• RSS FEED

中日クラウンズ思い出④

2大会まとめて 2004年の45回大会 2006年の47回大会を振り返ります

両大会とも、2000年代 間違いなく日本ツアー 実力NO1の片山晋呉選手が優勝をかざります。

45回大会が -16  47回大会が -18 というビックスコア 好成績での優勝

ともに、大会記録 1995年 34回大会 尾崎将司選手の-20 にせまる記録でしたが、、、、

 

中日クラウンズ思い出③

3回目は、2003年の第44回大会です

初日首位は、地元愛知県出身の若手近藤智弘、学生時代にこの大会でローアマを獲得するなど相性のいい和合で8バーディーノーボギーの完璧なゴルフコースレコードタイをマーク。1打差で藤田寛之、さらに2打差で手嶋多一と続きました。

しかし、手嶋選手もホールアウト時点で 電光ボードでは-8で首位タイのはずでしたが、ここで事件が、

 

 

中日クラウンズ思い出②

突然、昨日から 中日クラウンズの思い出を記事にしています。

2回目は2002年の43回大会、主役は、イングランドから来日したジャスティン・ローズ、そして日本の当時大学4年生のアマチュアの宮里優作、ともに1980年生まれ(野球なら松坂世代)2人ともまだ21歳の若者でした。

当時、イングランドといえば、サッカーのベッカム(ローズの5歳上)が有名人。ローズへのインタビューで「サッカーはベッカム、ゴルフはローズと呼ばれる日も?」と質問したことを思い出します。ローズは「髪型は真似できないし、彼とは違うよ」とはにかんでいました。ローズは高校生だった17歳のとき、全英オープンで4位に食い込み、イギリスでは天才少年現ると話題になり、即プロ転向 しかし、プロの壁に跳ね返され、予選落ちの連続。ようやく4年目のこの年に、欧州ツアーで初優勝を飾り、日本乗り込んできたのです。

プロ初優勝で自信にあふれたローズのプレーは和合でもさえわたり、初日首位タイにつけると3日目を終わり、2位に4打差の安定ぶり、2位につけたのが、アマチュアの宮里、日本期待を背に、最終日、日英21歳対決がスタート。しかし、地力に勝る、ローズはスコアを1つ伸ばし危なげなく日本ツアー初優勝を飾ります。(当時のクラウンズの最年少優勝)期待の宮里はスコアを伸ばせず「プロ、アマの違いがあっても同い年に負けるのは悔しい」と和合を後ににします。

その後プロ入りした宮里は、プロの洗礼を受け、初優勝までは実に11年もかかり2013年の最終戦「日本シリーズ」最終ホールでチップインショットを決め初優勝、ガッツポーズした後、膝をついて号泣、グリーンサイドで見守っていた、お母さんと妹のプロ宮里藍さん、関係者も涙、涙(私もテレビの前でもらい泣きしました)そして、勝ち方を覚えた宮里優作は、2017年(クラウンズ58回大会)で最終ホール、バーディパットのボールがカップの淵をくるくる回って沈み、クラウンズ初制覇、ローズに敗れてから15年のときを経て、王冠トロフィーを高々と掲げ、その年の日本ツアー賞金王に輝くのでした。

一方のローズは、順調にキャリアを積み、2007年欧州ツアー賞金王、2010年メジャー「全米オープン」チャンピオンになり、2016年には112年ぶりに復活したゴルフ競技、「リオ五輪」で金メダルを獲得、世界ランク1位になるなどトップレベルの選手として君臨しています。私たちCBC関係者も、クラウンズ優勝者が輝いていることを誇らしく思います。

長くなりました、次回以降の投稿が大変そうです。

 

 

 

PAGE TOP