中日クラウンズの歴史

G・ノーマン、
底力を発揮して貫録勝ち

1989
第30回大会
グレグ・ノーマン
グレグ・ノーマン
Greg Norman

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,473Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥100,000,000
期日 4月27日~30日
カット 8オーバー148までのプロ64名とアマ上位3名 計67名
出場者数 99名(アマ7名)

大会スコア

1位 Greg Norman 65-68-71-68=272 ¥18,000,000-
2位 Blaine Mc Callister 67-70-65-73=275 ¥8,400,000-
2位 鈴木 弘一 66-67-71-71=275 ¥8,400,000-
4位 Mike Reid 69-71-69-70=279 ¥4,400,000-
4位 尾崎 健夫 68-71-72-68=279 ¥4,400,000-
6位 陳 志忠 70-67-69-74=280 ¥3,075,000-
6位 金子 柱憲 69-69-71-71=280 ¥3,075,000-
6位 Graham Marsh 71-66-73-70=280 ¥3,075,000-
6位 Craig Parry 71-68-70-71=280 ¥3,075,000-
10位 尾崎 将司 73-71-70-67=281 ¥2,300,000-
11位 川俣 茂 70-71-66-75=282 ¥1,840,000-
11位 Peter Senior 69-73-71-69=282 ¥1,840,000-
11位 中村 通 71-69-69-73=282 ¥1,840,000-
14位 藤木 三郎 69-71-72-71=283 ¥1,440,000-
14位 渡辺 司 70-73-71-69=283 ¥1,440,000-
14位 芹澤 信雄 74-72-66-71=283 ¥1,440,000-
17位 安田 春雄 67-70-75-72=284 ¥1,120,000-
17位 青木 基正 73-74-67-70=284 ¥1,120,000-
17位 Terry Gale 73-75-66-70=284 ¥1,120,000-
20位 横山 明仁 71-76-67-71=285 ¥940,000-
20位 倉本 昌弘 70-75-70-70=285 ¥940,000-
20位 中村 忠夫 65-76-71-73=285 ¥940,000-
20位 羽川 豊 69-71-69-76=285 ¥940,000-
  • ベストアマ 中川隆弘 293 55位タイ

1R

記念すべき第30回大会は、当時世界最強といわれたG・ノーマンをはじめ、2年連続優勝に静かな闘志を燃やすS・シンプソン、さらに前年のワールドシリーズチャンピオン、M・リードら強豪を迎えて開催された。初日、優勝候補の最右翼と目された尾崎将司とノーマンが同じ組でスタート。ともに攻撃的な超ロングヒッターで、しかも脂の乗り切った豪華な顔合わせにギャラリーの注目を集めた。尾崎は気合が先行して歯車がかみ合わないまま3オーバー73で出遅れ。ノーマンは快調にバーディを積み重ね、6バーディ、1ボギーの65をマークして、中村忠夫と首位に並んだ。

2R

2R

2日目首位タイの鈴木弘一

冷たい北西の風10メートルという天候が、難コース和合の攻略をさらに難しくした。初日19人いたアンダーパーが、この日は11人となった。そんな中で首位に立ったのはノーマンと鈴木弘一。ノーマンは68、鈴木は67をマークして通算7アンダーで並走。G・マーシュが66のベストスコアで3位タイに浮上した。

3R

快晴、微風の3日目、上位選手の順位が激しく入れ替わる中でトップに立ったのはB・マカリスター。正確なショットと好調なパットがかみ合い、5バーディ、ノーボギーの完璧な内容で通算8アンダーまでスコアを伸ばした。前日トップのノーマンと鈴木はともに71で2打差の2位タイ。優勝争いはこの3人に絞られた。

4R

4R

堂々たるゴルフを見せたノーマン

大ギャラリーを引き連れた最終組の優勝争いは「豪、米、日」の3カ国対決の様相だった。ところが、アウト9ホールで大勢が決した。ノーマンは1、2番連続バーディ、首位マカリスターも2番でイーグルを決めたが、鈴木は3番で1打を右へOBし、トリプルボギーを叩いた。4、5番で連続バーディを取り追い上げたがとても届かない。続いて後退したのがマカリスター。4番から4連続ボギーで首位をノーマンに明け渡し、あっさり2打差がついてしまう。ノーマンはインも堅実に1バーディ、1ボギーにまとめ、予算8アンダーで逃げ切った。これで通算56勝目。米国、欧州、豪州、日本の4大ツアーを制覇した。