中日クラウンズの歴史

ピーター・トムソン、
トーナメントレコードで圧勝

1972
第13回大会
ピーター・トムソン
ピーター・トムソン
Peter Thomson

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,530Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥25,000,000
期日 4月26日~29日
カット 2オーバー142までのプロ51名とアマ上位5名 計56名
出場者数 118名(アマ17名)

大会スコア

1位 Peter Thomson 64-69-67-66=266 ¥3,000,000-
2位 Terry Kendall 66-66-73-67=272 ¥1,800,000-
3位 今井 昌雪 69-68-70-66=273 ¥1,200,000-
4位 Sam Snead 70-67-69-69=275 ¥900,000-
5位 草壁 政治 69-70-69-69=277 ¥700,000-
6位 内田 繁 71-66-72-69=278 ¥425,000-
6位 Johnny Miller 68-71-68-71=278 ¥425,000-
6位 Ireneo Legaspi 68-69-69-72=278 ¥425,000-
6位 謝 敏男 68-68-72-70=278 ¥425,000-
10位 陳 健忠 65-74-70-70=279 ¥300,000-
11位 韓 長相 72-70-69-69=280 ¥250,000-
11位 何 明忠 70-70-68-72=280 ¥250,000-
11位 尾崎 将司 74-65-73-68=280 ¥250,000-
11位 呂 良煥 71-71-72-66=280 ¥250,000-
15位 水野 紀文 70-66-73-72=281 ¥170,000-
15位 原 孝男 70-66-73-72=281 ¥170,000-
15位 杉原 輝雄 70-69-70-72=281 ¥170,000-
15位 Ben Arda 70-67-72-72=281 ¥170,000-
19位 Graham Marsh 73-69-70-70=282 ¥120,000-
19位 日吉 定雄 68-73-69-72=282 ¥120,000-
19位 Billy Dunk 71-71-70-70=282 ¥120,000-
  • ベストアマ 陳容 284 25位タイ

1R

1R

汚名返上で再挑戦してきたJ・ミラー

前年、真価を発揮できず予選落ちしたジョニー・ミラー、過去4回出場し、優勝を含む3位以内3回と抜群の実績を誇るピーター・トムソン、そして“ゴルフの神様”サム・スニードなど、世界の強豪が出場して話題となった大会。第1ラウンドは、好調のトムソンが、7バーディ、1ボギーの64を叩き出しトップに立った。地元の松井一敏が、5バーディ、ノーボギーの65、陳健忠も7バーディ、2ボギーの65で回り、ともに2位につけた。珍しいサイドサドル・パットで注目を集めたサム・スニードは、14番の第2打を木に当てダブルボギーとし、スコアを伸ばせず70。前年大会を盛り上げた尾崎将司は、中村寅吉と並び74と出遅れた。

2R

絶好のコンディションに恵まれた2日目は、36人がアンダーパーをマーク。この日は、外国勢が上位を占めた。トップは、連日66をマークしたテリー・ケンドール。正確なドライバーショットに加えアプローチ、パターも冴えを見せ、4バーディ、ノーボギーの内容。1打差の2位につけたのは、前日トップのピーター・トムソン。5、7番では1パットに寄せながら外してボギーとしたが、8、11、16番で取り返し前日から1つ伸ばし、通算7アンダーとした。日本勢は、首位から4打差に松井一敏、鈴村久、水野紀文、原孝男らが続いた。注目のサム・スニードは、5つスコアを伸ばして迎えた最終18番でダブルボギーを叩き、8位止まり。一方、日本のビッグスリー河野高明、杉本英世、安田春雄は、揃って予選落ちした。

3R

3R

抜群の安定性でトップに立ったトムソン

難しいピン位置と風の影響でアンダーパーはわずかに10人しか出なかった3日目。日本勢が苦しむ中、トップに立ったのはピーター・トムソン。67のベストスコアをマークし、通算10アンダーで独走態勢を固めた。2番のロングホールでは、第2打をスプーンで2メートルに寄せ、3番ではグリーンエッジから10メートルをチップインして連続バーディ。14番では5メートルの下りのスライスラインを読み切ってバーディパットを決めるなど、好調をキープした。前日トップのテリー・ケンドールは、13番でグリーンエッジから4パットのダブルボギーを叩くなど振るわず、トップと5打差の2位に。さらに1打差の3位には、イレネオ・レガスピとサム・スニードがつけた。その後にジリジリと追い上げてきたジョニー・ミラーが続いた。

4R

4R

トムソン(右)とスニード(左)の対決に大ギャラリーが押しかけた

前回のトータルギャラリー数2万4200人を1日で上回る2万5000人の大ギャラリーが詰めかけた最終日は、ピーター・トムソンとサム・スニードの対決に注目が集まった。連続バーディスタートを切ったトムソンに対し、スニードは2番でイーグルを奪うなど序盤から白熱した対決を繰り広げた。途中、トムソンがダブルボギーを叩くホールもあったが、それ以降はマイペースで無理をしないゴルフを心掛けた。終わってみれば、大会レコードとなる通算14アンダーで、トムソンが2度目の栄冠を手にした。大会を盛り上げたスニードは4位、注目されたミラーは6位タイでフィニッシュした。