中日クラウンズの歴史

尾崎兄弟との歴史に残る
デッドヒートを制した新星

1999
第40回大会
今野康晴
今野康晴
Yasuharu Imano

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,502Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥110,000,000
期日 4月29日~5月2日
カット 7オーバー147までのプロ61名とアマ上位1名 計62名
出場者数 99名(アマ4名)

大会スコア

1位 今野 康晴 73-68-65-65=271 ¥22,000,000-
2位 尾崎 直道 70-66-68-68=272 ¥11,000,000-
3位 尾崎 健夫 69-70-68-68=275 ¥7,480,000-
4位 渡辺 司 80-66-66-64=276 ¥4,840,000-
4位 原田 三夫 71-73-66-66=276 ¥4,840,000-
6位 Frankie Minosa 74-71-66-66=277 ¥3,960,000-
7位 深堀圭一郎 72-68-70-68=278 ¥3,630,000-
8位 手嶋 多一 75-68-70-67=280 ¥2,777,500-
8位 鈴木 亨 75-70-68-67=280 ¥2,777,500-
8位 David Smail 73-73-69-65=280 ¥2,777,500-
8位 芹澤 信雄 75-69-68-68=280 ¥2,777,500-
8位 ※近藤 智弘 76-69-65-70=280 ¥0-
8位 横田 真一 74-71-70-65=280 ¥2,777,500-
8位 桑原 克典 75-67-69-69=280 ¥2,777,500-
15位 横尾 要 72-68-71-70=281 ¥1,342,000-
15位 小達 敏昭 72-74-67-68=281 ¥1,342,000-
15位 宮瀬 博文 78-67-71-65=281 ¥1,342,000-
15位 Eduardo Herrera 72-72-69-68=281 ¥1,342,000-
15位 中村 通 74-70-69-68=281 ¥1,342,000-
15位 室田 淳 75-70-66-70=281 ¥1,342,000-
15位 Todd Hamilton 74-73-65-69=281 ¥1,342,000-
15位 小山内 護 72-73-67-69=281 ¥1,342,000-
15位 日下部光隆 71-73-71-66=281 ¥1,342,000-
15位 久保谷健一 70-68-73-70=281 ¥1,342,000-
15位 原口 鉄也 74-68-69-70=281 ¥1,342,000-
15位 細川 和彦 72-68-68-73=281 ¥1,342,000-
15位 藤田 寛之 71-73-67-70=281 ¥1,342,000-
15位 Peter Senior 78-68-68-67=281 ¥1,342,000-
15位 田中 秀道 75-70-65-71=281 ¥1,342,000-
  • ベストアマ 近藤智弘 280 8位タイ

1R

昨年のマスターズと全英を制したマーク・オメーラが招待選手として参戦した第40回大会。初日は瞬間風速18.7メートルという和合特有の強風が吹き荒れる難しいコンディション。そんな中、唯一アンダーパーで回ったのが、開幕直後の右ひざ痛から復帰した尾崎健夫。3バーディ、2ボギーと手堅くまとめ、単独首位に立った。弟の尾崎直道と久保谷健一は首位と1打差の2位に続いた。

2R

2R

尾崎直道が首位で折り返す

2位でスタートした尾崎直道はこの日パットが好調。5バーディ、1ボギーの66をマークし、通算4アンダーで単独トップに躍り出た。2打差の2位には67で回った木村政信と68の久保谷が入り、初日トップだった尾崎健夫はパープレーとスコアを伸ばせず通算1アンダーの4位に後退。腰痛の長兄ジャンボは73で43位タイと振るわず、招待選手のオメーラが通算10オーバー、丸山茂樹も12オーバーでともに予選落ちした。

3R

2日目トップに立った尾崎直道が68をマークし、通算6アンダーで首位を堅持、初のクラウンズ制覇へ王手をかけた。2打差の2位にプロ4年目の今野康晴がつけて、さらに1打遅れで兄・尾崎健夫という上位陣。最終日は尾崎兄弟対今野の闘いという様相になった。

4R

4R

大接戦を制した今野康晴

尾崎兄弟と今野の三つ巴戦は、互いに譲らず、膠着状態が続いたが、先に脱落したのは健夫。17番では今野と直道が同スコアで並び、最終18番で一騎討ちとなった。今野はパーで上がり、すべては直道のパーパットに託された。しかしボールは、無情にもカップの左フチをなめ半周。痛恨の3パットによって、プロ入り以来初優勝のチャンスを逃し続けた今野に、宿願のビックタイトルが転がり込んだ。