• これまでのブログ
  • RSS FEED

【日めくりドラゴンズ】11月19日

2011年11月19日は・・・

「2ボールナッシングから投球次が3球目。
 2-1、ドラゴンズ1点リード。9回ウラ。
 次のボール投げました。

 高め打ち上げました。打ち上げて、ファーストファールフライ。
 「捕るか!(木俣さん)」落ちてくるボールはどうか!「捕る!(木俣さん)」どうか!
 ファースト・森野!「捕ったか?(木俣さん)」ボールを「捕った!(木俣さん)」捕ったか?
 捕った!試合終了!2-1!ドラゴンズ勝ちました!

 これで3勝3敗!
 2011年の日本選手権は、第7戦までもつれ込みました!」(高田アナ)


<接戦制して逆王手!>

2011年の日本シリーズ。

ドラゴンズは福岡で2連勝ののち、ナゴヤで3連敗。

王手をかけられた第6戦は、球場を再び福岡に移して行なわれました。

ドラゴンズは初回、ランナー二人を置いて打席には和田

「1回表、ドラゴンズ先制チャンス!
 ランナー、二塁・一塁、ツーアウト。
 2ボール2ストライクから、投球次が5球目。
 セットポジション、ピッチャー・和田。
 第5球です。和田一浩に投げました。

 変化球、打ちました!
 ライトを襲っていく、ワンバウンド、ヒットになりました!

 右中間ボールが転がる!先制点はドラゴンズに入る!
 セカンドランナー・荒木がゆっくりホームイン!
 一塁ランナーのブランコも三塁をまわる!
 いまホームに還ってくる!
 和田は三塁へ、スリーベース!」(高田アナ)

右中間を深々と破る2点タイムリースリーベースで先制します。

ドラゴンズの先発は吉見

シーズン18勝を挙げた右腕は、

後のない状況で、8回途中1失点、8つの三振を奪う力投。

これぞエースというピッチングを見せます。

8回2死、左打者が続く場面で、ドラゴンズベンチは先に岩瀬を投入。

9回2死から浅尾を送って逃げ切りました。

レギュラーシーズンとは逆の"岩瀬-浅尾"というリレーで逃げ切り、

対戦成績は3勝3敗。

すべてビジターチームが勝つ"外弁慶シリーズ"。

勝負の行方は、第7戦に持ち越されました。

(敬称略)

 

2011年11月19日 日本シリーズ第6戦

中 日  200 000 000 =2

ソフトバンク 000 100 000 =1

(勝)吉見 (セ)浅尾  (敗)和田

この試合のラジオ中継は、

解説・木俣達彦さん、実況・高田寛之アナウンサー

でした。

PAGE TOP