CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2019/5/13 10:19

東海3県で交通死事故相次ぐ 60代と80代の3人 高齢運転者2人逮捕

 共有する
  • Facebookで共有する
  • pocketする
  • LINEで送る
 東海3県で交通死亡事故が相次ぎ、60代と80代の男女あわせて3人が死亡しました。

 警察は、高齢ドライバー2人を逮捕しました。

 12日午前、三重県松阪市川井町で、三重交通の路線バスと、対向車線を走っていた軽乗用車が衝突し、車を運転していた松阪市の古田正広さん(60)が死亡しました。

 バスに乗客はおらず、運転手にけがはありませんでした。

 現場は、片側一車線の直線道路で、バスの運転手は、「軽乗用車がセンターラインをはみ出してきた」と話しているということで、警察が事故の原因を調べています。

 また名古屋市昭和区では、青信号の交差点を自転車で渡っていた名古屋市瑞穂区に住む野崎裕市さん(81)が、左折してきた乗用車にはねられ死亡しました。

 警察は、過失運転傷害の疑いで乗用車を運転していた瑞穂区の高田耕平容疑者(82)を現行犯逮捕しました。

 高田容疑者は、「左側をよく見ていなかった」と容疑を認めているということです。

 現場は、交通量の多い幹線道路でした。

 岐阜県でも高齢者同士の事故です。

 12日午後5時半すぎ、養老町口ケ島の信号のない交差点で、道路を自転車で渡っていた女性が、出合い頭に乗用車にはねられました。

 女性は、近くに住む奥田てる子さん(89)で、およそ2時間後に死亡しました。

 警察は、車を運転していた中島繁子容疑者(71)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。(13日01:00)

よく読まれているニュース