行列のできるラスク店と、絶妙なバランスのショートケーキ。弥富市でなりゆきグルメ旅

行列のできるラスク店と、絶妙なバランスのショートケーキ。弥富市でなりゆきグルメ旅

CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組【チャント!】。
アフロヘアーがトレードマークの副島淳くんがリポートする、金曜日の人気コーナー『なりゆきアフロ』は、東海地方の125市町村を巡り、出会った人に聞いた「町の美味しいもの」をその場所へ行って味わう“なりゆきグルメ旅”。今回は「愛知県・弥富市」の後編です。

仰天!あんな味にこんな味…のラスク屋さん

CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

今回は、新しい家が建ち並ぶ住宅街を歩きます。
新築一戸建てを購入した若きご主人・Yさんに出会い、この町で一番美味しいものを聞いてみます。

教えてもらったのは、ラスク専門店の【DORA DORA】。
何種類ものラスクがある中で、Yさんのお気に入りは『プレーン』と『きんぴら』。
きんぴら?あの、きんぴらごぼうの??
つい「罰ゲームとかじゃないですよね?!」と言う副島くんに、「そう思って食べたら、意外に美味しくて」とYさん。

お店を探し当て取材交渉に行こうとすると、入口にはラスクを抱えたお客さん達の姿が。
「めちゃくちゃ買われてますね!」と声をかけ、その値段を聞くと「2,000円です」とのこと。
「安い!」と叫び、店内へ向かう副島くん。
そこで見たのは空になったショーケース。
大人気すぎて、「売り切れ終了」の看板があちらこちらに並んでいます。
「朝9時オープンなんですけど、皆さん7時とか7時半から並んでいらっしゃいます」とのこと。

CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

こちらは隣のラスク専門工場で作られているアウトレット品を販売しているお店。
アウトレットなので日によって扱う種類は違いますが、『チーズ』『大学芋』『コーヒー』など、さまざまな味のラスクが売られています。
副島くんが訪ねた日は、ひと月に3日間ある特売日。午前中に人気商品は売り切れてしまったのだとか。

CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

ダメモトで、Yさんが教えてくれた一番人気の『プレーンラスク(180g/310円)』がないか聞いてみると、「あー。プレーンは全部完売しました」とのお返事。やっぱり…。
愕然とする副島くんに、「あ、小っちゃいのなら…」と、お店の奥から探して持ってきてくれました。
詰め合わせギフト用のラスクを分けてくれたもので、まさに奇跡の1個!

そして、Yさんオススメの『きんぴらごぼう(130g/290円)』があるかどうかも尋ねてみると、まだお店にありました!
「あったー!これだよ、これ!」と大はしゃぎする副島くんに、「チョコじゃないんですね…」とお店の方。
これがお目当てだったことを話すと、「意外です」とのお答え。
何でも40種類以上あるラスクの中で『きんぴらごぼう』はランキングの下の方だそう。

お店を出て、プレーンの封を開けると、何とも美味しそうな香りが…。
「すごい!サクサクッとした後に、染み込んでいるバターや砂糖の甘みがジューッときます」。

CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

そして気になるのは、やっぱり『きんぴらごぼう』。
「おー!すっごいゴボウの香り!!」と思わず笑っちゃいます。
見た目は、グレーとオレンジの渦巻き色。「ラスク史上、類を見ない色!」と、テンションUP!
一口食べて、いろんな表情を見せる副島くん。
ん?微妙な味なのか??と思った瞬間、「美味しい!」とひとこと。
「ちゃんとラスクの甘さがあって、すぐ後に、マジできんぴらごぼう。そして凄いのは、きんぴらごぼうに少し入ってる”輪切りの鷹の爪“が感じられる。なんじゃこりゃ!?やりよりますね!」と大興奮。

バランス絶妙!シンプルショートケーキに悶絶…

CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

再び住宅街を歩きます。
そこで通りがかった、1歳の可愛らしい女の子を連れたママに、この町で美味しいものを聞いてみましょう。
教えてくれたのは、【パティスリー アン ガトー メルヴェイユ】というケーキ屋さん。フランス語で”素晴らしいお菓子“という意味なのだとか。
「全部美味しいけど、一番はショートケーキ。生クリームが甘すぎずスポンジもふわふわで。シンプルだからこそ、違いがわかる!」と、熱い想いで語ってくれました。

CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

取材OKを頂き、お店を訪れると、
宝石箱のように色鮮やかなケーキが並ぶショーケースの中に、ありました!

CBCテレビ『チャント!』なりゆきアフロ

『シャンティフレーズ(テイクアウト432円/イートイン440円)』。
お店の方によると、スポンジの間にはさむクリームと、デコレーションのクリームそれぞれが微妙に柔らかさを調整しながら、ふんわり溶けていくような食感を生み出しているそうです。

イートイン席に座り、いただきます。
「生クリームの甘さが絶妙だとおっしゃってましたよね…」とフォークを入れて一口。
「絶妙!甘すぎず、さっぱり過ぎず。ちょうどいい味。スポンジはふわふわで、生クリームを味わってたら、いつの間にか消えているくらい。確かにこれは熱弁したくなりますね」。

オーナーパティシエ・Yさんによると、北海道産と九州のサッパリしたクリームをブレンドし、適度に甘みを足してスッキリさせているそう。何事もバランスなんですね!

2週にわたっての弥富市グルメ旅。締めくくりは今回のひと文字です。
夕暮れの木曽川をバックに書いたのは…「驚」。
「さまざまな種類の金魚に驚き、きんぴらごぼうのラスクの味とニオイ。全部に驚きました。
旅を通して、弥富に驚かされました!」。

(2021年5月14日放送「チャント!」より)