「ここは天国!」精肉店自慢の『飛騨牛ひつまぶし』に、売り切れ必至の大福!みよし市でなりゆきグルメ旅

「ここは天国!」精肉店自慢の『飛騨牛ひつまぶし』に、売り切れ必至の大福!みよし市でなりゆきグルメ旅

飛騨牛ひつまぶし

CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組【チャント!】。
アフロヘアーがトレードマークの副島淳くんがリポートする、金曜日の人気コーナー『なりゆきアフロ』は、東海地方の125市町村を巡り、出会った人に聞いた「町の美味しいもの」をその場所へ行って味わう“なりゆきグルメ旅”。

愛知・みよし市 看板
CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

今回は名古屋市の東、住宅街が広がる「みよし市」の前編です。

みよしの人なら皆が知ってる!昔からある地元の「大福」

美好餅 大福
CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

国体で三好池がカヌー競技の会場となったことをきっかけに、カヌーが盛んになったみよし市。
競技場やランニングコースなどもある市民の憩いの場・三好公園で聞き込み開始です!

すると、「いつも観てまーす!」と、いつもこの公園にランニングに来ているという女性が声をかけてくれました。
みよし市で一番美味しいものを尋ねてみると、教えてくれたのは、【美好(みよし)餅】というお店の「大福」。
「その美好餅というのは、小さい頃から?」「あったあった!昔から地元の人はそこで買ったりしてました。大きくて、かなり食べ応えがありますよ!」とのこと。
地元の人なら誰でも知っているという大きな大福。これは食べてみたい!

お店に向かうと、あれ?シャッターが閉まっています。
貼り紙を見ると、GW営業の振替えで臨時休業…。

創業54年という【美好餅】は、いつも行列の老舗和菓子店。
皆さんのお目当ては、1日1,000個は売れるという、やわらか~いお餅でくるまれた大きな『大福餅(150円)』。甘さ控えめで、大きくてもペロリ!なんだそう。
売り切れ必至の商品なので、予約がおススメです。

ミディアムレアがたまらない♪精肉店が手がける自慢の「飛騨牛ひつまぶし」

飛騨牛寿司(5貫)
CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

気を取り直して、再び三好公園で聞き込みです。
声をかけたのは、小さな川で水遊びしていた女の子連れのママさん。
近所にお住まいということで、みよし市で一番美味しいものを聞いてみます。

その答えは、「すぐそこのお肉屋さん。焼肉屋さんではないんですけど、お肉を仕入れてる精肉店。隣が飲食店になってるんです」とのこと。
オススメは「飛騨牛のお肉」ということで、「飛騨牛」のキーワードに気分も上がる副島くん!

【お肉の専門店 みや古】で出迎えてくれたのは、肉の卸を始めて20年という店主Nさん。
店内には飛騨牛をメインとした美味しそうなお肉が、ズラリ!自ら目利きをして仕入れた自慢の肉が並んでいます。
買って帰って家で食べるのもいいんだけど…と考えていると、「隣のレストランで『飛騨牛のまぶし』を是非とも食べて頂きたい」と仰います。「ヤバい!」と副島くんのテンションも急上昇!

【みや古】の隣にあるお店は【飛騨牛 源耀(げんよう)】。
精肉店で取り扱う自慢の飛騨牛を食べてもらいたいと昨年始めた食事処で、『飛騨牛寿司(5貫/1,628円)』など飛騨牛料理がお得に味わえます。

飛騨牛ひつまぶし 楽
CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

注文が入るごとに【みや古】で肉を切り、【源耀】の厨房で焼き上げる『飛騨牛ひつまぶし』は、お店の看板メニュー。
席に運ばれてきたのは、お店自慢の『飛騨牛ひつまぶし 楽(2,178円)』。
ひつまぶしの器を開けると、ミディアムレアに焼き上げられた飛騨牛がびっしり!
「なに、コレ!」と大興奮の副島くん。焼き目の入った表面と、中の赤い部分のコントラストがたまりません!
「いやー、ゼイタク!」と言いながら、まずはそのままいただきます。何度も噛みしめ、頷きながら、「天国。ここは天国!脂が上品でくどくなくて、格別の旨さ」。その後は笑いが止まらなくなってしまいました。

2杯目は薬味と一緒に、3杯目はカツオと昆布の出汁をかけていただきます。
「カツオと昆布の出汁と飛騨牛の脂が、ものすごく相性いいんですね。最高だわコレ!」と箸が止まりません。最後までいただいた後の一言は…「すみません。美味しすぎていろいろ聞きたい事があったけど忘れちゃいました」。お店の方もみんなで大笑いです。

お子さんに大人気!もちもちフワフワパン屋さんの「チョコ入りくまちゃんパン」

小麦館 パン
CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

三好公園に戻った副島くん。
公園で仲良く遊んでいた3人家族に声をかけ、みよし市で一番美味しいものを聞いてみます。
すると、奥さまから「今日はお昼に【小麦館】というパン屋さんに行ってきました」との情報が。
どんなパンを買ったのかを聞くと、「あんパン」と「チョコレートのくまのパン」。5歳の息子さん・Aくんも「美味しかった!」と話します。

早速、お店へ。
白い建物に青い屋根と看板が可愛らしい【焼きたてふわふわパンの店 小麦館】を見つけました。

こちらは、地元で20年以上愛されているパン屋さん。
Tさん夫婦が毎日60種類以上のパンを焼き上げています。

取材OKを頂いて店内に入ると、お目当ての『あんパン(129円)』と、チョコが入ったくまのパン『くまちゃん(140円)』が横並びに1個ずつ、副島くんを待っていたかのように棚に残っていました。
まずは、あんパンを。「うまーい。あんこに行く前にパンがもちもちフワフワ!めちゃくちゃ美味しい!」
先ほど出会ったAくんも大好きな、チョコが入ったくまのパンもいただきます。

リポーター 副島淳
CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

Aくんのように可愛らしく食べた副島くん、「んー、おいちい!」。
その様子に「カワイイですよ」と店主Tさん。お気遣い(?)ありがとうございました!

(2021年6月18日放送「チャント!」より)