中日クラウンズの歴史

田中秀道、会心の地元初優勝

2000
第41回大会
田中秀道
田中秀道
Hidemichi Tanaka

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,502Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥110,000,000
期日 4月27日~30日
カット 5オーバー145までのプロ61名とアマ上位2名 計63名
出場者数 99名(アマ5名)

大会スコア

1位 田中 秀道 69-69-67-67=272 ¥22,000,000-
2位 日下部光隆 66-71-68-72=277 ¥11,000,000-
3位 河井 博大 70-70-71-68=279 ¥4,950,000-
3位 宮瀬 博文 64-71-74-70=279 ¥4,950,000-
3位 Lee Westwood 70-70-67-72=279 ¥4,950,000-
3位 伊澤 利光 73-68-67-71=279 ¥4,950,000-
3位 横尾 要 69-72-71-67=279 ¥4,950,000-
8位 佐藤 信人 67-76-70-67=280 ¥3,113,000-
8位 尾崎 直道 68-76-68-68=280 ¥3,113,000-
8位 細川 和彦 70-73-69-68=280 ¥3,113,000-
11位 Darren Clarke 67-70-74-70=281 ¥2,244,000-
11位 尾崎 将司 68-70-72-71=281 ¥2,244,000-
11位 片山 晋呉 70-72-71-68=281 ¥2,244,000-
11位 水巻 善典 70-73-68-70=281 ¥2,244,000-
11位 Richard Backwell 68-72-71-70=281 ¥2,244,000-
16位 原田 三夫 70-70-71-71=282 ¥1,529,000-
16位 Peter Senior 73-72-68-69=282 ¥1,529,000-
16位 手嶋 多一 68-72-70-72=282 ¥1,529,000-
16位 渡辺 司 72-71-70-69=282 ¥1,529,000-
16位 佐々木久行 67-72-71-72=282 ¥1,529,000-
16位 友利 勝良 69-74-66-73=282 ¥1,529,000-
  • ベストアマ 中島雅生 293 52位タイ

1R

初日、宮瀬博文がアウトコースで3バーディを奪って波の乗ると、インでは奇跡的な連続イーグル(15、16番)を奪い、64の単独首位に立った。一方、エースキャディとのコンビを一時復活させたジャンボ尾崎は2番でイーグルを奪うなど68で回り、10位と好位置をキープした。首位と1打差の2位にコンラン、さらに1打差で日下部光隆がつけた。

2R

2R

初日から首位の宮瀬博文

2日目、和合特有の目まぐるしく風向きが変わる強風にアンダーパーはたったの4人という混戦模様となった。首位でスタートした宮瀬は、1つスコアを落としたものの、通算135の5アンダーで首位を守った。2打差で追いかけるのはコンランと日下部。10位タイでスタートしたジャンボは出入りの激しいゴルフながら、きっちりイーブンパーにまとめ、5位タイに上昇。前日20位の田中秀道は1アンダーで回り、5位タイに浮上した。

3R

この日も目まぐるしく変化する風がゴルファーを悩ました。強豪が次々と難コースにスコアを崩す中、2位スタートの日下部が堅実なゴルフで68をマーク。通算5アンダーで田中と並んで首位に立った。ジャンボは通算イーブンパーで5位タイから7位タイへ後退。初日、2日と首位に立っていた宮瀬は74と大きくスコアを落とし5位タイ。

4R

4R

3日目田中秀道が首位に浮上

迎えた最終日。首位タイでスタートした田中は1番でバーディを奪う計画通りの好スタート。対する日下部は序盤の3番、4番で連続ボギーを叩くなど波に乗れない。「和合は攻めた者が負ける」と我慢のゲームプランで臨んだ田中は、7番、9番でバーディを奪った後は、インに入ってパーセーブに徹する。結局3バーディ、ノーボギーの67で、通算8アンダー。2位の日下部に5打差をつける自己最多差優勝で地元で初優勝を成し遂げた。