳のA・スコット。アグレッシブルなゴルフで2イーグルを奪取。アウトでは大会タイ記録の9ホールベストスコア29をマークするなど、この日64。通算8アンダーとし首位へ浮上、怪物の片鱗を見せつけた。同じく8アンダーでウィルソン、溝口、日下部が並んだ。

3R

前日猛チャージをかけ、首位タイでスタートしたスコットは、この日76とスコアを大きく崩し、優勝戦線から後退。代わって17、18番で連続バーディを奪い、混戦から抜け出したD・クラークが通算10アンダーで単独首位。1打差でウィルソン、2打差の3位にはパットが好調で健闘した横田と、この日ベストスコアの65をマークした渡辺司が続いた。

4R

4R

抜群のショットでD ・クラークが圧勝

首位でスタートしたクラークは13番でこの日4つめのボギーを叩き、渡辺、ウィルソンに並ばれる展開になった。だが、そこから前年欧州ツアー賞金ランク2位の底力を見せる。15、17、18番できっちりバーディを奪い、最終的に2位に4打差をつける圧勝。日本ツアー9戦目にして初の栄冠を手にした。横田は、この日になってパットが不発、通算9アンダーで深堀圭一郎と並んで2位タイ。また、ベストスコア63を叩き出した片山晋呉が通算7アンダーとして前日の26位から6位に急浮上。地力のあるところを見せた。