中日クラウンズの歴史

強敵杉原を競り崩し、青木2度目の勝利

1975
第16回大会
青木 功
青木 功
Isao Aoki

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,530Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥40,000,000
期日 4月26日~29日
カット 4オーバー144までのプロ59名とアマ上位5名 計64名
出場者数 128名(アマ26名)

大会スコア

1位 青木 功 68-68-68-68=272 ¥7,000,000-
2位 杉原 輝雄 71-66-67-69=273 ¥3,500,000-
3位 呂 良煥 69-69-69-67=274 ¥1,700,000-
3位 郭 吉雄 69-67-67-71=274 ¥1,700,000-
3位 Howard Twitty 71-65-69-69=274 ¥1,700,000-
6位 Graham Marsh 69-70-69-67=275 ¥1,100,000-
6位 鈴村 久 74-68-66-67=275 ¥1,100,000-
6位 Ted Ball 66-70-69-70=275 ¥1,100,000-
9位 許 勝三 71-69-69-67=276 ¥816,666-
9位 Billy Dunk 71-66-71-68=276 ¥816,666-
9位 山田 健一 70-71-67-68=276 ¥816,666-
12位 Tom Kite 71-68-68-70=277 ¥675,000-
12位 内田 繁 65-71-70-71=277 ¥675,000-
14位 宮本 省三 71-67-71-69=278 ¥526,000-
14位 Ireneo Legaspi 70-66-71-71=278 ¥526,000-
14位 Jerry Heard 70-68-69-71=278 ¥526,000-
14位 杉本 英世 68-71-65-74=278 ¥526,000-
14位 謝 永郁 68-68-69-73=278 ¥526,000-
19位 鈴村 照男 67-71-73-68=279 ¥415,000-
19位 Ben Arda 69-71-71-68=279 ¥415,000-
  • ベストアマ 中部銀次郎 281 25位タイ

1R

1R

63をマークして初日をリードした謝敏男

米国からトム・カイトらヤングライオンズが参加。アジアサーキット勢も多数出場して、国際色豊かな大会となった第16回。賞金総額も4000万円に増額され、米国ツアーのトップクラスの大会と肩を並べるまでになった。
初日は、快晴、微風の絶好のコンディション。この年アジアサーキットで総合優勝した謝敏男がコースレコードにあと1打と迫る63の好スコアで飛び出した。謝はショートアイアンが冴え、グリーンを外したのはわずか2ホール。8バーディ、1ボギーの見事な内容で、18番では3メートルを外してコースレコードタイ記録を惜しくも逃した。2打差の2位には、トーナメントレコードとなる5連続バーディをマークした内田繁が続いた。

2R

2R

悪コンディションの中4日間68でクリアした青木功

小雨が降ったり止んだりだったが、コースコンディションは良く、通算アンダーは前日の22人から1人減っただけの21人。第9回以来、2度目の初日リーダーだった謝敏男は、スコアを2つ落としたが、この日も首位をキープした。1打差の2位グループには7人がひしめく混戦。アウトを終わって7アンダーと一時はトップに立った内田繁は、10番で距離感に迷いが出て以後崩れた。追い上げたのは、アプローチに冴えを見せた米国のハワード・ツイッティ。バーディチャンスにつけた14ホール中、5ホールをものにしてこの日のベストスコアとなる65で2位グループまで上がってきた。また、2日連続で68をマークした青木功と謝永郁が2位グループにつけた。前年度優勝者の村上隆と注目の米国勢ではジョン・マハフィー、レオナード・トンプソンらが予選落ちした。

3R

3R

互いの健闘を称え合う青木功と杉原輝雄

初日からピン位置は難しかったが、さらにグリーンの端に寄せられた3日目。辛抱強くチャンスを待つゴルフで浮上してきたのが、郭吉雄、杉本英世、杉原輝雄のベテラン勢。通算アンダー27人の混戦の中で、郭が手堅く4バーディ、1ボギーの通算7アンダーでトップに躍り出た。続いて絶妙のパットで7バーディ、2ボギーと65のベストスコアをマークした杉本。青木功、杉原と並んで1打差の2位につけた。この日、上田健次が4番(185ヤード)でホールインワンを記録し、大会第1号のホールインワン達成者となった。

4R

最終日は、曇りのち大雨と最悪のコンディションの中行われた。アウトで5バーディの30をマークした杉原輝雄が通算11アンダーとし、混戦から一気に抜け出した。独走の気配すらあったが、土砂降り、規定ギリギリまで端に寄っているカップの位置と難度の高くなった和合に杉原はインに入って崩れた。12、15番でボギー。16番は2メートルのバーディチャンスを外し、17番も右バンカーに入れ、ボギーを叩いた。1組前の青木功は、3番から12番までバーディが取れず、我慢のゴルフを続けていた。13番でボギーを叩き通算7アンダーとし、一歩後退したが、18番では下りの13メートルのパットを執念でねじ込み通算8アンダーとして杉原と並んだ。最終組の杉原は、18番で左バンカーから4メートルにつけ、決めればプレーオフだったが、このパットを外して青木が逆転で2度目の栄冠を手にした。注目の米国勢は、トム・カイトの12位タイが最高という成績に終わった。