CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/12/6 11:55

「ファミマ」と連携し認可保育所を整備‥名古屋市が待機児童問題で方針

 共有する
  • Facebookで共有する
  • pocketする
  • LINEで送る
 名古屋市は、待機児童対策として、コンビニエンスストアのファミリーマートと連携し、認可保育所の整備を進めることを明らかにしました。

 名古屋市では、12月13日にファミリーマートと認可保育所の整備に関する協定を結ぶということで、コンビニの店舗の敷地内に保育所を併設したり、コンビニが撤退した後の空き店舗に保育所を開設したりすることなどを想定しています。

 名古屋市は、来年度以降、具体的な方法の協議に入り、早ければ2020年度にも、協定に基づき新たな認可保育所を開設したい考えです。

 名古屋市によりますと、ことし10月時点での待機児童は、181人で、特定の施設への入所を希望したため実際には入所できていないいわゆる「隠れ待機児童」は、1900人近くにのぼるとしています。(6日11:55)

よく読まれているニュース