共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る

イッポウSP コイに恋して

2019年3月31日(日)深夜1:25〜2:25放送

「予算に上限はないよ」という人。
「つぼみが花咲くように柄が変わっていくのが美しい」という人。
愛知県小牧市の『成田養魚園』で行われた即売会。
客の半数以上が、ベルギー・イギリス・マレーシア・台湾・中国など外国人で、お目当ては『錦鯉』だ。

一匹100万円以上もする『高級錦鯉』に次々に注文が入る。
日本の『錦鯉』の海外輸出額は年々増加していて、今や35億円を突破している。

振り返れば、2005年にCBCテレビ『イッポウ』の大石邦彦キャスターが取材した際には、コイヘルペスの影響や国内市場の衰退で、売り上げは激減。
危機に直面していた『成田養魚園』。
ところが、その2年後、父親の跡を継いだ成田隆輝社長が、海外販売をメインに舵を切ったところ、『クールジャパンブーム』にも乗って業績はV字回復した。

「これからは外国人客無くしては商売は成り立たない」と、成田社長は、4人の息子全てを小中学生の時に海外に語学留学に出す。
そして、息子たちに「意味もなく大学を出るくらいなら少しでも早く専門の道を進んだ方がいい」と語り、『成田養魚園』で日々修業を積ませている。
そんな中、成田社長の元に、業界史上最高の1億円を超えるかもしれないという『錦鯉』が、とあるオークションに出品されるという情報が舞い込んだ。
何としても落札したいと意気込む成田社長。
果たして総大将である父の背中は・・・・

出演・ナレーション

大石 邦彦(CBCアナウンサー)

『小学4年の息子のいる父親として子育てには日々悩んでいます。
私は厳格な父に育てられました。
心から尊敬する父ではありますが、私は、フランクな親子関係を築いていこうとしています。
ところが・・・取材で目の前に現れた私より年下のひとりの父親。
その人は、平成が終わろうとしている今、昭和の香りのする「おやじ」にうつりました。
(子育ては、どうあるべきなのか?)・・・
取材の中で、私が自問自答してきたテーマでもありますが、“子育て世代”の方には、ぜひご覧いただきたい番組になりました』

スタッフ

ディレクター:宇佐美 浩伯
プロデューサー:大園 康志

pageup