中日クラウンズの歴史

S・シンプソン、
鮮やかな逆転で2度目の勝利

1988
第29回大会
スコット・シンプソン
スコット・シンプソン
Scott Simpson

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,491Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥90,000,000
期日 4月28日~5月1日
カット 9オーバー149までのプロ62名とアマ上位3名 計65名
出場者数 99名(アマ8名)

大会スコア

1位 Scott Simpson 71-69-71-67=278 ¥16,200,000-
2位 David Ishii 71-72-69-69=281 ¥7,560,000-
2位 尾崎 将司 71-69-69-72=281 ¥7,560,000-
4位 Mike Reid 69-70-73-71=283 ¥3,720,000-
4位 安田 春雄 71-75-66-71=283 ¥3,720,000-
4位 新関 善美 68-72-74-69=283 ¥3,720,000-
7位 Terry Gale 68-73-70-73=284 ¥2,745,000-
7位 藤木 三郎 70-74-64-76=284 ¥2,745,000-
9位 倉本 昌弘 74-69-75-67=285 ¥2,205,000-
9位 Ian Baker-Finch 73-74-71-67=285 ¥2,205,000-
11位 杉原 輝雄 78-71-69-68=286 ¥1,728,000-
11位 Peter Senior 72-73-70-71=286 ¥1,728,000-
13位 尾崎 直道 72-71-70-74=287 ¥1,404,000-
13位 ※伊沢 利光 73-71-75-68=287 ¥0-
13位 Graham Marsh 72-73-73-69=287 ¥1,404,000-
13位 吉村 金八 70-71-70-76=287 ¥1,404,000-
17位 鈴木 弘一 74-70-72-72=288 ¥996,000-
17位 Wayne Smith 68-72-74-74=288 ¥996,000-
17位 牧野 裕 70-75-72-71=288 ¥996,000-
17位 三上 法夫 71-74-69-74=288 ¥996,000-
17位 横島 由一 75-70-68-75=288 ¥996,000-
17位 中村 忠夫 71-69-72-76=288 ¥996,000-
  • ベストアマ 伊沢利光 287 13位タイ

1R

87年全英オープンチャンピオンのS・シンプソン、米国ツアーで26アンダーの快スコアを出して優勝したC・ベック、マスターズ3位で上り調子のC・スタドラーらの強豪が揃った第29回大会。初日2アンダーで首位に躍り出たのは、新関善美、陳志明、W・スミス、T・ゲールの4人。陳は8ホールで1パットを拾い、スミスも計23パットと好調なパットで68をマークした。注目の青木功は75を叩き、尾崎将司は9番でチップインイーグル、ところが14番ではOBと出入りの激しいゴルフで71。スタドラーもショットが乱れて49位と出遅れた。

2R

2R

「精密機械」と言われるほどショットが正確なM・リードが首位に

激しい雨に見舞われた2日目はコースの様相が一変。加えて和合特有の風がプレーヤーを悩ませた。この日アンダーパーはわずか5人。首位に立ったのは通算1アンダーのM・リード。1打差の2位には連続優勝を狙う尾崎がつけた。青木も69で回り、67位タイから14位グループへと急浮上してきた。

3R

3R

V2を狙うジャンボもミスを連発

雨上がりのグリーンはボールがよく止まり、パットの転がりも最高となった。首位グループが伸び悩む隙に、地元の藤木三郎が大会タイ記録の連続5バーディの快進撃で14位タイからトップに躍り出た。V2を狙う尾崎はバーディもあればボギーもあるゴルフながら2位をキープ。シンプソンも首位と3打差に踏みとどまった。

4R

最終日、首位と1打差でスタートした尾崎が1番から連続バーディで藤木をとらえた。しかし、その後尾崎がミスを連発し、2番、6番でスコアを伸ばしたシンプソンが追い上げにかかる。7番では6番アイアンでピンの右1.2メートルにつける会心のショットを放ち、3つ目のバーディを奪取。シンプソンがその後もつけ入る隙を与えず、通算2アンダーでクラウンズ2度目の優勝を果たした。尾崎は通算1オーバーでD・イシイとともに2位タイ。クラウンズ初優勝を狙った藤木は重圧に沈み、バーディなしの6ボギーで7位タイ。アウトで3バーディのチャージを見せた青木もインで4ボギーを叩き、23位タイに終わった。