中日クラウンズの歴史

風に笑った村上隆、逆転で圧勝

1974
第15回大会
村上 隆
村上 隆
Takashi Murakami

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,530Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥30,000,000
期日 4月26日~29日
カット 3オーバー143までのプロ56名とアマ上位5名 計61名
出場者数 129名(アマ26名)

大会スコア

1位 村上 隆 63-71-68-70=272 ¥5,000,000-
2位 尾崎 将司 67-67-66-78=278 ¥2,500,000-
3位 青木 功 67-72-75-65=279 ¥1,350,000-
3位 島田 幸作 67-70-69-73=279 ¥1,350,000-
5位 Graham Marsh 67-70-70-73=280 ¥1,000,000-
6位 野口 英雄 70-71-70-70=281 ¥775,000-
6位 宮本 康弘 71-67-71-72=281 ¥775,000-
6位 金井 清一 70-71-68-72=281 ¥775,000-
6位 新井規矩雄 68-71-68-74=281 ¥775,000-
6位 山本 善隆 69-70-70-72=281 ¥775,000-
6位 呂 良煥 65-71-70-75=281 ¥775,000-
12位 謝 永郁 68-72-72-70=282 ¥525,000-
12位 謝 敏男 66-70-76-70=282 ¥525,000-
12位 出口栄太郎 67-72-70-73=282 ¥525,000-
12位 Kel Nagle 65-74-70-73=282 ¥525,000-
16位 陳 清波 71-72-71-69=283 ¥312,857-
16位 竹安 孝博 73-70-68-72=283 ¥312,857-
16位 Sukree Onshum 71-69-70-73=283 ¥312,857-
16位 内田久寿雄 68-72-69-74=283 ¥312,857-
16位 Gary Player 71-69-71-72=283 ¥312,857-
16位 Walter Godfley 69-72-66-76=283 ¥312,857-
16位 鈴村 久 69-72-67-75=283 ¥312,857-
  • ベストアマ 中部銀次郎 289 46位タイ

1R

1R

7位で発進したジャンボだが

この年のマスターズで2度目の優勝を飾り、史上6人目の百万ドルプレーヤーの仲間入りを果たしたゲーリー・プレーヤーと独特なハイフィニッシュでファンを魅了するアーノルド・パーマー。世界のビッグスリーの内の2人が出場して話題を集めた第15回大会。  初日は、好コンディションに恵まれたが、注目の2人は、プレーヤー71、パーマー69と伸び悩んだ。首位に立ったのは、63の好スコアで飛び出した村上隆。アプローチとパットが冴え渡った村上は、アウトで3バーディ、12番からは4連続バーディと7バーディ、ノーボギーという完璧な内容。しかも16番では1.5メートルのバーディチャンスを外し、コースレコードタイを惜しくも逸した。65で2位につけたのは、呂良煥とケル・ネーグル。尾崎将司と青木功は67で7位タイにつけた。

2R

2R

パーマー・チャージを見せてくれたアーニー

2日目は5メートル前後の風が吹く厳しいコンディション。ピン位置もバンカー際に寄せられているホールが多く、石井弘が「まるで最終日の難しい位置だ」と話すようにホール攻略の難度が上がり、各選手とも苦戦を強いられた。初日トップスタートの村上隆は、71と1つスコアを落としたが、首位をキープ。一方、前日に続き67をマークした尾崎が首位に並びかけた。2打差の3位には、呂良煥と謝敏男。注目のゲーリー・プレーヤーは通算イーブンパー、アーノルド・パーマーは、通算3オーバーで辛くも予選を通過した。

3R

3R

ショートゲームが冴えた村上隆

前日トップに並んだ尾崎将司は、8番で7メートルのパットを沈め、10番は30センチにつけ楽々バーディを奪った。最終18番でも1メートルにつけるなどショットが好調で、通算10アンダーの首位をキープした。2日目までトップを守ってきた村上も健闘したが、14番でグリーン左に外しボギーを叩き、尾崎に2打差をつけられた。この日、ベストスコアをマークしたのは、得意の“パーマー・チャージ”を見せたアーノルド・パーマー。6バーディ、2ボギーの66で9位タイに浮上してきた。ウォルター・ゴドフリーも66をマークし、5位タイに上昇。青木功は1、2番と1メートル前後のパットを外し、波に乗れず順位を落とした。

4R

最終日は、晴れたが10メートル前後の強風が吹き荒れた。初タイトルへ絶好のチャンスだった尾崎将司は、前日まで曲がらなかったショットが風にあおられ、1番からトラブルショットの連続。5番では右の林に打ち込み、第2打は出すだけ。アプローチもショートしてダブルボギーを叩いた。9番でも、左の木の下に打ち込み、第2打は木を直撃しはね返り、左打ちでやっとフェアウエーへ出すだけというトリプルボギーで自滅した。尾崎の崩れを前に、村上隆は守りから攻めのゴルフに転換。16、17番で連続バーディを奪い、勝負を決めた。アウトでは、5度もバンカーに入れながらいずれもリカバリーに成功。1パット8回とグリーン周りの魔術師の本領発揮を見せつけた初優勝だった。村上にとっては、長い低迷を一気に吹き飛ばすビッグタイトルの獲得で、このシーズンは爆発的な活躍を見せた。