中日クラウンズの歴史

ミスター・ルー、
67位からの逆転優勝

1971
第12回大会
呂 良煥
呂 良煥
Liang-Huan Lu

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,530Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥22,000,000
期日 4月26日~29日
カット 3オーバー143までのプロ46名とアマ上位6名 計52名
出場者数 117名(アマ25名)

大会スコア

1位 呂 良煥 73-66-65-70=274 ¥3,000,000-
2位 Peter Thomson 69-72-68-68=277 ¥1,800,000-
3位 河野 高明 67-68-69-78=282 ¥1,050,000-
3位 韓 長相 71-68-73-70=282 ¥1,050,000-
5位 尾崎 将司 65-69-75-74=283 ¥600,000-
5位 謝 敏男 68-71-73-71=283 ¥600,000-
7位 島田 幸作 70-68-73-73=284 ¥400,000-
7位 Walter Godfley 70-72-66-76=284 ¥400,000-
7位 鈴村 照男 71-69-70-74-284 ¥400,000-
10位 Ben Arda 69-74-69-73=285 ¥270,000-
10位 許 溪山 68-73-73-71=285 ¥270,000-
10位 内田 繁 67-70-78-70=285 ¥270,000-
10位 金本 昭男 66-73-77-69=285 ¥270,000-
14位 水野 紀文 68-69-72-77=286  
14位 David Graham 69-74-70-73=286  
14位 村上 隆 69-72-72-73=286  
14位 Kel Nagle 71-69-73-73=286  
14位 井岡 誠 70-71-75-70=286  
19位 小針 春芳 72-67-71-77=287  
19位 矢部 昭 68-72-73-74=287  
  • ベストアマ 山田健一 297 44位タイ

1R

1R

ジョニー・ミラーが初出場

米国からジョニー・ミラー、アル・ガイバーガー、ラリー・ヒンソンらビッグネームが参加し、名実ともに国際的なトーナメントとなった12回大会は、賞金総額も2200万円(優勝賞金300万円)にアップした。初日から注目を浴びたのは、プロ2年目で初出場してきた尾崎将司だ。300ヤード級の豪快なショットと、抜群のセンスを見せる小技で、和合の難ホールを次々と攻略していった。1番でグリーン右のバンカーから10センチに寄せバーディを奪うと、2番では2.5メートルに2オンしてイーグルという劇的なスタートだ。16番ではスプーンで山越えを狙い、グリーンエッジから寄せこの日5つ目のバーディを奪った。和製ビッグ3のひとり、河野高明もアウト5バーディと好調なスタート。15番まで5アンダーをキープしていたが、16番で山越えを狙ったが山に入れ、18番ではティショットを左のクロスバンカーに入れボギーとし、67で3位につけた。トップは5アンダーの尾崎、続いて1打差で飛ばし屋の金本昭男、さらに1打差の3位タイには河野、内田繁、青木功、 鈴村久が続いた。

2R

2R

初出場ながら前半戦首位で折り返した尾崎将司

2日目はピン位置が難しくなり、風も出たため首位を走る尾崎にとっては試練の1日となった。1番でバーディ、2番でもイーグルと願ってもない滑り出しだったが、難しい3番のボギーで躓き、5番をボギーとしてチグハグなゴルフが続いた。結局この日は1アンダー69に止まったが、なんとか首位はキープできた。3位タイでスタートした河野は手堅いプレーでノーボギー。10番で1.5メートル、11番では2メートルのバーディパットを決め、1打差の2位に浮上した。この日ベストスコアの66をマークした呂良煥が前日の67位タイから一気に7位タイまで急浮上して脚光を浴びた。3位には通算3アンダーで、内田、水野紀文が首位と3打差の位置につけた。また、注目のジョニー・ミラーは真価を発揮しないまま予選落ちした。

3R

3R

3日目に首位に立った河野高明。

3R

2本のパターを使い分けた呂。

前日まで首位をキープしていた尾崎は、3、8、9番とボギーとし、続く10番ではティショットを左へ曲げ18番からの第2打をショート。しかも1メートル弱のパットを外し、ダブルボギーを叩き、あっさりと首位を明け渡した。尾崎を追う河野は、11、12番で連続バーディと好調。17番でも8メートルを沈め、インはノーボギーの3バーディ。ただ一人3日間連続アンダーパーを守って待望のトップに立った。また、2日目7位まで急浮上していた呂は、この日も6バーディ、1ボギーと連日のベストスコアで65をマーク、トップに並んだ。地元期待の内田は、1番で左の林に打ち込みダブルボギーを打つなど78と後退。また、ウォルター・ゴドフリーがさすがの実力を発揮して66をマーク、4打差で3位につけた。

4R

4R

優勝した呂良煥と握手を交わすベストアマの山田健一。

激しい雨と風で約1時間中断する悪コンディションの中で、呂のアプローチが冴え渡った。1番3メートル、4番1メートルを沈めバーディ。呂は長短2本のパターを自在に駆使し、手堅くスコアを守った。同じくトップスタートの河野は2番50センチ、3番1.5メートルのパーパットを外したのをきっかけにズルズルと後退。トップとの差は6ストロークも開き、呂の独走態勢となった。その間に、ピーター・トムソンが猛チャージをかけた。10、11番と連続バーディ、15番のロングホールでもバーディを奪ってトップに詰め寄ったが、16番で約4メートルのパットを外し、18番でもロングパットがわずかに左へ流れてしまい、2度目の優勝には届かなかった。結局、呂が通算6アンダーで初日の67位から見事に巻き返し、この大会初優勝を飾った。パットに悩んでいた呂だが、この年のマレーシアオープンから2本のパターを使い分けて、見事カムバックしてきた。