CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/12/6 10:01

岐阜県の畜産研究所でも豚コレラの感染を確認 県内3例目

 共有する
  • Facebookで共有する
  • pocketする
  • LINEで送る
 要となる施設で感染。
 衝撃が広がりました。
 岐阜県の畜産研究所の豚に、豚コレラの感染が確認されました。

 豚コレラへの感染が確認されたのは、美濃加茂市にある「岐阜県畜産研究所」で飼育されていたメスの豚2頭です。

 県によりますと、12月3日、豚4頭に食欲不振や嘔吐などの症状が見られ、このうち2頭が、豚コレラに感染していたことがわかりました。

 「岐阜県畜産研究所で豚コレラが発生し、白い防護服を着た職員が、消毒作業を行っています」(記者リポート)

 岐阜県内で豚コレラに感染した豚が見つかるのは、3例目で、県の施設が感染したことに古田知事は…。

 「農家の防疫体制の強化を図っている矢先、県の畜産政策の要ともいうべき場所の県の研究機関で発症したということは、誠に申し訳ない」(岐阜県 古田肇知事)

 研究所では、飛騨牛や奥美濃古地鶏などの研究のほか、養豚の分野でも、ブランド豚の「ボーノポーク」になる種豚の開発を手掛けています。

 研究所では、種豚から採った人工授精用の精液を、県内およそ10戸の農場に供給していましたが、今回の問題で、研究所の豚およそ500頭を全て殺処分する予定です。

 「食」への影響も懸念されています。(5日18:38)

よく読まれているニュース